人生にゲームをプラスするメディア

「PS5」の販売情報まとめ【10月14日】─「エディオン」とソフマップ2店舗が抽選受付を実施中

今月や来月はPS5対応の注目作が相次ぐので、できるだけ早く遊びたい方は、抽選販売も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ソニー PS5
「PS5」の販売情報まとめ【10月14日】─「エディオン」とソフマップ2店舗が抽選受付を実施中
  • 「PS5」の販売情報まとめ【10月14日】─「エディオン」とソフマップ2店舗が抽選受付を実施中
  • 「PS5」の販売情報まとめ【10月14日】─「エディオン」とソフマップ2店舗が抽選受付を実施中

新世代のゲーム体験を提供する「PlayStation 5」(以下、PS5)が、2020年11月12日に発売を迎えました。最新ハードに対する注目度は非常に高く、事前予約はどこも完売状態。当日販売分はまず見当たらないほどの、加熱した人気ぶりを見せました。

発売日以降も入手が難しいPS5について、その販売状況や抽選販売の最新情報をチェックし、web上や公式アプリで申し込み可能な、ある程度広範囲に向けた募集を中心にお届けします。まだ申し込んでいない受付先やその応募方法などを、こちらでご確認ください。

◆10月14日の状況─「エディオン」とソフマップ2店舗で抽選受付中


不定期ながら各店舗が抽選販売を展開しています。現在は、「エディオン」が抽選受付を実施中。次の日曜日いっぱいまで応募可能ですが、忘れないよう早めの応募が吉です。

なお、こちらは申し込み・購入ともに店頭で行う形となりますが、ソフマッ2店舗(「ソフマップAKIBA アミューズメント館」「ソフマップAKIBA ソフト館」)にて、抽選販売の申し込みを受け付けています。ソフマップ・ドットコムに会員登録している「ソフマップ ポイントカード」会員が対象です。条件を満たしている近隣在住の方は、ご一考ください。

本日10月14日は、漫画やアニメなどで人気を博した作品の初家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』や、学園を舞台としたRPG『モナーク/Monark』などが発売されました。いずれもPS5版があるので、最新ハードで遊びたい方も少なくないはず。即日で手に入れるのは難しいため、抽選販売などのチャンスを見逃さず、入手確率を少しでも上げましょう。

◆「エディオン」の抽選販売について


「エディオン」は、新たな抽選販売を10月13日に開始。こちらの応募を、10月17日 23時59分まで受け付けています。

この抽選販売は、「エディオンカード会員」または「100満ボルト会員」(家族カード含む)が対象となります。エディオンネットショップやエディオンアプリへの会員登録も必須なので、まだ済ませていない応募希望者はこちらの手続きもお忘れなく。なお、当選した場合はエディオンネットショップでの購入となります。

■受付期間など
・抽選受付期間:10月17日 23時59分 まで
・商品の発送:10月26日〔火〕以降順次発送



《臥待 弦》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「ガストブランドの集大成とも言える作品」―『BLUE REFLECTION TIE/帝』細井総合P&土屋開発Pが語る制作秘話

    「ガストブランドの集大成とも言える作品」―『BLUE REFLECTION TIE/帝』細井総合P&土屋開発Pが語る制作秘話

  2. 美しくも儚い少女たちの青春物語が尊い…スピーディーで爽快なバトルも楽しめる『BLUE REFLECTION TIE/帝』プレイレポ

    美しくも儚い少女たちの青春物語が尊い…スピーディーで爽快なバトルも楽しめる『BLUE REFLECTION TIE/帝』プレイレポ

  3. 「PS5」の販売情報まとめ【10月22日】─「ドン・キホーテ」が新たな抽選受付を開始、ソフマップ2店舗も展開中

    「PS5」の販売情報まとめ【10月22日】─「ドン・キホーテ」が新たな抽選受付を開始、ソフマップ2店舗も展開中

  4. 『テイルズオブアライズ』からリンウェルが立体化!初お披露目された原型に「可愛い!」との歓声

  5. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  6. 『FF14』80万ダメージ超えを出せるのは今だけ!?青魔道士が熱い理由を徹底解説―RW素材集めの周回もソロで楽々、これがリミテッドジョブの実力だ

  7. 「PS5」の販売情報まとめ【10月21日】─「ビックカメラ.com」の抽選受付が締切目前! 本日20時59分まで

  8. 『真・三國無双8 Empires』一新されたバトルシステム「攻城戦」&自由度が高まったエディットに注目【プレイレポ】

  9. 「全FF大投票」で異例の躍進を遂げたエメトセルクって誰?『FF14』の“新参者”が歴代キャラを超えて「キャラクター部門」6位になった背景を探る

  10. 『テイルズ オブ アライズ』絢香さんが名曲「Hello, Again~昔からある場所~」 をカバー!新CMを先行公開

アクセスランキングをもっと見る