人生にゲームをプラスするメディア

『FGO』に「Fate/Requiem」から3騎のサーヴァントが実装! あなたが一番嬉しかったのは? 今後参戦して欲しいのは誰?【アンケート】

「英霊憑依したコハル」や「ギャラハッド〔オルタ〕」などの実装を期待した方もいることでしょう。次の機会に実装して欲しいサーヴァントにぜひご投票ください。

その他 特集
『FGO』に「Fate/Requiem」から3騎のサーヴァントが実装! あなたが一番嬉しかったのは? 今後参戦して欲しいのは誰?【アンケート】
  • 『FGO』に「Fate/Requiem」から3騎のサーヴァントが実装! あなたが一番嬉しかったのは? 今後参戦して欲しいのは誰?【アンケート】
  • 『FGO』に「Fate/Requiem」から3騎のサーヴァントが実装! あなたが一番嬉しかったのは? 今後参戦して欲しいのは誰?【アンケート】
  • 『FGO』に「Fate/Requiem」から3騎のサーヴァントが実装! あなたが一番嬉しかったのは? 今後参戦して欲しいのは誰?【アンケート】
  • 『FGO』に「Fate/Requiem」から3騎のサーヴァントが実装! あなたが一番嬉しかったのは? 今後参戦して欲しいのは誰?【アンケート】
  • 『FGO』に「Fate/Requiem」から3騎のサーヴァントが実装! あなたが一番嬉しかったのは? 今後参戦して欲しいのは誰?【アンケート】
  • 『FGO』に「Fate/Requiem」から3騎のサーヴァントが実装! あなたが一番嬉しかったのは? 今後参戦して欲しいのは誰?【アンケート】
  • 『FGO』に「Fate/Requiem」から3騎のサーヴァントが実装! あなたが一番嬉しかったのは? 今後参戦して欲しいのは誰?【アンケート】
  • 『FGO』に「Fate/Requiem」から3騎のサーヴァントが実装! あなたが一番嬉しかったのは? 今後参戦して欲しいのは誰?【アンケート】

『Fate/Grand Order』(以下、FGO)の新たな期間限定イベント「『Fate/Requiem』盤上遊戯黙示録」が、5月25日20時にスタートしました。

“聖杯戦争”のその後を描く小説「Fate/Requiem」とコラボレーションする本イベントでは、同作に登場する「宇津見エリセ」や「ボイジャー」などが登場。サーヴァントたちが大量消失したボードゲームの世界に踏み込み、謎めく状況の解決に当たります。


小説内では、サーヴァントを殺す死神として恐れられているエリセ。彼女は今回のイベントに登場するだけでなく、ストーリーを最後までクリアすると正式加入する★4ランサーとして実装。また、カリンのサーヴァント「鬼女紅葉」(バーサーカー)や、この世界で最後に召喚されたサーヴァント「ボイジャー」(フォーリナー)も、新たに参戦しました。


小説「Fate/Requiem」の中心的な存在であるエリセやボイジャーの実装を、予想もしくは期待した人も多いことでしょう。また、作中での活躍はまだ少なめですが、その存在感で人気を集める鬼女紅葉の登場を喜んだ方も少なくなさそうです。


そこで今回は、新たに実装された3騎を対象に、「実装されて一番嬉しかったサーヴァントは誰?」というお題のアンケートを実施したいと思います。果たして、エリセが主人公の格を見せつけるのか、謎めくボイジャーを求める声が大きいのか。人型形態も披露した鬼女紅葉が話題を集めるのか。あなたの率直なご意見を、ぜひ教えてください。

また、小説「Fate/Requiem」では、この3騎以外にも様々なサーヴァントが活躍中です。現時点ではまだ『FGO』に実装されていませんが、ピックアップ召喚2やイベントの復刻時などで新たに登場する可能性も十分あります。

そこで、「ギャラハッド〔オルタ〕」や「ンザンビ」など、独断で選んだ4騎を対象とするもうひとつのアンケート「次に実装して欲しいのは、どのサーヴァント?」も合わせて行い、こちらもご意見を募集します。読者が望む次の「Fate/Requiem」サーヴァントは誰なのか、後日の結果発表をお楽しみに!


アンケートが表示されない方はこちら
https://questant.jp/q/MA500NNJ
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  3. 太陽様、ありがとう!ソーラー電池&ダブルパネルが画期的だった1982年発売の電子ゲーム『秘境アマゾン』を見つめ直す

アクセスランキングをもっと見る