人生にゲームをプラスするメディア

『FF7 リメイク』体験版は“好評価”が圧倒的! 1,200票超えのアンケート結果をコメント付きでお届け─「製品版が楽しみに」「戦闘が難しい」など

好評と答えた方の割合や、最高評価の順位など、気になる方はこちらでチェックを! 読者の生の声もご紹介。

その他 特集
『FF7 リメイク』体験版は“好評価”が圧倒的! 1,200票超えのアンケート結果をコメント付きでお届け─「製品版が楽しみに」「戦闘が難しい」など
  • 『FF7 リメイク』体験版は“好評価”が圧倒的! 1,200票超えのアンケート結果をコメント付きでお届け─「製品版が楽しみに」「戦闘が難しい」など
  • 『FF7 リメイク』体験版は“好評価”が圧倒的! 1,200票超えのアンケート結果をコメント付きでお届け─「製品版が楽しみに」「戦闘が難しい」など
  • 『FF7 リメイク』体験版は“好評価”が圧倒的! 1,200票超えのアンケート結果をコメント付きでお届け─「製品版が楽しみに」「戦闘が難しい」など
  • 『FF7 リメイク』体験版は“好評価”が圧倒的! 1,200票超えのアンケート結果をコメント付きでお届け─「製品版が楽しみに」「戦闘が難しい」など
  • 『FF7 リメイク』体験版は“好評価”が圧倒的! 1,200票超えのアンケート結果をコメント付きでお届け─「製品版が楽しみに」「戦闘が難しい」など
  • 『FF7 リメイク』体験版は“好評価”が圧倒的! 1,200票超えのアンケート結果をコメント付きでお届け─「製品版が楽しみに」「戦闘が難しい」など
  • 『FF7 リメイク』体験版は“好評価”が圧倒的! 1,200票超えのアンケート結果をコメント付きでお届け─「製品版が楽しみに」「戦闘が難しい」など
  • 『FF7 リメイク』体験版は“好評価”が圧倒的! 1,200票超えのアンケート結果をコメント付きでお届け─「製品版が楽しみに」「戦闘が難しい」など

シリーズにおける大きな転換期となり、多くのユーザーを魅了した原作を完全リメイクする1作目『FINAL FANTASY VII REMAKE』(以下、FF7 リメイク)が、いよいよ来月発売されます。

その魅力や特徴はこれまで様々な形で披露されてきましたが、最序盤の「壱番魔晄炉爆破作戦」を実際にプレイできる体験版が、今月3日に電撃配信。驚きと新たな刺激を、多くのゲームファンに提供しました。

原作となる『FF7』はシリーズでも屈指の人気を誇っているため、『FF7 リメイク』がどのような形になって登場するのか、気になっている方も多かったはず。今回体験版が配信されたことで、その一端に直接触れる機会が訪れました。


果たしてこの体験版について、ユーザーはどのような手応えを感じたのか。『FF7 リメイク』体験版の評価について伺ったアンケート結果を、今回発表させていただきます。

寄せられた有効回答は1206件。回答者の男女比は、男性87.4%:女性8.8%(無回答 3.7%)でした。男性が大半を占めるものの、女性からも1割弱の意見が届いています。

年齢別で見ると、最も多いのは30代(45.2%)で、ほぼ半数を占める勢い。そこから、40代(21.7%)、20代(18.7%)、10代(7.5%)、50歳以上(3.2%)、10歳以下(0.5%)と続きます(無回答 3.3%)。オリジナル版を当時遊んだ世代から厚い支持が集まっている一方で、20代以下も1/4を占めており、若い世代からも一定の関心が寄せられていることが窺えます。

アンケートの選択内容は、高評価から順に「最高の体験版だった!」「期待以上の完成度。製品版が楽しみになった」「予想した通りの内容だった」「満足はできなかった」「期待していたものじゃなかった」の5つ。ユーザーが最も多く判断した評価はどれだったのか、コメントと共にご覧ください。

◆第5位「満足はできなかった」:76票



5段階の評価の中で、下から2番目に当たる「満足はできなかった」が、今回のアンケートでは最も少ない結果となりました。『FF7 リメイク』はグラフィックが大きく変わっただけでなく、戦闘システムも一新。オリジナル版はコマンド入力系のRPGでしたが、本作はキャラクターを直接動かす要素もあるため、その違いに戸惑ったという声が多く寄せられています。また、「アクションゲーム好きから見ると物足りない」といった意見も。


