人生にゲームをプラスするメディア

カプコンブース『PROJECT RESISTANCE』ステージイベントレポ─話題の非対称対戦ゲームが持つ6つの魅力に迫る【TGS2019】

カプコンブースで行われた『PROJECT RESISTANCE』ステージのイベントレポートをお届けします。

ソニー PS4
カプコンブース『PROJECT RESISTANCE』ステージイベントレポ─話題の非対称対戦ゲームが持つ6つの魅力に迫る【TGS2019】
  • カプコンブース『PROJECT RESISTANCE』ステージイベントレポ─話題の非対称対戦ゲームが持つ6つの魅力に迫る【TGS2019】
  • カプコンブース『PROJECT RESISTANCE』ステージイベントレポ─話題の非対称対戦ゲームが持つ6つの魅力に迫る【TGS2019】
  • カプコンブース『PROJECT RESISTANCE』ステージイベントレポ─話題の非対称対戦ゲームが持つ6つの魅力に迫る【TGS2019】
  • カプコンブース『PROJECT RESISTANCE』ステージイベントレポ─話題の非対称対戦ゲームが持つ6つの魅力に迫る【TGS2019】
  • カプコンブース『PROJECT RESISTANCE』ステージイベントレポ─話題の非対称対戦ゲームが持つ6つの魅力に迫る【TGS2019】
  • カプコンブース『PROJECT RESISTANCE』ステージイベントレポ─話題の非対称対戦ゲームが持つ6つの魅力に迫る【TGS2019】
  • カプコンブース『PROJECT RESISTANCE』ステージイベントレポ─話題の非対称対戦ゲームが持つ6つの魅力に迫る【TGS2019】
  • カプコンブース『PROJECT RESISTANCE』ステージイベントレポ─話題の非対称対戦ゲームが持つ6つの魅力に迫る【TGS2019】
カプコンブースで行われた『PROJECT RESISTANCE』ステージのイベントレポートをお届けします。


イベントが始まると川田将央プロデューサーが登壇。開口一番「続編を期待されていた方が多いと思いますが、今日説明するものは新感覚で面白いものですので楽しみにしていてください」と語っていました。


ゲームのシステムとしてはマスターマインドVSサバイバーのラクーンシティを舞台にした非対称対戦のサバイバルホラーであり、マスターマインド側は実験施設からサバイバーを逃さないように様々な罠やゾンビを設置して妨害することがメイン。対するサバイバーは固有の能力を使って、妨害を潜り抜けて脱出するのが目的となります。



その後、川田プロデューサーからは注目ポイント6つの紹介がありました。

1つ目が「ゾンビの配置」

マスター側のプレイでは、様々なトラップやゾンビをサバイバーの行く場所に配置して、妨害することが出来ます。監視カメラを利用して相手の行動を把握し、そこをゾンビで固めることができるので、川田プロデューサーは「キーアイテムがある部屋にゾンビを置きまくってさながらモンスターハウスにすることができます」と不敵な笑みを浮かべながら語っていました。



2つ目は「個性的なサバイバー」

アンブレラ社に拉致された若者たちが実験に参加させられるという設定であるサバイバー達。今回のイベントでは4人のサバイバーのみの発表でしたが、今後増やす予定があるとのことでした。

初期の4人のサバイバーはそれぞれ打撃力が特化していたり仲間を回復できたり、マスターマインドにとっての1番の天敵となる監視カメラのハッキングが可能だったりと、特徴があります。それぞれ個性的で、サバイバーのプレイも魅力的なものになっています。



3つ目は「タイムアウトの面白さ」

サバイバー側はカウントが0になるまでに脱出しなければならず、マスター側は0になるまで脱出を阻止すればいいのでわかりやすいルールになっています。しかしサバイバー側は倒されてしまうとリスポーンする際にタイムが大幅に減ってしまうので、ゾンビを倒すなどの「タイムを増やす」行動をすることで勝ちに近づくことが出来ます。



4つ目は「さらに進化した RE ENGINE」

よりリアルに進化した「RE ENGINE」によって没入感があるプレイが可能に。バイオハザードの世界観の中で、より現実的な恐怖を感じることができます。


5つ目は「NEOBARDS ENTERTAINMENT」

今作ではオンライン対戦の要素があるため、オンラインゲームの開発に強い「NEOBARDS ENTERTAINMENT」が企画段階から開発に参加。快適なオンライン対戦の実現を可能にするために日々開発しているとのことでした。


6つ目は「ワーキングタイトル」

「ワーキングタイトル」というワードについて、川田プロデューサーは「まだ開発の途中であり、タイトルもまだ仮です。ベータのフィードバックなどで皆で一緒に作り上げていくものです」とコメント。来月からベータテストも始まるので、ぜひ参加して欲しいとのことでした。


イベントの最後では川田プロデューサーから「正式タイトルとしてリリースできるよう日々頑張ってますので、楽しみに待っていて欲しいと思います」とユーザーに向けて話していました。

ベータテストの登録も行われているので、今回試遊できなかった方はプレイしてみてください!!
《長尾太陽》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』一番欲しい稲妻キャラは誰?1,800人以上が選んだ投票結果―1位はダントツの800票超え!

    『原神』一番欲しい稲妻キャラは誰?1,800人以上が選んだ投票結果―1位はダントツの800票超え!

  2. 『Apex Legends』敗北時の切断によるRP維持を取り締まるBANが執行―BAN対象のほとんどがPS4プレイヤー

    『Apex Legends』敗北時の切断によるRP維持を取り締まるBANが執行―BAN対象のほとんどがPS4プレイヤー

  3. “シア”のデザインコンセプトやシーズン10最新情報をご紹介!『Apex Legends』開発者インタビュー

    “シア”のデザインコンセプトやシーズン10最新情報をご紹介!『Apex Legends』開発者インタビュー

  4. PS Plus加入者は8月3日より無料で遊べる!新作バトロワACT『Hunter’s Arena: Legend』来月発売

  5. 「PS5」の販売情報まとめ【8月2日】─「ゲオ」が抽選受付を開始、ソフマップ3店舗も店頭で受付

  6. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  7. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  8. 「PS5」の販売情報まとめ【7月26日】─通常版の当選倍率は20倍以下、「ノジマオンライン」が明らかに

  9. 筆者はいかにしてPS5を手に入れたのか ─ PS5を入手する3つの方法と入手確率アップの法則【GW特集】

  10. 何がカット・変更された?『サイバーパンク2077』初日パッチ適用前のビルド調査プロジェクトがスタート

アクセスランキングをもっと見る