人生にゲームをプラスするメディア

『リネージュM』リリース発表会で東山紀之、「7MEN侍」が語る新CM!まるで「生きているようなカメラ」に注目

5月9日に東京・「マンダリンオリエンタル東京」で開催された発表会では、新CMに出演する東山紀之さん、ジャニーズJr.「7MEN侍」が登壇してトークを繰り広げました。

モバイル・スマートフォン iPhone
『リネージュM』リリース発表会で東山紀之、「7MEN侍」が語る新CM!まるで「生きているようなカメラ」に注目
  • 『リネージュM』リリース発表会で東山紀之、「7MEN侍」が語る新CM!まるで「生きているようなカメラ」に注目
  • 『リネージュM』リリース発表会で東山紀之、「7MEN侍」が語る新CM!まるで「生きているようなカメラ」に注目
  • 『リネージュM』リリース発表会で東山紀之、「7MEN侍」が語る新CM!まるで「生きているようなカメラ」に注目
  • 『リネージュM』リリース発表会で東山紀之、「7MEN侍」が語る新CM!まるで「生きているようなカメラ」に注目
  • 『リネージュM』リリース発表会で東山紀之、「7MEN侍」が語る新CM!まるで「生きているようなカメラ」に注目
  • 『リネージュM』リリース発表会で東山紀之、「7MEN侍」が語る新CM!まるで「生きているようなカメラ」に注目
  • 『リネージュM』リリース発表会で東山紀之、「7MEN侍」が語る新CM!まるで「生きているようなカメラ」に注目
  • 『リネージュM』リリース発表会で東山紀之、「7MEN侍」が語る新CM!まるで「生きているようなカメラ」に注目
韓国発のスマートフォン向けMMORPG『LineageM(以下、リネージュM)』の日本リリース開始が5月29日に決定。先立って5月9日に東京・「マンダリンオリエンタル東京」で開催された発表会では、新CMに出演する東山紀之さん、ジャニーズJr.「7MEN侍」が登壇してトークを繰り広げました。


■事前登録150万人突破のMMORPG『リネージュM』の魅力



同ゲームは、1998年に韓国にてサービスを開始した韓国内初のPC向けオンラインゲーム『リネージュ』のモバイル版です。世界的に大ヒットしたゲームの核心となるアイデンティティ「戦闘」と「狩り」の楽しさをそのまま再構築するだけでなく、オリジナルコンテンツを用意してPC『リネージュ』と差別化しています。



プレイヤーは、剣と魔法と血の盟約が織りなす唯一無二の世界観が味わえるアデン大陸を舞台に、君主、騎士(ナイト)、エルフ、魔術師(ウィザード)、ダークエルフの5つの職業のいずれかを選択可能。ロードがなくシームレスで、ゲーム内の全てのフォールドが最初から解放されているオープンワールドを自由に冒険できます。誰と一緒に狩りに行くのか、同じ仲間として血盟を結ぶのか、そして戦うのかは全てプレイヤー次第です。さらに能力値やレベル上限はなく、自由で恒久的な成長ができるうえ、血盟同士数が戦う大規模バトル「攻城戦」の緊張感も味わえます。


同ゲームは日本では現時点で150万人の事前登録を達成。韓国では事前登録550万人でリリース後は「Google Play ストア」98周連続1位、台湾では事前登録250万人でリリース後は「Google Play ストア」67周連続1位を記録してきました。日本版では声優を起用し、専用のダンジョン、変身、ガチャ仕様演出を用意しています。5月9日21時より事前登録サイトで、キャラクターエントリーが開始されるのでお見逃しなく。



■東山が「7MEN侍」にエール!「これから頑張っていけば、落とし玉が配られると思うよ」


5月10日から新CM第1弾「伝説が来る編」が放送開始。続編には、ジャニーズJr.の「7MEN侍」、Jr.SPも出演しています。


冒頭で、東山さんはゲームだけでなく、カメラ撮影の進化にも驚いたとコメント。今CMでは、コンピュータ制御されたカメラワークで何度でも同じ動きができる最新鋭のモーションンコントロールカメラ「BOLT」ならではの映像が見所。東山さん曰く、「見張られているよう。生きているようなカメラ」とのことでした。

初共演する「7MEN侍」については、「“侍”がきちんと心の中にあるような好青年」のようで、グループ名については「久しぶりにジャニーズさんの大技が出たな」と驚きを隠しませんでした。そのうえで、「これから浸透していくと良い名前になっていくと思います」と期待を寄せています。


東山さんの印象を訊かれた「7 MEN 侍」の本高克樹さん(高ははしごだか)は「僕らからすると大先輩なので緊張しましたけど、話しかけてくれたのでリラックスできました」、中村嶺亜さんは「アドバイスをくれる時すごく優しくて、良い先輩だと思いました」とそれぞれCM撮影を回顧。東山さんは「これから頑張っていけば、落とし玉が配られると思うよ」とエールを送りました。

また、本高さんは実際にゲームを遊んだ感触から、「基本操作だけですけど、こんなこともできる!という発見があった。ゲームはあまりしないほうですけど、すぐに入り込めた」と絶賛。ただし、自分だけが集中攻撃を受けて逃げ回ってしまったのが悔しかったようです。

最後に東山さんは血盟システムによる絆を大事にする同ゲームの特徴を挙げ、「このゲームの世界は非常に絆を作れる場所だと思いますし、僕らは昭和と平成と令和と来ましたけど、その進化は素晴らしいですし、これから世界中でこのゲームを通じて絆が生まれると思うので、ぜひチャレンジしてもらえればと思います」と呼びかけました。

(C)『リネージュM』リリース発表会
《乃木章》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』10月28日より「新規ストーリーイベント」開催決定!待望の“レース横画面対応”も予告

    『ウマ娘』10月28日より「新規ストーリーイベント」開催決定!待望の“レース横画面対応”も予告

  2. ターボエンジン全開不可避!最高にキュートな『ウマ娘』ツインターボの原案イラスト公開

    ターボエンジン全開不可避!最高にキュートな『ウマ娘』ツインターボの原案イラスト公開

  3. 「経験値」荒稼ぎの大チャンス!新ポケモン「バケッチャ」「ボクレー」をフレンドと交換しまくれ【ポケモンGO 秋田局】

    「経験値」荒稼ぎの大チャンス!新ポケモン「バケッチャ」「ボクレー」をフレンドと交換しまくれ【ポケモンGO 秋田局】

  4. 『ウマ娘』カワカミプリンセスに「ゲーミングお嬢様」履修説が浮上―原作者からも「コラボ、今ならお安くしときますわよ」

  5. 「フィギュア」はどうやって作られる? トップメーカーに密着したら、進化し続ける“職人技”がスゴかった!【フィギュア作り】

  6. NHK大阪「菊花賞」振り返り企画がどう見ても『ウマ娘』―ロゴはじめ、登場馬まで見覚えが…?

  7. 『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

  8. オカルト専門誌「ムー」監修『超都市伝説ガチャ』が配信―カードで綴られる摩訶不思議な世界

  9. トレーナーさん?トレーナーさん?トレーナーさん?トレーナーさん?-『ウマ娘』マンハッタンカフェのホラーイベントが怖すぎる

  10. パロディ多すぎ!『ガーディアンテイルズ』に散らばる、笑える小ネタまとめーこれ大丈夫…?

アクセスランキングをもっと見る