人生にゲームをプラスするメディア

ソニーの次世代PS5の詳細が報じられるーレイトレーシング対応やインストールの仕様変更などが明らかに

ソニー次世代機PS5はGPUにレイトレーシングアクセラレーションを搭載!コントローラーの改善やUIの仕様変更なども!

ソニー その他
ソニーの次世代PS5の詳細が報じられるーレイトレーシング対応やインストールの仕様変更などが明らかに
  • ソニーの次世代PS5の詳細が報じられるーレイトレーシング対応やインストールの仕様変更などが明らかに
10月8日に発表されたソニー・インタラクティブエンタテインメントの次世代ゲーム機プレイステーション5ですが、その詳細が海外メディアWIREDによって報じられました。

記事によるとPS5は以下の様な仕様になるとのこと

・GPUにはレイトレーシングアクセラレーションが搭載され、内蔵ドライブはSSDとなり速いだけでなくデータ量も増えている。

・ゲームのインストールにおいてストレージへのアプローチを変更し、ユーザーはゲームへの細かいアクセスが可能になった。例えばゲームのマルチプレイヤーキャンペーンだけをインストールしたり、逆にシングルプレイヤーキャンペーンだけをインストールしたりすることも可能。

・また、削除についてもすべてのデータをインストールしたうえでシングルプレイヤーキャンペーンをクリアした際にシングルプレイヤーのデータだけを削除するといったことが出来るようになる。

・PS5の新しいUIでは、ゲームを起動せずにフレンドがどのゲームをプレイしているのかを確認する必要もない。参加できる一連のアクティビティがリアルタイムで表示され、シングルプレイヤーゲームでは実行可能なミッションやそれをクリアすることで得られる報酬の情報が得られる。

・ソニーが開発中のプレイステーション5向けの音声AIアシスタントが搭載される。

・コントローラーの名前は未定で、アダプティブトリガーと呼ばれる機能が追加され細やかな抵抗感を与えることで弓矢を打つことをリアルに感じられるように。そして搭載されるスピーカーも改善される。

・コントローラーの充電にはUSB Type-Cコネクターを使用し、大容量のバッテリーとモーターにより従来のものより少し重くなる。


<ハードウェア概要>

・コンソールゲーム機本体
・超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
・AMD社製カスタムチップ搭載
・CPU: x86-64-AMD Ryzen “Zen2", 8 cores/16 threads
・GPU: AMD Radeon RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
・3Dオーディオ処理専用ユニット
・ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
・PlayStation 4タイトルとの互換性実現に向けた設計
・PlayStation VR対応
・ コントローラー
・ハプティック技術搭載
・ L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用
・ 物理メディア
・Ultra HD Blu-ray
・ゲームディスクとしての容量は100GBに


様々な機能が追加され改善されているソニーの次世代機プレイステーション5は、2020年の年末に発売予定です。
《いっちゃん》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:アイスボーン』謎のモンスターは「ゼノ・ジーヴァ完全体(仮)」と判明!16人用討伐クエストとして12月13日より配信【UPDATE】

    『モンハン:アイスボーン』謎のモンスターは「ゼノ・ジーヴァ完全体(仮)」と判明!16人用討伐クエストとして12月13日より配信【UPDATE】

  2. 『モンハン:アイスボーン』「悉くを殲ぼすネルギガンテ」の歴戦個体登場!新地帯「氷雪地帯」など、大型アップデート第2弾の追加要素紹介

    『モンハン:アイスボーン』「悉くを殲ぼすネルギガンテ」の歴戦個体登場!新地帯「氷雪地帯」など、大型アップデート第2弾の追加要素紹介

  3. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  4. 「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

  5. お姉ちゃんが返り血浴びれば浴びるほど強くなる!?『お姉チャンバラORIGIN』は剣閃アクション好きのツボを抑えた名作だ

  6. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  7. 『NieR:Automata』関連タイトルの「PS Awards 2019」受賞記念セールが実施

  8. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  9. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  10. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

アクセスランキングをもっと見る

1