人生にゲームをプラスするメディア

misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が、懐かしのアニメやゲームについて語り尽す!第一回は「クレヨンしんちゃん」だゾ

アーティスト「misono」と「セーラームーン」に3,000万円投資したコレクター「小川満鈴」による、異色かつ奇跡の対談がスタート!

その他 全般
misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が、懐かしのアニメやゲームについて語り尽す!第一回は「クレヨンしんちゃん」だゾ
  • misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が、懐かしのアニメやゲームについて語り尽す!第一回は「クレヨンしんちゃん」だゾ
  • misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が、懐かしのアニメやゲームについて語り尽す!第一回は「クレヨンしんちゃん」だゾ
  • misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が、懐かしのアニメやゲームについて語り尽す!第一回は「クレヨンしんちゃん」だゾ
  • misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が、懐かしのアニメやゲームについて語り尽す!第一回は「クレヨンしんちゃん」だゾ
  • misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が、懐かしのアニメやゲームについて語り尽す!第一回は「クレヨンしんちゃん」だゾ
  • misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が、懐かしのアニメやゲームについて語り尽す!第一回は「クレヨンしんちゃん」だゾ
  • misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が、懐かしのアニメやゲームについて語り尽す!第一回は「クレヨンしんちゃん」だゾ
  • misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が、懐かしのアニメやゲームについて語り尽す!第一回は「クレヨンしんちゃん」だゾ

数々のゲームのテーマソングを担当し、YouTubeチャンネルではアニソンを歌い、コスプレも披露するアーティスト「misonoと」、インサイドに連載を持つ“セーラームーングッズに3,000万円を投資した”コレクター「小川満鈴」がアニメ・漫画・ゲームを語る、ある意味異色で奇跡のコラボ企画がスタート!

【歌ってみた】day after tomorrowとCUNEの曲を上木彩矢といきなりやってみた in 海外【コラボ】
ほぼ同世代の2人が当時を振り返るマニアックな女子トークをお楽しみください。

今回のテーマは「クレヨンしんちゃん」



小川満鈴(以下 おがわん):さて、今回のテーマは「クレヨンしんちゃん」です。私は初期の「クレヨンしんちゃん」ファンで、グッズもたくさん収集してるの。セーラームーンほどじゃないけどね。

misono:クレヨンしんちゃん、毎週録画して見てるくらい好きやで!



おがわん:これはクレしんのカードゲームなんだけどね、イマイチ遊び方がわからないの…。


misono:トランプみたいなもの?ウチも遊んでみたーい、絵も可愛いし。

ちなみにクレしんグッズで私のお気に入りの一つは、この子供がお風呂で遊ぶセットです。水鉄砲とか石鹸入れまで付いているんだよ。(おがわん)

おがわん:クレしんといえば、当時は子どもに見せたくないアニメとして問題視されてたよね。子供がマネするから「ぞうさん」とか、「みさえ」って母親を呼び捨てするのにも規制がかかったし。原作も結構過激で、“夫婦の夜の営み”とか普通に出てきてたなあ…。

misono:ウチも子供の頃、漫画本も持ってたなあ。あと映画も大好き。一番泣けた映画は、「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」だった!

おがわん:割と最近のだね。私は映画版もやっぱり初期が好きで、第一作目の「アクション仮面VSハイグレ魔王」がお気に入りかな。



おがわん:そうそう!それでね、今日は私が「クレヨンしんちゃん」のゲームをした映像があるんだけど、misonoに見てもらいたいんだよ

misono:え、マジで、めっちゃ面白そうやん!見たーい。


おがわん:これはスーパーファミコンで出ていた『嵐を呼ぶ園児』というゲームなんだけどね。

misono:スーファミ!懐かしいんだけど!京都の実家にあるし!ちなみにNosuke(※ 旦那様)のスーファミも東京の家に持って来てて、久しぶりにみんなでやったよ。…ていうか、おがわんってスーファミ現役なの?

