人生にゲームをプラスするメディア

コロプラ新作『最果てのバベル』は往年のRPG感があるCSライクな一本―バトルの戦略性&やり込みも魅力

シナリオ・野島一成氏×サウンド・崎元仁氏で贈るCSライクな作品。それが『最果てのバベル』です。

モバイル・スマートフォン 全般
コロプラ新作『最果てのバベル』は往年のRPG感があるCSライクな一本―バトルの戦略性&やり込みも魅力
  • コロプラ新作『最果てのバベル』は往年のRPG感があるCSライクな一本―バトルの戦略性&やり込みも魅力
  • コロプラ新作『最果てのバベル』は往年のRPG感があるCSライクな一本―バトルの戦略性&やり込みも魅力
  • コロプラ新作『最果てのバベル』は往年のRPG感があるCSライクな一本―バトルの戦略性&やり込みも魅力
  • コロプラ新作『最果てのバベル』は往年のRPG感があるCSライクな一本―バトルの戦略性&やり込みも魅力
  • コロプラ新作『最果てのバベル』は往年のRPG感があるCSライクな一本―バトルの戦略性&やり込みも魅力
  • コロプラ新作『最果てのバベル』は往年のRPG感があるCSライクな一本―バトルの戦略性&やり込みも魅力
  • コロプラ新作『最果てのバベル』は往年のRPG感があるCSライクな一本―バトルの戦略性&やり込みも魅力
  • コロプラ新作『最果てのバベル』は往年のRPG感があるCSライクな一本―バトルの戦略性&やり込みも魅力

2019年内より、コロプラからサービス開始予定のスマートフォン向け新作RPG『最果てのバベル』。

『ファイナルファンタジー7』『ファイナルファンタジー10』などのシナリオを担当した野島一成氏や、『タクティクスオウガ』『ファイナルファンタジー12』等の音楽を手掛けた作曲家・崎元仁氏がサウンドを担当するなど、ゲームユーザーからの期待度が高い作品になっています。

メインキャラクターのCVを担当するのは、阿部敦さん、石川由依さん、諸星すみれさん、斉藤壮馬さん、甲斐田裕子さん、小西克幸さん、田村睦心さんといった豪華声優陣。ストーリーはもちろん、戦闘中の掛け声などもボイスがあり、物語を盛り上げてくれます。『最果てのバベル』について、プレイレポートをお届けします!

◆個性豊かなキャラクターたちとともに、冒険の旅へ


ストーリーの舞台となるのは、文明を失いかけた人間たちが住む階層都市「バベル」。とある理由で住民たちと隔離された部屋に暮らす主人公・ライが、鳥籠の中で暮らす少女・マイリージャと出会うことから、物語は大きく動き始めます。



他にも、ライの友達のイタクとポッケ、下級バトラーであるトノトなど、さまざまなキャラクターが登場。ライの冒険をサポートしてくれます。




各キャラクターは、三等身の可愛いデフォルメ姿。表情には笑ったり怒ったりといった喜怒哀楽がしっかり表現されており、ストーリーをドラマチックに演出します。


▲何も操作をしないで放置しているとライがストレッチ、トノトが腕組を始めるなど、キャラクターの演出も細やか。

マップは基本的に、スワイプ操作で移動。キャラクターの移動スピードは高めに設定されているため、マップの移動は快適です。フィールドの各所にはシンボルマークが表示され、マークをタップすることで宝箱を調べたり、NPCとの会話が行えます。


◆敵に大ダメージを与える「ブレイク&ダウン」システムが魅力!


敵との戦闘は、移動中にランダムエンカウントで発生。左右の移動中はサイドビュー、上下の移動中はフロントビューの戦闘フェイズへと、シームレスに移行します。



バトルはターン性のコマンドバトル。攻撃・防御のコマンドのほか、SP(スキルポイント)を使用して様々なスキルを発動することができます。もちろん、SPが高いものほど効果は強力で、中にはムービーが用意されているものもあります。




戦闘をさらに盛り上げてくれるのが、「ブレイク&ダウン」というシステム。敵を攻撃することでブレイクゲージが上昇し、ゲージを満タンにすることで敵は「ブレイク状態」に。ブレイク状態では、与えるダメージがなんと2倍に! キャラクターたちが連続で大ダメージを与えるターンは、まさに爽快です。


また、ブレイク状態の敵のゲージをMAXまで溜めると、敵は「ダウン状態」になり、しばらく行動できなくなります。敵によってはダウンするまでSPを温存しておき、ダウン状態のときに強力なスキル攻撃を加えるといった戦略が有効です。


▲ダメージを与えるだけでなく、敵をブレイク状態にしやすくるスキルも用意されています。
ボスに対して積極的に活用していきたい。

◆武器収集、ジョブ育成などやり込み要素がたっぷり


各キャラクターは、ジョブや武器を装備することができ、それによってさまざまな能力・スキルが使えるようになります。


▲ジョブによって、イラストが変化。スキルの変化やキャラクターの新しい一面を見ることができるなど、
コレクター欲が刺激されるシステムです。


ジョブの能力は経験値・アイテムによって強化することが可能。ジョブレベルのほか、それぞれのスキルにもレベルが設定されているなど、かなりのやり込み要素が用意されていました。



細かい陣形の設定ができるのも、本作の特徴です。陣形のパターンは全員の俊敏さがアップする「バランスシフト」や、防御力があがる「ヘビーシールド」など、複数存在。前列・中列・後列のどの位置にキャラクターを配置するかによってダメージ倍率、敵からの狙われやすさが変動します。


ストーリーはもちろん、ジョブ・陣形の組み合わせによる戦略性や、様々なやり込み要素が魅力な『最果てのバベル』。システムやゲームの進行はかなりコンシューマライクかつ、往年の名作RPGを彷彿とさせるので、スマホゲームに触れてこなかった方・苦手意識を持っていた方にとっても、触りやすいのではないでしょうか。

現在はTwitterとLINEなどで事前登録を受け付け中です。気になる方は忘れずに登録をしておきましょう!

『最果てのバベル』公式サイト
https://colopl.co.jp/colopl_babel/
《島中一郎》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズレン』復刻イベント「悲歎せし焔海の詩」で新SSR重巡「ポーラ」実装決定! 妖艶な「ザラ」の姉妹艦

    『アズレン』復刻イベント「悲歎せし焔海の詩」で新SSR重巡「ポーラ」実装決定! 妖艶な「ザラ」の姉妹艦

  2. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

    次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  3. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  4. 『FGO』柳生ハーレムここに爆誕! 柳但と激戦を繰り広げそうな女性サーヴァント6選【特集】

  5. 鉱石病?感染者?主人公たちは誰と戦っているの?『アークナイツ』の奥深くも複雑な世界設定をわかりやすく整理してみよう

  6. 『FGO』福袋2021で最も選ばれたのは? 新年に聖杯を捧げられたサーヴァント第1位は? 気になるデータランキングが公開!

  7. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  8. 『FGO』アナスタシアはなぜ英霊となったのか?史実から考える【ネタバレ有】

  9. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  10. 「『FGO』★5(SSR)シトナイをガチで狙う? それともパス?」結果発表─スルーや様子見は低め、運試し派と全力派が1位を争う!【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る