人生にゲームをプラスするメディア

【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

『ゼルダの伝説 BotW』をこよなく愛するプレイヤー達が、「"The Four"-Zelda BotW Cinematic Combat Montage」と題された魅せプレイ映像を制作してYouTubeに公開しました。

任天堂 Nintendo Switch
【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開
  • 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開
  • 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開
!注意!本記事内の映像には『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に関する
ネタバレが含まれています。



ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をこよなく愛する腕利きのプレイヤー4人が集まって、独自のプロジェクトとして「"The Four"-Zelda BotW Cinematic Combat Montage」と題された魅せプレイの戦闘映像をYouTubeに公開しました。

参加者の中の一人RinHara5aki氏のチャンネル説明文によれば、本プロジェクトは6か月にわたり企画し、4か月かけて制作されたといいます。企画制作者は世界中から集まった戦闘狂とのことで、米国東海岸からKleric氏、台湾からCHC Yu-Da氏、日本からはPeco氏そして自身は米国西海岸から参加したそうです。

映像は4人の戦闘シーンをそれぞれモンタージュしてひとつにまとめられており、RinHara5aki氏によれば「ネタバレとリミックスされたカットシーンの組み合わせなので、注意してください」とのことでした。


映像内でひとたびリンクが武器を振れば、そこから先は目にも止まらぬ速さで攻撃を畳みかけていく様子が確認できます。これがもしデビルメイクライシリーズならSSS評価の文字が画面にずっと踊っていてもおかしくありません。

2017年に発売されてから今なお愛されプレイされ続ける『ゼルダの伝説 BotW』、昨年のE3 2019では続編の話も上がっており目が離せません。
《麦秋》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『天穂のサクナヒメ』開発者を爆笑させた“肥溜め保存”の日持ち回復がついに修正ー未使用ボイスの実装、犬と猫の同時抱っこなど嬉しい追加要素も【UPDATE】

    『天穂のサクナヒメ』開発者を爆笑させた“肥溜め保存”の日持ち回復がついに修正ー未使用ボイスの実装、犬と猫の同時抱っこなど嬉しい追加要素も【UPDATE】

  2. 『モンスターハンターライズ』好きな武器を教えて!ベテランからビギナーまで、熱いコメント大募集【読者アンケート】

    『モンスターハンターライズ』好きな武器を教えて!ベテランからビギナーまで、熱いコメント大募集【読者アンケート】

  3. 『メルブラ:タイプルミナ』翡翠&琥珀参戦から新バトルシステムまで!最新情報満載の「発売日決定トレイラー」公開

    『メルブラ:タイプルミナ』翡翠&琥珀参戦から新バトルシステムまで!最新情報満載の「発売日決定トレイラー」公開

  4. 『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

  5. 『モンハン』非売品「マガイマガド」「破滅レウス」の金色amiboが、飾りたくなるほど格好良い!6月24日13時のキャンペーン締切迫る

  6. 『モンハンライズ』Ver3.0は“徹甲ヘビィ”が熱い!強力に生まれ変わった「ヘビィボウガン」の魅力を語る

  7. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  8. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  9. 『モンハンライズ』Ver3.0の新武器「ファントムミラージュ」が強い!安定感ではライバル「一虎刀【餓刃】」も超える

  10. 『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る