人生にゲームをプラスするメディア

イザナギゲームズ新作『冤罪執行遊戯ユルキル』がTGS2019にプレイアブル出展!原作/シナリオは「賭ケグルイ」の河本ほむら氏が担当

イザナギゲームズは、PS4/PC対応新作ゲーム『冤罪執行遊戯ユルキル』に関して、「東京ゲームショウ2019」にプレイアブル出展することを発表しました。

ソニー PS4
イザナギゲームズ新作『冤罪執行遊戯ユルキル』がTGS2019にプレイアブル出展!原作/シナリオは「賭ケグルイ」の河本ほむら氏が担当
  • イザナギゲームズ新作『冤罪執行遊戯ユルキル』がTGS2019にプレイアブル出展!原作/シナリオは「賭ケグルイ」の河本ほむら氏が担当

イザナギゲームズは、2020年発売予定のPS4/PC対応新作ゲーム『冤罪執行遊戯ユルキル』に関して、「東京ゲームショウ2019」にプレイアブル出展することを発表しました。

本作は、河本ほむら氏(「賭ケグルイ」原作者)が原作・シナリオ、清原紘氏(『蒼き革命のヴァルキュリア』キャラクターデザイン)がキャラクターデザインを手掛ける、脱出ADV&シューティングゲームです。BGMは『モンスターハンター』シリーズの作曲家小見山優子氏が担当。シューティングパート開発はシューティングゲームの老舗グレフが担当しています。

プレイアブル出展は、KONAMIブースにて実施予定。本作のシューティングパートを体験することができます。また、9月13日12:30からは、梅田慎介氏(ディレクター兼プロデューサー)、丸山博幸氏(シューティングパート開発会社グレフ代表)、小見山優子氏(BGM担当)が登壇予定のステージイベントも開催。丸山博幸氏が、本作のシューティングパートを実演プレーで解説します。



『冤罪執行遊戯ユルキル』は、2020年発売予定。価格は未定です。

(c)IzanagiGames, Inc. All Rights Reserved.
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. ゲームハード後期は“デベロッパーのソフト力”が極まる?―SIE WWS・吉田修平氏が語るPS市場の近況【TGS2019】

    ゲームハード後期は“デベロッパーのソフト力”が極まる?―SIE WWS・吉田修平氏が語るPS市場の近況【TGS2019】

  2. 『龍が如く7』がビックリ続きなので、直接「何が起きてるんですか?」と開発者に聞いてみた【TGS2019】

    『龍が如く7』がビックリ続きなので、直接「何が起きてるんですか?」と開発者に聞いてみた【TGS2019】

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』現時点で判明している新登場モンスターをまとめてチェック―ハンターを待つは大ボリュームの24体!【特集】

    『モンハンワールド:アイスボーン』現時点で判明している新登場モンスターをまとめてチェック―ハンターを待つは大ボリュームの24体!【特集】

  4. 『龍が如く』がRPGに生まれ変わった理由が明らかに!声優・上坂すみれさんも登壇した『龍が如く7 光と闇の行方』4日目ステージレポ【TGS 2019】

  5. 『十三機兵防衛圏』の戦闘パートは司令官気分! 情報は視覚化され、カッコいいのに分かりやすい【TGS2019】

  6. 『仁王2』は“織豊時代”を舞台に、主人公と藤吉郎が戦国の世を駆け抜け「秀吉」となる! 安田文彦氏直撃インタビュー【TGS2019】

  7. PS4『モンハンワールド』、『アイスボーン』の購入に関わらず33GBのアップデートが必要―要素の追加や多数の調整

  8. 『モンハン:ワールド』「登場してほしい過去作のメインモンスターといえば?」結果発表―1位となったのは!?【読者アンケート】

  9. 『プロジェクト レジスタンス』川田将央氏Pインタビュー…リリース時には『バイオ』ファンが喜ぶ「オンラインモードだけではない」製品に【TGS2019】

  10. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

アクセスランキングをもっと見る

1