人生にゲームをプラスするメディア

俺はコイツで行く!『バトオペ2』2周年で振り返る愛機4選─環境に恵まれなくても、癖が強くても相棒と共に戦うのだ

2周年という節目ということなので、筆者がよく乗る愛機を紹介。合計4機ですので、どうぞお付き合いください。

ソニー PS4
俺はコイツで行く!『バトオペ2』2周年で振り返る愛機4選─環境に恵まれなくても、癖が強くても相棒と共に戦うのだ
  • 俺はコイツで行く!『バトオペ2』2周年で振り返る愛機4選─環境に恵まれなくても、癖が強くても相棒と共に戦うのだ
  • 俺はコイツで行く!『バトオペ2』2周年で振り返る愛機4選─環境に恵まれなくても、癖が強くても相棒と共に戦うのだ
  • 俺はコイツで行く!『バトオペ2』2周年で振り返る愛機4選─環境に恵まれなくても、癖が強くても相棒と共に戦うのだ
  • 俺はコイツで行く!『バトオペ2』2周年で振り返る愛機4選─環境に恵まれなくても、癖が強くても相棒と共に戦うのだ
  • 俺はコイツで行く!『バトオペ2』2周年で振り返る愛機4選─環境に恵まれなくても、癖が強くても相棒と共に戦うのだ
  • 俺はコイツで行く!『バトオペ2』2周年で振り返る愛機4選─環境に恵まれなくても、癖が強くても相棒と共に戦うのだ
  • 俺はコイツで行く!『バトオペ2』2周年で振り返る愛機4選─環境に恵まれなくても、癖が強くても相棒と共に戦うのだ
  • 俺はコイツで行く!『バトオペ2』2周年で振り返る愛機4選─環境に恵まれなくても、癖が強くても相棒と共に戦うのだ

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』(以下バトオペ2)もついに2周年。ZZガンダムが実装されて、そろそろ実装機体が宇宙メインになってくるのかな、と思っている筆者です。

2周年という節目ということなので、筆者がよく乗る愛機を紹介します。もっと環境機体を愛機と呼べるほど乗りこなしたいですが、ガチャから出ないので、仕方ないです。

コストの低いものから順に紹介していきます。合計4機ですので、どうぞお付き合いください。

【関連記事】
基本無料のPS4『バトオペ2』は今から始めても大丈夫!3つの動きさえ覚えれば、新兵でも立派な戦力に

ジム・スナイパーカスタム



写真ではLv3になっていますが、実際に使うコスト帯は300~350コストになってます。そのうえ主兵装をハイパーバズーカに変えるので、スナイパーなのか怪しい運用になっています。

筆者はこの機体をPS3の頃から愛用しているので、愛機といったらまずこいつですね。前に出て戦える支援機というだけでまるで最強の一角。これこそが属性相性の暴力といえます。「汎用機のフリして汎用と戦えば絶対勝ちじゃ~ん」という気分です。

しかし同じ役割で他機体の方がいい場合もありまして、PS3の『ガンダム バトルオペレーション』をプレイしていた人ならわかる言い方をしますと、「デザート・ジムかアクア・ジム使えよ」となります。『バトオペ2』から始めた人にもわかるように言うと「前に出られて、チート級の武装を引っ提げている機体が他にあるのに、ハイパーバズーカのジム・スナイパーカスタム使う意味ある?そんなことするなら普通にスナイパーしてくれない?」です。悲しい。

とはいえ今作のデザート・ジムは敵の足だけ壊していれば勝てる機体ではなくなっていますし、アクア・ジムは未実装。役割が被っている機体は綺麗さっぱり居なくなっているので、前作よりも気兼ねなく使えるでしょう。


注意をするならば、普通はスナイパーだと思われるので味方もそれに合わせて編成を変えてしまうこと。そして敵の強襲機を撃破するとスナイパーカスタムなのが即バレすること、ですね。当然粘着されるので、練習して強襲機を返り討ちに出来るようになりましょう。基本不可能ですが。

ザク・フリッパー



筆者はLv2しか所持していないので350コストでのみ運用しています。「こんな機体、誰が使うの」って思うかもしれませんが、強く言いたい。可愛いですよね、ザク・フリッパー。

とはいえ、癖が強いのは事実です。「ジャミング」と「ステルス」をもっているのですが、効果が実感しづらい。格闘も打撃で使いづらい。こうしてみると、良いとこなしですねザク・フリッパー。


主兵装は「MMP-78GN[対空砲弾]」に変更。適正戦闘距離は写真よりももっと長いです。離れている支援機を撃っても十分強いです。牽制にもなるのでしっかり打ちましょう。さすがザク・フリッパー、遠距離強襲機なんて最強ですね。ヅダで良い気持ちもありますが、ヅダは射撃性能に甘えて前に出るのを忘れるので筆者にはザク・フリッパーしかいません。

「ステルス」と「ジャミング」の力で敵の懐に潜り込んで格闘で暴れるなんてこともできますから。


これはカウンターなのでバレたあとですが、ミニマップだと周りに誰もいないのでジャミングとステルスがいい仕事をしています。敵は1対1で負けない技術を持ってくるべきでしたね。ちなみにこのあと2対1になってザク・フリッパーは撃破されます。

