人生にゲームをプラスするメディア

『シャニマス』世界の終わりに差し込む光は、和泉愛依の姿かもしれない-WorldEnd:BreakDown

『シャニマス』シナリオイベント「WorldEnd:BreakDown」開催中!ストレイライトの光を君は見たか。

モバイル・スマートフォン iPhone
『シャニマス』世界の終わりに差し込む光は、和泉愛依の姿かもしれない-WorldEnd:BreakDown
  • 『シャニマス』世界の終わりに差し込む光は、和泉愛依の姿かもしれない-WorldEnd:BreakDown
  • 『シャニマス』世界の終わりに差し込む光は、和泉愛依の姿かもしれない-WorldEnd:BreakDown
  • 『シャニマス』世界の終わりに差し込む光は、和泉愛依の姿かもしれない-WorldEnd:BreakDown
  • 『シャニマス』世界の終わりに差し込む光は、和泉愛依の姿かもしれない-WorldEnd:BreakDown
  • 『シャニマス』世界の終わりに差し込む光は、和泉愛依の姿かもしれない-WorldEnd:BreakDown
  • 『シャニマス』世界の終わりに差し込む光は、和泉愛依の姿かもしれない-WorldEnd:BreakDown
  • 『シャニマス』世界の終わりに差し込む光は、和泉愛依の姿かもしれない-WorldEnd:BreakDown
  • 『シャニマス』世界の終わりに差し込む光は、和泉愛依の姿かもしれない-WorldEnd:BreakDown
※イベントシナリオのネタバレにご注意ください。


スマートフォンアプリ『アイドルマスター シャイニーカラーズ』(以下シャニマス)にて、2020年4月1日からシナリオイベント「WorldEnd:BreakDown」が実施中です。

イベント期間中に、アイドルをプロデュースしイベントミッションをクリアすることでイベントポイントが入手でき、専用ショップで報酬と交換ができます。

今回のイベント限定アイドルはサポートアイドル『SSR【@ストーリィズ】黛冬優子』。愛依を中心に冬優子とあさひがくっついていて、ユニットの仲の良さが伺えるカードイラストです。愛依に対する距離感の近さが表れているところがとても好きです。イベントと同時に実施されている期間限定ガシャ『怪速アオゾラ!』で登場したプロデュースアイドル『SSR【空と青とアイツ】芹沢あさひ』とサポートアイドル『SSR【うち来る~!?】和泉愛依』と今回の冬優子がどれもヴィジュアルに特化した能力を持っているので、是非揃えてグレードフェスに挑んでいきたいところ。



新ユニット『noctchill(ノクチル)』から、先行して透と円香をプロデュースできるようになり、やっと彼女達を知ることができ、これからどんどん好きになっていくでしょう。しかし、それと同時に、他のアイドル達のことも好きになっていきます。今回のように、シナリオイベントとしてユニットを描いてくれたのならなおさらです。

今回の「WorldEnd:BreakDown」も、すさまじい破壊力でした。筆者の感情はストレイライトになりました。

もう既に、プレイされている方も多いと思いますので、今回の記事は紹介ではなく感想の形を取らせていただこうかと思います。そのため、シナリオのネタバレがございますので、まだプレイされていない方は先に自分の目で確かめてからがよろしいかと思います。

「WorldEnd:BreakDown」の感想まとめ


ストレイライトは、どのユニットよりもライバル意識が強いです。高めあう仲間であること以上に、超えるべきアイドルであります。これは最初から一貫していて、特に最初のストレイライトメインのシナリオイベント「Straylight.run()」では冬優子にスポットを当てつつその関係性を見せてくれました。


余談(余談では全然ない)ですが、現在は過去のイベントシナリオが公開されているので、これを機に見逃していたシナリオや自分がプレイする前に実施されていたイベントのシナリオを誰でも追うことができます。もし、万が一、億が一、恒河沙が一未読のシナリオがあれば、お見逃しなく。

冬優子のアイドルシナリオと併せて、彼女はアイドルへの憧憬と尊敬で成立しているように感じさせられます。だからこそ、絶対にあさひとは相容れなくて、でも実力に文句の付けようはなくて。

自分のプライドを刺激する存在であるがゆえ、冬優子はあさひに対して下手すると嫌いになってしまうかもしれないような感情を持っているんだと思います。そのバランスを保ってくれているのが愛依なんですよね。冬優子とあさひにとって、一番重要な存在が愛依なんです。



でも、愛依自身はあんまりそういうことを思っていないように感じさせられます。「あさひちゃんはかっこいい」「冬優子ちゃんはかわいい」と言いながら没個性であると感じている。自分はたまたまアイドルになっただけで、彼女達のように才能に溢れているわけではない、と一歩引いています。

