人生にゲームをプラスするメディア

レトロテイストなアドベンチャー『Agent A - 偽装のパズル』美人スパイを捕らえるために謎解きに挑め!

レトロなカートゥーンテイストが魅力の『Agent A - 偽装のパズル』が、ニンテンドースイッチ版なら7月12日まで93%OFFの100円でプレイできる!

任天堂 Nintendo Switch
レトロテイストなアドベンチャー『Agent A - 偽装のパズル』美人スパイを捕らえるために謎解きに挑め!
  • レトロテイストなアドベンチャー『Agent A - 偽装のパズル』美人スパイを捕らえるために謎解きに挑め!
  • レトロテイストなアドベンチャー『Agent A - 偽装のパズル』美人スパイを捕らえるために謎解きに挑め!
  • レトロテイストなアドベンチャー『Agent A - 偽装のパズル』美人スパイを捕らえるために謎解きに挑め!
  • レトロテイストなアドベンチャー『Agent A - 偽装のパズル』美人スパイを捕らえるために謎解きに挑め!
  • レトロテイストなアドベンチャー『Agent A - 偽装のパズル』美人スパイを捕らえるために謎解きに挑め!
  • レトロテイストなアドベンチャー『Agent A - 偽装のパズル』美人スパイを捕らえるために謎解きに挑め!
  • レトロテイストなアドベンチャー『Agent A - 偽装のパズル』美人スパイを捕らえるために謎解きに挑め!
  • レトロテイストなアドベンチャー『Agent A - 偽装のパズル』美人スパイを捕らえるために謎解きに挑め!
読者のみなさまは、エージェントという言葉を聞いて何を思い浮かべますか?捜査官、交渉人、代理人……国によって様々な表現があると思います。日本では代理人を指すことが多いですね。しかし、今回取り上げるエージェントは「スパイ」です

Agent A - 偽装のパズル』は、エージェントとなって敵スパイを追うゲームです。追うとはいってもアクション要素は一切なく、パズルを解いて追いつめていきます。ゲームの説明などでは書かれていませんが、脱出ゲームという表現が一番しっくりきますね
本作は様々な媒体で配信されていますが、ニンテンドースイッチ版なら2020年7月12日23:59まで、93%OFFの100円で購入 できます。

レトロテイストのグラフィックに、気分が上がる!



主人公はタイトルにもなっている「エージェントA」です。とはいえ、このタイトル画面にいる男性でも女性でもありません。実は主人公、作中ではグラフィックとして一切登場しないのです。その証拠に、ゲーム中に敵スパイ「ルビー・ラ・ルージュ」が調べたと思われる「エージェントA」の年齢や性別は、「不明」となっています。まさにプレイヤー自身がエージェントになるといえるでしょう。


ゲームを開始すると、こんな可愛いおじさま……もとい、チーフが登場します。ストーリーパートでは自動で話が進んでいきます。英語のフルボイスですが字幕がついているのでご安心を。ただ、台詞の流れるスピードが速く、あっという間に進んでいくため、瞬きする暇がないかもしれません。本編中、唐突にストーリーパートが挿入されることもあるので、見逃してしまわないよう注意しましょう。


これが追跡対象の敵スパイ「ルビー・ラ・ルージュ」。黒髪のショートヘアにセクシーな泣きぼくろがなんとも筆者好みのビジュアルです。ちょっと眉毛が釣り上がり過ぎな気もしますが、でもカッコいい。「ハンナ・バーベラ」のような、昔のカートゥーンを彷彿とさせるテイストのグラフィックがゲームの世界観にマッチしていますね。BGMもアンビエントミュージックのようなものになっています。

攻略のヒントは「何度も行き来」すること!どこかに必ずヒントがある!



ステージはそれぞれの部屋を「完全に」攻略して進んでいくわけではありません。この部屋で「今」できることを済ませたら、どんどん先へ進んでいきます。そして、先の部屋でアイテムやヒントを見つけて、また戻ってきて攻略することを繰り返していきます。結構先になってから解けるものも存在するので、何度も行き来することが重要であり本作の特徴です。


アイテムを見つけたら、まず「今まで来た場面で使えそうな場所はなかったか」を考えてみましょう。すべてがそうではありませんが、アイテムによってはすぐに使い道が見つかるものもあります。重要なのは「場面の隅々まで調べる」こと。ごく稀に関係のないものもありますが、基本的にはだいたいのものがゲーム進行に必要です。


筆者がプレイしたのはニンテンドースイッチ版のものですが、操作は「Aボタン単押し」であったり「Aボタン長押し」であったり「Aボタンを押しながらLスティックで動かす」だったり、そのアイテムの使用方法により操作が変わってきます。鍵を開けるのにも毎回回さなくてはいけませんが、このわずかな操作の違いでも、実際に自分の手でアイテムを使っているかのようで楽しいですね。

ストーリーやキャラクターが魅力的なゲームに更に華を添える!


0
このゲーム「エージェントの抹殺が趣味の敵スパイを追跡して捕らえる」ことが目的ですが、ゲーム開始時にあったストーリーパートのように、とてもざっくりではありますがストーリーがあります。


「ルビー・ラ・ルージュ」はただ追われるだけではありません。時には堂々とエージェントAの前に現れて妨害してきます。絶対に捕まらないという余裕からなのか。俄然燃えてきますね。


ちなみにエージェントAは意外にもクモが嫌いな様子。筆者もクモは大の苦手です。この先本物が出てくるのか……?なんて警戒しまくっていました。しかしクモが苦手でエージェントなんて務まるのでしょうか。


このゲームは追うという立場ではありますが、実は時間制限がありません。従ってゲームオーバーになることもなく、じっくりと仕掛けに挑戦できます。場面の隅々まで見ることで必ず解法に辿るつけるでしょう。もしわからなくなってしまった時は一度深呼吸をして、今まで見てきたものにヒントがないか確認するのがおすすめです。意外なところに何かが隠されているかもしれませんよ。また、このゲームの全体的な難易度はさほど高くありません。見たもの、見えるものに必ずヒントが隠されているため、まずは画面全体を疑って美人スパイを捕まえてくださいね!

『Agent A -偽装のパズル』は、ニンテンドーストアにて7月12日23:59まで、93%OFFの100円で購入できます。その他にもプレイステーション4、XboxOne、Steam、iOS、Androidにて配信中です。
《森野べぼ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

  3. 『ダイパ』や『あつ森』は要注意!? 2台目スイッチ、遊び方やセーブ管理の注意すべきポイント

    『ダイパ』や『あつ森』は要注意!? 2台目スイッチ、遊び方やセーブ管理の注意すべきポイント

  4. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  5. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  6. 『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

  7. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

  8. 『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選

  9. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』の「キャラメイク」で作れる“可愛さ”は性別を超えた!? 男の子もゆるふわヘアーでバサバサまつげ!

  10. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新御三家はだれを選ぶ?2,000人以上が投票したアンケート結果発表!

アクセスランキングをもっと見る