おがわん:そうだよ…(※本当に我が家では現役です)。


misono:やばい!すごい(笑)

おがわん:なんか恥ずかしい(笑)

misono:いや、恥ずかしがらなくていいっしょ!胸張って!てか、早く画面見せてー。


おがわん:こんな感じで、なんかね、シロがいなくなっちゃう感じで物語が始まるんだけどね。

misono:シロいなくなっちゃうの?えー、嫌なんだけどー。

おがわん:あのアニメと同じ春日部の街を、しんちゃんがシロを探しにいくの。

misono:画面綺麗やねー、アニメの絵みたい。


おがわん:ここ面白くない?電信柱に登るの。

misono:めちゃくちゃ懐かしいんだけど(笑)。あったわーこのシーン!可愛いわー。


おがわん:で、シロの手がかりになるアイテムをだんだん拾っていくんだよ。

misono:鎖って…(笑)。 なんか事件に巻き込まれたとか?怖いんやけど(笑)。

おがわん:あとね、お約束の下ネタも…。


misono:出た、“僕のいなり寿司”(笑)。最高やん(笑)。


おがわん:あと途中でこの画面が入るのが感動!

misono:すごくない?コマーシャルに入るときのヤツやん!


おがわん:多分このゲームは半分子供向けだったからさ、ミニゲームみたいのが結構入っていて、ガチで楽しいんだよ。(※ただし、一部の難易度はめちゃくちゃ高かった…)

misono:欲しくなってきた…。これって今でも買えるの?

おがわん:こう言っちゃアレかもだけど、中古商品なら安く買える。当然、スーファミ本体は必要だけどね。


misono:そうだよね、おがわんの家行って、やってみたいわー。

おがわん:いいよ~!コロナが収束したらいっぱい遊ぼうよ。次回もこんな感じでやろうね!

misono:いやーかなり勉強になったわーありがとう!

おがわん:こちらこそ、じゃあまた次回!

misono:次回も楽しみにしてまーす!

misonoとおがわんの会話をお読みいただきどうもありがとうございました。今後、この2人に「プレイして欲しい!」というゲーム等ありましたら、ぜひコメントをくださいませ。よろしくお願いいたします!

misono&おがわんでした。



ちなみに、こちらが私が個人でやっているセーラームーンを中心としたグッズコレクションのサイトです。よろしければご覧くださいませ!

美少女戦士セーラームーン グッズコレクション
http://ogawansailormoon.versus.jp/ogwansailormoon/sailormoontop.html

■著者紹介:小川満鈴

恋愛関係から昭和のレトログッズまで幅広く、しかもそれぞれマニアックに語って書ける女性ライター。日本一のセーラームーングッズコレクターでもある。

美少女戦士セーラームーン グッズコレクション
《小川満鈴》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『Kanon』『AIR』などの樋上いたる氏による「参考書」が話題―表紙イラストが“鍵っ子”に刺さる

    『Kanon』『AIR』などの樋上いたる氏による「参考書」が話題―表紙イラストが“鍵っ子”に刺さる

  2. 『The Last of Us』テス役のアニー・ワーシングさんが45歳で死去―ゲーム開発元も追悼文を公開

    『The Last of Us』テス役のアニー・ワーシングさんが45歳で死去―ゲーム開発元も追悼文を公開

  3. 巌流島設置の「アーボ」「ドガース」ポケふたが大絶賛!ムサシとコジロウ、ロケット団繋がりの選出に「粋すぎる!」

    巌流島設置の「アーボ」「ドガース」ポケふたが大絶賛!ムサシとコジロウ、ロケット団繋がりの選出に「粋すぎる!」

  4. 元ポケモン世界王者が「リアルポケモンジム」を開設!自らジムリーダーとなり、挑戦者たちと『SV』でバトル

  5. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  6. 『ホグワーツ・レガシー』を4Kの美しいグラフィックで遊びたい人必見!おすすめのゲーミングモニター5選

  7. 【今日のゲーム用語】「AAAタイトル」とは ─ ゲーム業界の活性化には欠かせない重要な存在

  8. 『リコリス・リコイル』×「ローソン」コラボ開催決定!数量限定グッズには“約13万円の高額商品”も…

アクセスランキングをもっと見る