そんなザク・フリッパーの欠点を述べるなら、スキルが働いている判断を出来ないことでしょうか。相手のレーダー依存なので確認のしようがありません。

またミニマップを見てもらうことになるのですが、敵が1機こちらに向かっていますよね。なんでバレているのかは筆者にもわかりませんが、このゲームの最強のステルス殺しである「目視」でバレたのでしょう。レーダー内でステルスしていてもプレイヤーの目で見ればバレるのは当然です。

ジーライン・スタンダードアーマー



こちらもLv2しか所持していないので450コストでの運用。肩についている「ガトリング・スマッシャー・ユニット」の射程を活かして、遠くから敵をペチペチペチペチ……


リロード開始した瞬間になっていますが、この距離からペチペチペチペチとガトリングで敵の耐久力を削っているわけですね。悪く言えば卑怯、良く言えば狡猾ですね。しかし同時にタイミングが重要な機体です。このガトリング中は足が止まるので、いつでも撃てばいいってものではありません。

しかもこの機体は汎用機なので、前で戦う時は前で技術も必要です。主兵装は「ショート・ビーム・ライフル」なので戦うこと自体そこまで難しくはありませんが、いつ前に出るのか、いつ距離を取ってガトリングを撃つのか。考えておかないとスコアが取れないので注意です。

ガンダム試作3号機(ステイメン)



単なる元環境機体ですが、まだまだ現役ステイメン。下格闘の前に切り抜けるモーションに惚れてからずっと使っています。かっこいいですし、強い。

筆者が使っている中で、「2機を1機で捌ける機体」というのは現状ステイメンしかいません。バズーカ(バズ)でよろけが取れますし、不意打ち下格闘でダウンも取りに行ける。もちろん壁を有効的に使う必要がありますが、2機とバチっと対面してしまったときにどうにかできる動きが多い、というのは非常に良いです。


少し難しい話になってしまいますが、強制噴射装置によるタックル誘いができたり、フェイントの択を増やせるという理由で、スラスターの量やオーバーヒート回復速度をカスタムパーツで盛っています。オーバーヒートはバズと下格闘で誤魔化しつつ立ち回り、回復を待つ。回復したら敵がオーバーヒートする行動をフェイントで出させるor隙あらば下格闘やバズを入れる。すべて書くと細かすぎるので控えますが、とにかく択が多いのが魅力です。

ただ自分が動きまくるので、ある程度敵の位置を視界外であろうとわかっておく必要があります。下格闘で敵とすれ違ってしまった場合だとすると、敵は当然こちらに反転してきます。ニュータイプの方はここで後ろにブーストして後ろ回避をして下格闘を決めるのでしょう。と、この動きは机上の空論だとしても、画面外の敵を前に捉える必要がこのゲームの性質上あるので、空間把握的な能力は持っていた方が楽だとは思いますね。アムロ、とまでは言いませんが、シャアくらいにはなっておいた方がよさそうです。

この機体も一つだけ注意があります。ステイメンはかっこいいモーションのわりに格闘判定(格闘と格闘がぶつかった時の優先度だと思ってください)が「中」です。なので格闘判定が「強」のガンダム試作1号機に雑に下格闘を振り返されただけでがっつりダウンするので気をつけましょう。そして試作1号機はなぜか下格闘が二段モーションなので、一段目を振ったところで間違えて下格闘を差し込みに行かないようにしましょう。筆者はよくやります。

新しい愛機を探せ!


皆さんにも愛機というのはあると思います。ガンダム、ジオング、Zガンダム、Mk-2、百式、ボリノーク・サマーンなどなど……。

環境も大きく変わって来ています。なので筆者も、そろそろ新しい相棒を探さないといけませんね。ちょうど今実施されている2周年記念の無料ガチャ等で、新しい機体に出会えることを祈っています。

【関連記事】
基本無料のPS4『バトオペ2』は今から始めても大丈夫!3つの動きさえ覚えれば、新兵でも立派な戦力に
《さくらだんご》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』記念イラストに「新キャラ」登場!?ファンからは「ヨォーヨ」と予想される少女

    『原神』記念イラストに「新キャラ」登場!?ファンからは「ヨォーヨ」と予想される少女

  2. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

    『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  3. 「全FF大投票」で異例の躍進を遂げたエメトセルクって誰?『FF14』の“新参者”が歴代キャラを超えて「キャラクター部門」6位になった背景を探る

    「全FF大投票」で異例の躍進を遂げたエメトセルクって誰?『FF14』の“新参者”が歴代キャラを超えて「キャラクター部門」6位になった背景を探る

  4. 「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

  5. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  6. 『原神』が誇るアダルトな通常エネミー「雷蛍術師」を生物誌でじっくり観察! のぞき魔と言われながら“ガン見”する背徳感に浸る…

  7. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  8. 『原神』魈のキャラエピから見える“夜叉たち”の悲劇―世界任務「夜叉の願い」が理解できて面白い!

  9. 『閃乱カグラ EV』PS4/PS Vitaの違いが明らかに、どちらを選ぶか悩ましい…!

  10. 『原神』魈を引くなら“ガチャスポット”にも気を配ってみない? 確率が上がるかもしれない良縁スポット5選!

アクセスランキングをもっと見る