人生にゲームをプラスするメディア

対戦格闘『Blade Strangers』にまさかの『どきどきポヤッチオ』より“ピア”参戦!他追加キャラも

Pikiiは、スタジオ最前線が手掛ける対戦格闘ゲーム『Blade Strangers』に、『どきどきポヤッチオ』より“ピア”、『1001spikes』より“アバン”、そしてもう一人の“海腹川背”を実装するアップデートを実施しました。

ソニー PS4
対戦格闘『Blade Strangers』にまさかの『どきどきポヤッチオ』より“ピア”参戦!他追加キャラも
  • 対戦格闘『Blade Strangers』にまさかの『どきどきポヤッチオ』より“ピア”参戦!他追加キャラも
  • 対戦格闘『Blade Strangers』にまさかの『どきどきポヤッチオ』より“ピア”参戦!他追加キャラも

Pikiiは、スタジオ最前線が手掛ける対戦格闘ゲーム『Blade Strangers』に、『どきどきポヤッチオ』より“ピア”、『1001spikes』より“アバン”、そしてもう一人の“海腹川背”を実装するアップデートを実施しました。

『Blade Strangers』は『海腹川背』など、スタジオ最前線の手掛けたゲームのキャラを中心に様々な作品のキャラクターが集う対戦格闘ゲーム。ローンチでは『ショベルナイト』の“ショベルナイト”なども登場していました。なお、今回のアップデートではキャラクターのグラフィックの描画品質向上も図られています。

『どきどきポヤッチオ』とは1998年9月に初代PSにてリリースされたオープンワールドRPG。プレイヤーが夏休みで訪れた村“プエルコルダン”にて、いとこのお姉さんの経営するパン屋を手伝いながら日々を過ごしていく内容でした。作中世界の作り込みなどを中心にコアゲーマーから高い評価を受けていたことでも知られています。

今回まさかの参戦となった“ピア”は同作に登場する魔法使いの卵の少女です。ゲームアーカイブスでこそ配信されていたものの、リマスターや新作の動きもなかった作品であるだけに嬉しいファンもいるのではないでしょうか。

『Blade Strangers』はPS4/ニンテンドースイッチ/Steamにて配信中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. ゲームハード後期は“デベロッパーのソフト力”が極まる?―SIE WWS・吉田修平氏が語るPS市場の近況【TGS2019】

    ゲームハード後期は“デベロッパーのソフト力”が極まる?―SIE WWS・吉田修平氏が語るPS市場の近況【TGS2019】

  2. 『龍が如く7』がビックリ続きなので、直接「何が起きてるんですか?」と開発者に聞いてみた【TGS2019】

    『龍が如く7』がビックリ続きなので、直接「何が起きてるんですか?」と開発者に聞いてみた【TGS2019】

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』現時点で判明している新登場モンスターをまとめてチェック―ハンターを待つは大ボリュームの24体!【特集】

    『モンハンワールド:アイスボーン』現時点で判明している新登場モンスターをまとめてチェック―ハンターを待つは大ボリュームの24体!【特集】

  4. 『龍が如く』がRPGに生まれ変わった理由が明らかに!声優・上坂すみれさんも登壇した『龍が如く7 光と闇の行方』4日目ステージレポ【TGS 2019】

  5. 『十三機兵防衛圏』の戦闘パートは司令官気分! 情報は視覚化され、カッコいいのに分かりやすい【TGS2019】

  6. 『仁王2』は“織豊時代”を舞台に、主人公と藤吉郎が戦国の世を駆け抜け「秀吉」となる! 安田文彦氏直撃インタビュー【TGS2019】

  7. PS4『モンハンワールド』、『アイスボーン』の購入に関わらず33GBのアップデートが必要―要素の追加や多数の調整

  8. 『モンハン:ワールド』「登場してほしい過去作のメインモンスターといえば?」結果発表―1位となったのは!?【読者アンケート】

  9. 『プロジェクト レジスタンス』川田将央氏Pインタビュー…リリース時には『バイオ』ファンが喜ぶ「オンラインモードだけではない」製品に【TGS2019】

  10. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

アクセスランキングをもっと見る

1