人生にゲームをプラスするメディア

2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた

プレイデータで振り返る2020年。

ソニー PS5
2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた
  • 2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた
  • 2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた
  • 2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた
  • 2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた
  • 2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた
  • 2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた
  • 2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた
  • 2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、ゲームのプレイデータから2020年を振り返る「あなたのPlayStation 2020」の開催を発表。2020年2月に実施され好評を博した「あなたのPlayStation 2019」が、“2020年版”として様々な追加データとともにかえってきました。


「あなたのPlayStation 2020」は、2021年2月2日~3月2日の期間で開催。PS4ユーザーは自身のレポートにて、2020年に獲得したトロフィーや最もプレイしたゲーム、プレイ時間などの記録を確認し、他のユーザーと共有することができます。さらに、PS4ユーザーには「PlayStation Shapes」をフィーチャーした無料のダイナミックテーマがプレゼントされます。なお、利用には、お住まいの地域にてPSNアカウントを登録されていること、18歳以上であること、2020年1月1日~12月31日までの間にPS4本体で10時間以上ゲームをプレイされていることが条件となります。


そして今回、2020年にPS5をプレイしていたPS4ユーザーについては、PS5の追加統計レポートも別途提供されます。PS5のデータに関しては、2020年1月1日~12月31日の間にPS4のプレイ時間が10時間以上ない場合、表示されませんのでご注意ください。


さて、編集部では、2020年版「あなたのPlayStation」を特別に先行体験してきました。体験できるのは編集部の中から誰か1名……とのことで、代表してインサイド現編集長・すえなが、つまり筆者のプレイデータを確認することとなりました。


2019年のプレイデータ


ちなみに、2019年のプレイデータは上記画像の通り。2020年は新型コロナウィルスの影響で、1年の殆どを自宅で過ごしていた筆者。果たしてどのような結果になったのか、一新されたUIとともに、見ていきましょう。なお、記事後半の「PS5プレイデータ」以外のデータに関しては、“PS4のみ”のプレイデータとなります。


プレイデータ確認はこちら

やっぱり増えてたプレイ時間



まず最初に確認できるのは、2020年にプレイしたゲームの数、プレイ時間トップ3、トップジャンルとそのプレイ時間の3つ。UIが2019年から変更され、ホワイトとブルーを基調にしたデザインとなりました。


2020年、筆者は41本のPS4タイトルを遊んできたようですが、プレイ時間は2019年から引き続き『モンスターハンター:ワールド』がトップに輝きました。そういえば2020年下半期は、アルバトリオンやミラボレアスといった強力なモンスターが追加され、それらの討伐に躍起になっていたような気がします。



画面をスクロールすると、次に見えてきたのは『Ghost of Tsushima』のデータ。これは、2020年のPlayStationユーザーの総計データになります。「あなたのPlayStation 2020」では、このようなSIEタイトル(例えば『The Last of Us Part II』なども)や、PlayStation Nowといったサービスの統計データを見ることもできます。それにしても、834,000,000ってとんでもない数字ですね。



そしてお待ちかね(?)の総プレイ時間です!2020年は“3186時間”という記録になりました。2019年より900時間ほどプレイ時間が増えています。ちなみに、3186時間のうち、93%の2971時間がオフラインでのプレイ、7%の215時間がオンラインでのプレイになります。オンラインプレイはおそらくその殆どが『モンハン』でしょう。



そしてプレイ日数は214日と、2019年とほぼ変わりありませんが、これはあくまでPS4のみのデータ。筆者は2020年11月からPS5をメインとし、PS4はほとんど起動していないので、実質的なプレイ日数はもう少し増えているはずです。この数字を上述の総プレイ時間と併せて考えると、1日あたり約15時間PS4の電源を入れている計算になります。


最もプレイした曜日を見ると、金土日が目に見えて多くなっていて、月火がそこそこ、週の真ん中で最も疲れる水曜日はガクッと落ち、木曜日は金曜日を前にちょっと元気に……というように、週休2日のサラリーマン感が出ています。



こちらは2020年に取得したトロフィーのデータ。こちらもPS4タイトルのみの集計になっています。筆者はあまりトロフィーに執着しない性質なので、プラチナ4つは意外でした。ちなみにプラチナを取ったタイトルは『STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』『DARK SOULS REMASTERED』『Ghost of Tsushima』『仁王2』でした。剣戟系ばかりですね。


PS5のプレイデータも!



そして最後に、2020年にPS5をプレイしていたユーザーには、PS5のデータも追加で提供されます。最もプレイしたゲームはリメイク版『Demon's Souls』で、プレイ時間は76時間。PS5総プレイ時間は113時間となっています。「総プレイ時間、少ないな」と思ったのですが、これは純粋にPS5タイトルのみの時間となっていて、PS4タイトルをPS5でプレイしていた時間は含まれていないようです。





さて、ここまでが筆者の2020年プレイデータとなります。データを見ながら1年を振り返ると、個々のゲームの思い出や、マルチプレイで体験したあんなことやこんなことなど、様々な記憶が蘇ってきます。単純に楽しいですし、つい誰かと共有したくなりますよね。


2021年も、多くのゲームが登場し、様々な記録を積み重ねていくことになるでしょう。来年の今頃、またこうしてプレイ記録を見るのが楽しみな1年になるといいなぁと思う次第です。


「あなたのPlayStation 2020」は、2021年2月2日~3月2日の期間で開催。利用には、在住地域にてPSNアカウントを登録されていること、18歳以上であること、2020年1月1日~12月31日までの間にPS4本体で10時間以上ゲームをプレイされていることが条件となります。

《Takuya Suenaga》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「PS5」の販売情報まとめ【5月23日】─「ノジマオンライン」が抽選販売を開始! 「ひかりTVショッピング」の受付期限迫る

    「PS5」の販売情報まとめ【5月23日】─「ノジマオンライン」が抽選販売を開始! 「ひかりTVショッピング」の受付期限迫る

  2. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

    カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  3. 【延期】『Apex Legends』第9回「CRカップ」6月4日開催!本田翼、山田涼介ら出場メンバーひとまとめ

    【延期】『Apex Legends』第9回「CRカップ」6月4日開催!本田翼、山田涼介ら出場メンバーひとまとめ

  4. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  5. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  6. 『FF7 リメイク』新情報は年内発表か―北瀬氏が「今年続報をお伝えしたい」とコメント!

  7. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  8. なんで『パワプロ』上級者は「ロックオン」無しでも変化球が打てるの?ハイレベルすぎるプロ選手の対戦動画から、その秘密をじっくり解説

  9. PS4『マキオン』これから始める人に送る機体選びのポイント!素直なメイン射撃を持つコスト3000 or 2500の機体が狙い目

  10. 「PS5」の販売情報まとめ【5月21日】─「古本市場」が新たな抽選販売を開始、ほか3件の受付先も展開中

アクセスランキングをもっと見る