人生にゲームをプラスするメディア

「あんまり吉田を殺さないでね」─『FFXIV』P&Dが『仁王2』のパッケージを手にコメント

吉田氏をモチーフとした外見テンプレートが『仁王2』に採用されており、その完成度の高さは必見です。

ソニー PS4
「あんまり吉田を殺さないでね」─『FFXIV』P&Dが『仁王2』のパッケージを手にコメント
  • 「あんまり吉田を殺さないでね」─『FFXIV』P&Dが『仁王2』のパッケージを手にコメント
  • 「あんまり吉田を殺さないでね」─『FFXIV』P&Dが『仁王2』のパッケージを手にコメント

『仁王2』公式Twitterアカウントにて、『FINAL FANTASY XIV』のプロデューサー&ディレクターを務める吉田直樹氏にPS4ソフト『仁王2』を送った旨が報告され、注目を集めています。

『仁王2』と『FFXIV』はいずれも人気の高いタイトルですが、ゲーム同士に直接の接点はなく、「なぜ、吉田氏に『仁王2』を送ったんだろう?」と疑問に思う方も少なくないでしょう。ですが実は、『仁王2』と吉田氏の間には、ちょっとユニークな関係性があります。


以前、『仁王2』体験版のキャラクタークリエイト機能を活用したコンテストが実施され、特に優秀だった8作品が、『仁王2』製品版の外見テンプレートに採用されました。その中のひとつに吉田氏をモチーフとした作品があり、本人に確認を取ったところ快く了承。該当作品も外見テンプレ入りを果たしました。

こういった経緯があるため、今回の『仁王2』進呈報告にも「キャラクリコンテストでの寛大なご配慮、誠にありがとうございました」といった一文が。さらに吉田氏からは、「あんまり吉田を殺さないでね」といったコメントが届きました。


製品版に先駆けてリリースされた『仁王2』最終体験版にも、この外見テンプレが収録されていました。その際にこのテンプレを使用してみたところ、完成度の高さを改めて実感。また、武器を構えた時の達人感や、落命してしまった時に沸き上がる申し訳なさなど、普段のプレイとはひと味違う雰囲気に触れることができました。

該当するテンプレを使用する場合は、吉田氏のコメントにある通り、あまり死なせないことをお勧めします。ちなみに、吉田氏風外見テンプレを用いた特集記事が気になる方は、関連記事も合わせてご覧ください。

■関連記事
『仁王2』体験版を『FFXIV』吉田P風の外見テンプレで遊んでみた! 無闇に漂う達人感、「落命」で沸き上がる罪悪感
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『モンハン:ワールド』がPS Plusでフリープレイに!4月22日まで

    PS4『モンハン:ワールド』がPS Plusでフリープレイに!4月22日まで

  2. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

    『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  3. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  4. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  5. 『FF7 リメイク』ミッドガル&壱番魔晄炉はどう変わった? 体験版でその変貌ぶりをチェック

  6. 『モンスターハンター:ワールド』オススメイベントクエスト集!お家でゆっくり一狩り行こうぜ!

  7. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  8. 『FF7』リメイクで消えちゃいそうだけど魅力的なポイント10選

  9. 『モンハン:ワールド』「登場してほしい過去作のメインモンスターといえば?」結果発表―1位となったのは!?【読者アンケート】

  10. 戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖

アクセスランキングをもっと見る