人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイ新作バトロワ『ハイパースケープ』初心者向けオススメ「ハック」や活用法を紹介!【特集】

ユービーアイソフトの新作バトロワ『ハイパースケープ』がついに正式リリース。ベータ版から新しい武器やハックも追加されており、PS4/Xbox oneでもプレイ可能に。

ソニー PS4
ユービーアイ新作バトロワ『ハイパースケープ』初心者向けオススメ「ハック」や活用法を紹介!【特集】
  • ユービーアイ新作バトロワ『ハイパースケープ』初心者向けオススメ「ハック」や活用法を紹介!【特集】
  • ユービーアイ新作バトロワ『ハイパースケープ』初心者向けオススメ「ハック」や活用法を紹介!【特集】
  • ユービーアイ新作バトロワ『ハイパースケープ』初心者向けオススメ「ハック」や活用法を紹介!【特集】
  • ユービーアイ新作バトロワ『ハイパースケープ』初心者向けオススメ「ハック」や活用法を紹介!【特集】
  • ユービーアイ新作バトロワ『ハイパースケープ』初心者向けオススメ「ハック」や活用法を紹介!【特集】
  • ユービーアイ新作バトロワ『ハイパースケープ』初心者向けオススメ「ハック」や活用法を紹介!【特集】
  • ユービーアイ新作バトロワ『ハイパースケープ』初心者向けオススメ「ハック」や活用法を紹介!【特集】

8月11日にユービーアイソフトが手掛ける新作バトルロイヤル『ハイパースケープ』が正式にリリースされました。ベータ版から新しい武器やハックも追加されており、PS4/Xbox oneでもプレイ可能に。それも踏まえて、今回は初心者向けにオススメの「ハック」や、その使い方について紹介していきます。

移動系は最優先。無ければ逃げる時に生かせるハックを


ハックの基礎的な部分ですが、種類は正式版で新登場したものも含めて合計で11種類が存在。プレイヤーは同時に2つまで所持が可能で、この2つの組み合わせが戦い方を決める土台の1つになるでしょう。


優先的に確保しておきたいハックは、大きく移動できる「テレポート」、そして「スラム」です。逃走時にはもちろん、ポジションを確保したい時にも使えるハックで、どちらもなしで立ち回るのはかなり難しいと言えます。特に「スラム」は攻撃での転用もしやすく、室内では回避、攻撃を瞬時に行うことも可能。非常に汎用性が高いハックとなっています。


同じく逃走手段として役立つハックとしては、「ボール」や「インビジブル」、「ウォール」も優先度は高め。「ボール」は瞬時に球体型の壁で身を守れ、さらにバウンドしながら不規則な動きもできます。ただ球体部分には耐久値が設定されており、複数の敵から一気に攻撃されるとあっという間に剥がされ、そのまま倒されてしまうことも。スクアッドの場合は複数から攻撃を受ける機会も多いので、注意してください。

「インビジブル」「ウォール」は攻防のどちらでも役立つ性能を持っています。「インビジブル」は姿を完全に消せるハックで、相手の射線を避けるのはもちろん、気付かれないまま敵の懐に潜り込むことも。ただ発動時間は5秒ほどと決して長くはなく、足音が消えるわけでもありません。

「ウォール」については敵の攻撃を防げるほか、退路を塞ぐ目的でも使用でき、足場として活用することも可能。空中にも展開できるので、無理やり強いポジションを作る、なんて使い方もあります。もちろん目立ちやすくはあるので、背後からの攻撃には注意しておきたいところです。

攻撃性能が非常に高い「マイン」もオススメ。室内戦闘ならより強力に



攻撃を軸にしているハックには、一定範囲の敵を追尾してくれる「マイン」があります。使用した時、照準に合わせて一定範囲内への設置が可能で、空中にも置くことができます。逃げている敵、追ってきている敵への牽制、追撃として使用できるほか、至近距離や室内で使用すれば回避が困難な強力な攻撃手段として成立します。