そんな愛依を中心としてくれたのが今回のシナリオでした。和泉愛依という少女がストレイライトの和泉愛依になっていくシナリオとでも言うのでしょうか。2人についていかなきゃと言っていた頃から、明らかにライバルとして立ち向かうまでになった、これを涙無しで見ていられるでしょうか。

リアリストの冬優子は、他のアイドルの強さも自分の限界も知っているから順位を巻き返せないことを悟り、諦めました。あさひは感情や自分の正しさだけでは物事を解決できないと知り成長したので、信頼する冬優子の言葉で納得しました。でも愛依は諦めなかった。何故か。

愛依は優しくて2人のことが大好きなんですよね。あさひがどれだけかっこよく踊れるのか、冬優子がどれだけ努力してかわいいのか、2人が諦めてその過程をなかったことにすることが許せないんです。だって、いつも一番近くで見てるから。

アイドルのことはまだよくわからないけど、あさひちゃんや冬優子ちゃんが悲しむのは嫌だ!という距離感の近い理由で考えて動くことができるのが愛依だと思いました。それで自分のことは置いておいて2人のために頑張るんだから、そりゃ2人も怒りますよね。あさひは怒ってないですけど。


センターの重みを理解している冬優子と、実力主義で考えるあさひが、「センター」というポジションを譲ってまでも愛依のためになにかをやるということ、口下手で素直じゃないけど信頼関係が伝わってきます。


負けず嫌いのアイドル達が高めあって、影響されていく。ストレイライトは迷っている光達であるから、その形を変え続けているんでしょう。

季節が流れを経て、その親交は深められていきます。

『【あめ、ゆき、はれ】芹沢あさひ』で、愛依の家で開催されたお泊り会。そして春になって今度は3人で遊びに行く『【うち来る~?】和泉愛依』。口に出したのは愛依だけだったかもしれませんが、3人の間は固い友情で結ばれています。


冬優子からのメッセージを見て、この表情をする2人。最高すぎる。


お花見コーデがとんでもなくかわいい。

窓から差し込む光にストレイライトの未来が見えます。ストレイライト、迷い散らばる光だからこそ、私達は目を離すことができません。

彼女達がどんな偶像を象るのか、共に立ち見届けることこそ、プロデューサーとしての使命なのではないでしょうか。



スマートフォンアプリ『アイドルマスター シャイニーカラーズ』は基本プレイ無料のアイテム課金制で、配信中。

シナリオイベント「WorldEnd:BreakDown」は4月10日11時59分まで。イベントミッションをクリアしてポイントをゲットしておけば、イベントショップは17日の11時59分まで開放されています。

忘れずにシナリオを開放して見てみてください!

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)BXD Inc.
《若草》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. あのNHKも「えい、えい、むん!」―第26回NHKマイルカップの『ウマ娘』パロディロゴに、公式から確信コメント飛び出す

    あのNHKも「えい、えい、むん!」―第26回NHKマイルカップの『ウマ娘』パロディロゴに、公式から確信コメント飛び出す

  2. 『ウマ娘』Ver.1.3.0においてフリーズが頻発する不具合を報告ー暫定対応としてVer.1.2.10に戻し、「ギャラリー機能」及び「ガチャ履歴機能」は公開延期

    『ウマ娘』Ver.1.3.0においてフリーズが頻発する不具合を報告ー暫定対応としてVer.1.2.10に戻し、「ギャラリー機能」及び「ガチャ履歴機能」は公開延期

  3. 『ブルーアーカイブ』悪役目指すドジっ子「アル社長」がアニメPVに!カッコよく、かわいく、そしてポンコツな姿を描く

    『ブルーアーカイブ』悪役目指すドジっ子「アル社長」がアニメPVに!カッコよく、かわいく、そしてポンコツな姿を描く

  4. 『トロとパズル~どこでもいっしょ~』オフライン版が配信―トロチチ「もうちょっとだけ遊べるようにしました」

  5. 『ウマ娘』実競馬にも広がる復活アイテム「目覚まし時計」の使用―負けたら「ハッ!夢か…」で現実逃避

  6. OKアミーゴ!『Apex Legends』のLINEスタンプが無料配布中―レジェンドたちがトークルームを盛り上げる

  7. 『ウマ娘』賢さ注力はNG!“チームレースで勝てる”サクラバクシンオーの育成論【もなよのウマ娘情報局】

  8. はいむらきよたか氏が『ウマ娘』ゴルシ、スカーレット、マックイーンのイラストを投稿!「とある魔術の禁書目録」で知られる著名イラストレーター

  9. NHKプラス「第26回NHKマイルカップ」中継配信が『ウマ娘』のロゴをパロディーゆるっとした再現度がトレーナーの間で話題に

  10. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

アクセスランキングをもっと見る