人生にゲームをプラスするメディア

見逃してない? 2020年上半期の注目作を今こそ再チェック!─コマンドRPGに大変身を遂げた作品から、シリーズ初のアクションRPGタイトルまで

日常に追われていると、大きな盛り上がりを見せた注目作を見落とすことも多々あります。そこで今回は、今年の上半期にリリースされた注目作を改めて振り返り! 見逃している作品がないか、ご確認ください。

その他 特集
見逃してない? 2020年上半期の注目作を今こそ再チェック!─コマンドRPGに大変身を遂げた作品から、シリーズ初のアクションRPGタイトルまで
  • 見逃してない? 2020年上半期の注目作を今こそ再チェック!─コマンドRPGに大変身を遂げた作品から、シリーズ初のアクションRPGタイトルまで
  • 見逃してない? 2020年上半期の注目作を今こそ再チェック!─コマンドRPGに大変身を遂げた作品から、シリーズ初のアクションRPGタイトルまで
  • 見逃してない? 2020年上半期の注目作を今こそ再チェック!─コマンドRPGに大変身を遂げた作品から、シリーズ初のアクションRPGタイトルまで
  • 見逃してない? 2020年上半期の注目作を今こそ再チェック!─コマンドRPGに大変身を遂げた作品から、シリーズ初のアクションRPGタイトルまで
  • 見逃してない? 2020年上半期の注目作を今こそ再チェック!─コマンドRPGに大変身を遂げた作品から、シリーズ初のアクションRPGタイトルまで
  • 見逃してない? 2020年上半期の注目作を今こそ再チェック!─コマンドRPGに大変身を遂げた作品から、シリーズ初のアクションRPGタイトルまで
  • 見逃してない? 2020年上半期の注目作を今こそ再チェック!─コマンドRPGに大変身を遂げた作品から、シリーズ初のアクションRPGタイトルまで
  • 見逃してない? 2020年上半期の注目作を今こそ再チェック!─コマンドRPGに大変身を遂げた作品から、シリーズ初のアクションRPGタイトルまで

時間の流れと共に変化を見せながら、その時代を代表する注目作が常に話題となってきました。直近での話題作といえば、対馬を美しく描いたオープンワールドを舞台に、過酷な道を歩みながらも蒙古に立ち向かう『Ghost of Tsushima』などが思い浮かびます。

また今後のラインアップも、名作が新たな形で蘇る『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』や『真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER』といった作品もありますし、爽快アクション『天穂のサクナヒメ』や、サイバーパンクな世界観が光る『サイバーパンク2077』など、気になる作品が待ち受けています。

ですが、今年の上半期に登場した注目作も、かなりの強者揃いでした。力強いタイトルたちが毎月のように登場し、市場とユーザーを驚かせたことは、記憶に新しいことと思います。

人はつい、今現在や未来に想いを馳せてしまうもの。そのため、名だたるタイトルがすぐ側にあったことも、忘れてしまいがちです。そこで今回は、2020年上半期にどのような注目作が登場したのかを振り返るべく、1月つきに1本ずつ紹介したいと思います。

まだ未プレイの方は、新たな刺激を上半期の注目作に求めてみるのも一興でしょう。また、既に経験済みの人は、遊んだ時の思い出を改めて振り返ってみてはいかがですか。

1月の注目作:PS4『龍が如く7 光と闇の行方』



年明け直後の注目作といえば、『龍が如く7 光と闇の行方』でしょう。人気シリーズの最新作である点も外せませんが、その上で「主人公や主要人物の一新」「バトルシステムが、アクションからコマンドRPGに変更」など、これまでになかった展開が一気に押し寄せ、ユーザーを驚かせます。

いつの時代も「新要素」は、大いなる期待と共に、一抹の不安も感じませます。変化が常に成功するとは限りません。ですが、新主人公「春日一番」はシリーズの新たな魅力を引き出すキャラクターとして受け入れられ、また『龍が如く』らしい演出がコマンドRPGを盛り上げるなど、大胆なチャレンジは新境地の開拓へと繋がりました。


もちろん、変更点を残念に思うファンもゼロではありませんが、新しいステップを目指した意欲作として、『龍が如く7』は大役を果たしたと言えるでしょう。シリーズに興味はあるけど、どこから始めればいいか分からない・・・と迷っていた方は、本作から遊ぶのもお勧めです。

2月の注目作:スイッチ/PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』



今年の2月といえば、待望の『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』(以下、P5S)が発売されました。少年少女の葛藤や成長を描くRPG『ペルソナ』シリーズは、基本的にコマンド型のRPGが主軸でした。ですがこの『P5S』で、アクションRPGというジャンルに切り込みます。

ペルソナチームとω-Forceのタッグによって生まれた本作は、ペルソナを使いこなす醍醐味はそのままに、スピーディで爽快感のあるアクションシーンを提供。主人公である「ジョーカー」はもちろん、怪盗団のメンバーもプレアブルキャラとして参戦するので、お気に入りの相手を使いこなす楽しさも用意されています。ただし、「ナビ」は前作と同じく後方支援の担当なので、操作できません。残念ではありますが、そこは敢えてのこだわりでしょう。


また本作のストーリーは完全新作で、しかも『ペルソナ5』から半年後の物語が描かれます。ゲーム性は大きく変化しましたが、物語の上では完全に地続きなので、『ペルソナ5』の続編とも言えます。そのため、『龍が如く7』とは違い、未経験の方にはややお勧めしづらい作品ですが、逆に『ペルソナ5』プレイヤーならば是非遊んで欲しい一作です。




《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る