そのほか攻撃面で優れているハックとしては「ショックウェーブ」がありますが、単発の火力や追尾してくれる「マイン」に比べると性能としては劣りがち。とはいえ「ショックウェーブ」には自分へ当てるとスラム前半のような大ジャンプができるので、マッチ開始直後や高レベルにまで融合している場合はこちらを優先する選択肢も有効です。

「ヒール」はスクアッドモードで1人所持しておくとかなり便利。「インヴァルナブル」は強力なもののデメリットも



守りに特化したハックには、「ヒール」「インヴァルナブル」があります。「ヒール」は設置した場所から一定範囲にいる味方を回復させるもので、ソロはもちろんスクアッドでも使っていけるハックと言えます。パーティで1人は持っておきたいところ。最大レベルまで上げると回復速度が倍になるという大きなメリットもあるので、序盤から強化することを意識しておきましょう。

「インヴァルナブル」はボールと似て、強固なアーマーでプレイヤーを守ってくれるハックです。ボールと異なりいくらでもダメージを受けられますが、使用している間は一切の攻撃ができず、攻撃しようとするか制限時間が過ぎると自動で解除されます。逃げる時だけでなくスクアッド時に敵の注意を引き付けるときにも使用できますが、あくまでも攻撃を防ぐ以外では何もできないので、扱いには注意が必要です。

「リヴィール」「マグネット」は状況を選ぶものの優秀


「リヴィール」は、壁越しでも範囲内にいる敵の位置が一定時間分かるようになります。そこまで範囲が広いわけではありませんが、「ヒール」と同じようにパーティで1人はいると有難いハックです。味方の所持しているハックを確認しつつ、取るかどうかを決めましょう。

新登場したハック「マグネット」は、逃げようとする相手に対して使用するのが、今のところ主な用途になっています。他には相手をポジションから無理やり動かすといったことも。パーティに1人いると相手を逃がさなくて済むようになるので、味方が持っていない場合は取得も考えておきましょう。

ハックを使いこなすことが勝利への近道! きちんと有利な状況での戦闘を



ゲームスピードが非常に速い『ハイパースケープ』において、ハックはそのテンポについていくために非常に重要な要素です。2段ジャンプもあるため敵の動きは複雑で、攻撃を当て続けるのも難しい部分があります。「スラム」「テレポート」のいずれか片方は入手しておくとして、ポジションの確保や接近戦での動きやすさなど、自分の武器と目的を考えてハックを選ぶようにしましょう。
《8月》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「PS5」の購入意欲を調査! 8割以上が購入を希望─「絶対に購入する」「ソフトが揃ってきたら」「Proが出たら」など様々な声【アンケート】

    「PS5」の購入意欲を調査! 8割以上が購入を希望─「絶対に購入する」「ソフトが揃ってきたら」「Proが出たら」など様々な声【アンケート】

  2. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

    『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  3. 『ぷよぷよテトリス2』先行体験会レポート―様々な新要素に、1人で“とことん”楽しめるやり込み要素も充実!

    『ぷよぷよテトリス2』先行体験会レポート―様々な新要素に、1人で“とことん”楽しめるやり込み要素も充実!

  4. PS版『バイオハザード3 LAST ESCAPE』発売から21周年!リメイク作『RE:3 』には登場しないオリジナルだけの魅力を振り返る

  5. PS5『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』『デモンズソウル』など、SIEのローンチタイトルが予約開始

  6. 「全FF大投票」で異例の躍進を遂げたエメトセルクって誰?『FF14』の“新参者”が歴代キャラを超えて「キャラクター部門」6位になった背景を探る

  7. 『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』パッケージはオリジナル版とどう違う?並べて確認してみた

  8. PS4『マキオン』シャッフル対戦で遭遇しやすい難敵ガンダム・バエルと対戦する上で気を付けたい4つのポイント

  9. なんで初代PSのホラーゲームって、あんなに怖かったんだろう…?今思い出してもゾワ~っとなる名作5選─迫り来るゾンビにパッと見可愛い“ボクっ娘”まで

  10. 『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

アクセスランキングをもっと見る