■読者コメント
・グラフィックは綺麗だった。操作は面倒くさい。
・アクション要素が強過ぎて、戦闘が少し面倒臭く感じる オリジナルが純粋なRPGだった所為かより強くそう感じた。
・各技の効き具合がわかりずらく感じた。バレットの演技はもう少し落ち着いた感じにして欲しい。
・アクションとコマンドバトルの中間的な感じで微妙な感じだった。
・ボス強すぎ!
・元々はRPGなのでアクションゲーム好きにとっては物足りなさを感じた(ボタンやスティックを使い分けて縦斬りや範囲斬り弱強攻撃など)。逆に言えばアクションゲームが苦手な人も遊べる難易度。
またマップを常時表示や敵の位置が分かるようにレーダーが欲しかった。後はキーコンフィグが欲しい。グラフィックは素晴らしい出来。

・操作に慣れないと難しそう。主人公と同じ目線での移動だと酔いやすい人のためにも、もう少し離れた位置から全体が見えるようにして欲しい。バレットがいちいちうるさいのが気になる。
・映像はキレイだが、いかんせん操作性と言うか、テンポが悪い。純粋なRPGではないので当然と言えば当然かもしれないが。
バレットのキャラクターが、原作以上に神羅に対する偏見、嫌悪感に満ち溢れたものとなっており、原作でバレットのキャラクター(過去や考え方)を見ていない人からすると、このご時世、あまり良い印象は受けないのかなぁとも勝手な心配もしてしまった。
現在齢25にして、父の影響で物心ついた4歳くらいからナンバリングFFに親しんできた身ではあるが、今回のリメイクについては買うかどうか様子見というところ。

・バレット(ボイス付き)が生理的に駄目だった…。けどそんな事よりも、視認性の悪さや諸々不親切さ等がまだ製品の水準に達していないのがかなり気になりました。攻撃時のバスターソードの重みが感じられないのも残念な部分。
これ等を発売日までになんとかしてほしい所ではあるけど、無理かなぁ… ただでさえ分割という悪手なのに、このままでは凡作止まりになってしまうかもという不安があります… 。
ただ、色々言われてきたモデリングに関しては別に気にならなかったのでそこは良かったです。

・1つの操作機能でしか体験してませんが、少し難しく感じました。 他の操作機能でプレイしてみます。 また、クラウドとバレットの声優が少し期待してたイメージと違いました…。バトルの操作は切り替えが難しかったです。

◆第4位「期待していたものじゃなかった」:84票



第4位は、5段階評価で最も低い「期待していたものじゃなかった」でした。「アクションゲームに変わっていたのが残念です」「RPGがやりたいです」と、こちらもバトルに対する意見が目立つ結果に。その他だと、カメラなどのシステム回りへの不満も寄せられています。第5位と合わせると、低評価の数は150票となり、全体の1割強を占める形となりました。


■読者コメント
・何だろう。絵は綺麗だしキャラクターボイスはついてるし BGMもまんまなのに、初めてFF7をプレイしたあの感動と魅力驚きを感じないのは何故なんでしょう。
・戦闘システムが変わりすぎて別ゲームだった。
・興奮とはほど遠かった。本番はどうなるのかとワクワク感がまったく無かった。確かに映像は綺麗でしたが、昔遊んだ記憶を蘇らせるノスタルジー感も乏しく、残念でした。
・逃げを感じた。RPGはRPGで。アクションリメイクならば初版から時間空けすぎ且つ、新鮮味不足。
・ミッドガル以降が何年先になるのか…。15みたいに結局PS5ってなるのが目に見える。
・ビジュアルはいいけどって感じですかね…これなら昔のやつやります。
・カメラアングルが見辛い。戦闘がボタン長押しばかりでつまらない。雑魚敵が弱すぎ。ボスだけ硬い。宝箱が三角ボタンで開けにくい。ボス戦でどこに攻撃してるか分からない。バレットをはじめ、台詞が寒い。
・バレットがウザイ。昔の操作のままグラフィックを上げてくれたらそれだけでよかったのに。
・戦闘システムはターン制が良かった。陳腐なアクションRPGに成り下がった印象。連打ゲー。カメラアングルが悪い。
・買おうと思っていた作品だけに、体験版でのコレじゃない感があり、買わない方向の方が強くなりました。 雑魚敵との戦闘はアクションはいいんですが、ボス戦での中だるみ感がすごく、またアクション要素も強くなり過ぎており、FF7とは別のゲームだと思ってしまいました。




《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

    なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

  3. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】無人島から離れられない

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】無人島から離れられない

  4. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE 』case58「コクーン殺人事件 その2」

アクセスランキングをもっと見る