人生にゲームをプラスするメディア

『キングダム ハーツ ダーク ロード』は『ユニオン クロス』内の新サービスとして展開―ゼアノートの過去が明かされる!

『ダーク ロード』は独立したゲームとして、『ユニオン クロス』内から選択形式でプレイすることに。『ユニオン クロス』本編を未プレイでも遊べます。

モバイル・スマートフォン iPhone
『キングダム ハーツ ダーク ロード』は『ユニオン クロス』内の新サービスとして展開―ゼアノートの過去が明かされる!
  • 『キングダム ハーツ ダーク ロード』は『ユニオン クロス』内の新サービスとして展開―ゼアノートの過去が明かされる!
  • 『キングダム ハーツ ダーク ロード』は『ユニオン クロス』内の新サービスとして展開―ゼアノートの過去が明かされる!
  • 『キングダム ハーツ ダーク ロード』は『ユニオン クロス』内の新サービスとして展開―ゼアノートの過去が明かされる!
  • 『キングダム ハーツ ダーク ロード』は『ユニオン クロス』内の新サービスとして展開―ゼアノートの過去が明かされる!

スクウェア・エニックスは、2020年配信予定のモバイルアプリ新サービス『キングダム ハーツ ダーク ロード』(以下、ダーク ロード)に関して、最新情報を公開しました。

若きゼアノートの画像と「彼は何故、闇の探究者となったのか?」というキャッチコピーのみが公開され、そのゲームシステムやストーリーは謎に包まれていた『ダーク ロード』ですが、この度その続報がお披露目。

まず本作は、好評配信中のiOS/Android向けアプリ『キングダム ハーツ ユニオン クロス』(以下、ユニオン クロス)内で展開される新サービスとなります。独立したゲームとして、『ユニオン クロス』のタイトル画面から選択形式でプレイすることに。『ユニオン クロス』本編を未プレイでも遊べます。

これに伴い、『ユニオン クロス』のタイトルも『キングダム ハーツ ユニオン クロス ダーク ロード』に変更。2本立ての運営形式として大きくリニューアルされます。


『ダーク ロード』の展開方法に加え、今回はそのゲームシステムやストーリーも紹介。カードを使用した“爽快感×反射神経×フリック”の超スピードバトルとなるほか、ストーリーでは、ゼアノートの過去が明かされるとのことです。



また、『ダーク ロード』と『ユニオン クロス』の連動キャンペーンも発表。『ダーク ロード』の配信時に、『ユニオン クロス』のメダルアルバムコンプリート率に応じて、『ダーク ロード』で使用するカードと交換可能なポイントがプレゼントされます。


■『ダーク ロード』最新情報詳細はこちら
http://cache.sqex-bridge.jp/guest/information/63300



(C) Disney. Developed by SQUARE ENIX
(C)2011-2020 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 即完売となった『FGO』羽海野チカ先生の「オベロン本」が再販!確実に入手できる“受注生産”で予約開始

    即完売となった『FGO』羽海野チカ先生の「オベロン本」が再販!確実に入手できる“受注生産”で予約開始

  2. 「竹箒」コミケ100通販本を“受注生産”として調整中!会場限定本も“PDFデータ”を公開へ

    「竹箒」コミケ100通販本を“受注生産”として調整中!会場限定本も“PDFデータ”を公開へ

  3. 新ウマ娘・デアリングタクトも!トレーナーなら知っておきたい令和の「競馬黄金期」

    新ウマ娘・デアリングタクトも!トレーナーなら知っておきたい令和の「競馬黄金期」

  4. 『ウマ娘』水着ゴルシが衝撃情報をポロリ!?オグリキャップやセイウンスカイにも関わる毛色の話

  5. 『ウマ娘』水着マックイーンは逆にセクシー!?“あえて露出しない”というわびさびの時代へ

  6. 実は意外とナイスバディ!?ギャップがありすぎる体型のウマ娘3選

  7. 「竹箒」コミケ100販売本公開!『FGO』第2部第6章のプロット本など計3冊、会場限定本もあり

  8. 『ウマ娘』ライスシャワー役の石見舞菜香さん&ミホノブルボン役の長谷川育美さんへインタビュー!愛バはドーム開催の「4thイベント EXTRA STAGE」をどう走り抜ける

  9. デアリングタクトの『ウマ娘』参戦で高まる期待!SNSを席巻した「温泉インタビュー」

  10. 『FGO』羽海野先生の「オベロントーク」解禁!手始めに“全再臨の立ち絵”を公開―もちろん“第三再臨”も

アクセスランキングをもっと見る