人生にゲームをプラスするメディア

「プレイステーション」が“史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド”としてギネス認定

PS1、PS2、PS3、PS4までの据え置き型コンソール累計販売台数・4億5019万台がギネスに認定されました。

ソニー その他
「プレイステーション」が“史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド”としてギネス認定
  • 「プレイステーション」が“史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド”としてギネス認定
  • 「プレイステーション」が“史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド”としてギネス認定
  • 「プレイステーション」が“史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド”としてギネス認定
  • 「プレイステーション」が“史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド”としてギネス認定

初代「プレイステーション」発売25周年となる2019年12月3日。この記念すべき日に、「プレイステーション」ブランドがギネス世界記録に輝きました。

ギネスワールドレコーズより認定された世界記録は、「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド(Best-selling videogame home console brand ever)」。

「プレイステーション」ブランドの据え置き型コンソールである「プレイステーション」「プレイステーション 2」「プレイステーション 3」および「プレイステーション 4」の累計販売台数・4億5019万台(※)が“世界一”であると、公式に認められました。

(※2019年11月7日時点での記録。VG Chartzによる推定数値)


都内で行われた認定式には、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)社長兼CEOのジム・ライアン氏に加え、“プレイステーションの生みの親”である元ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)名誉会長・久夛良木健氏が登壇。それぞれ以下のようなコメントを寄せています。

■SIE社長 兼 CEO ジム・ライアン氏(なんと、日本語でのスピーチでした!)
素晴らしいアワード、光栄です。プレイステーションをサポートしてくれた親身なパートナーたち、そして、一番はプレイステーションユーザーのみなさまのおかげです。私は、イギリス人なので、イギリスで生まれたギネス記録に認定され、とても光栄に感じています。プレイステーションはエキサイティングな未来です。もっともっと、頑張ります。ありがとうございました。

■元SCE名誉会長 久夛良木健氏
みなさんこんにちは、久夛良木です。ちょうど25年前にプレイステーションが発売されたこの日。歴代のプレイステーションが「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド」として、ギネス世界記録に認定された大変誇りに思うと同時に、プレイステーションをここまでサポートしていただいた関係者の皆様、そして何より、25年の長きに渡り、プレイステーションでたくさんのゲームを遊んでくれた全世界のユーザーに心より感謝を申し上げます。

思い返せば25年前。新たなコンピューターエンタテインメントの誕生を夢見て、「目指せ100万台」のキャッチコピーを天高く掲げさせていただいたときの高揚感を今では懐かしく思い出しています。

当時、最高のエンタテインメントジャンルに育て上げたいという熱い想いを込めて「プレイステーション」というプラットフォーム名をつけさせていただきました。今回のギネス認定を、大きな礎として、今後も世界中のユーザーに愛されながら、プレイステーションが牽引する、さらなる未来のエンタテインメントの大躍進を、“プレイステーションの生みの親”として楽しみに見守っていきたいと思います。本日は、ありがとうございました。
《編集部》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:アイスボーン』謎のモンスターは「ゼノ・ジーヴァ完全体(仮)」と判明!16人用討伐クエストとして12月13日より配信【UPDATE】

    『モンハン:アイスボーン』謎のモンスターは「ゼノ・ジーヴァ完全体(仮)」と判明!16人用討伐クエストとして12月13日より配信【UPDATE】

  2. 「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

    「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

  3. 『新サクラ大戦』体験版の感想を一挙紹介!一新した3Dアクションや新ヒロイン達への評価は“賛否両論”に【読者アンケート結果】

    『新サクラ大戦』体験版の感想を一挙紹介!一新した3Dアクションや新ヒロイン達への評価は“賛否両論”に【読者アンケート結果】

  4. 最終試練は“師匠を倒すこと”…『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の戦闘を学ぶ

  5. お姉ちゃんが返り血浴びれば浴びるほど強くなる!?『お姉チャンバラORIGIN』は剣閃アクション好きのツボを抑えた名作だ

  6. 『お姉チャンバラORIGIN』血みどろ美女達が本作の魅力を紹介する「3rdトレイラー」公開!彼女達の恥ずかしい過去がいろいろ晒されちゃう?

  7. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  8. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  9. 『NieR:Automata』関連タイトルの「PS Awards 2019」受賞記念セールが実施

  10. 『DEATH STRANDING』12月中旬アップデート予定のオドラデクの視認性向上や車両の廃棄の動作模様を公開

アクセスランキングをもっと見る

1