人生にゲームをプラスするメディア

『ハリー・ポッター:魔法同盟』邦題ロゴ&日本語版第1弾トレーラーを初公開!公式SNSアカウントも開設

ワーナー・ブラザーステレビジョン&ホームエンターテイメントとNianticは、最新のAR(拡張現実)技術を活用したスマートフォンアプリ『ハリー・ポッター:魔法同盟』の邦題ロゴと日本版の第1弾トレーラーを公開しました。

モバイル・スマートフォン iPhone
『ハリー・ポッター:魔法同盟』邦題ロゴ&日本語版第1弾トレーラーを初公開!公式SNSアカウントも開設
  • 『ハリー・ポッター:魔法同盟』邦題ロゴ&日本語版第1弾トレーラーを初公開!公式SNSアカウントも開設

ワーナー・ブラザーステレビジョン&ホームエンターテイメントとNianticは、最新のAR(拡張現実)技術を活用したスマートフォンアプリ『ハリー・ポッター:魔法同盟』の邦題ロゴと日本版の第1弾トレーラーを公開しました。

【以下、リリースより引用】

危機迫る!!集結せよ!「『ハリー・ポッター:魔法同盟』 日本版 第1弾トレーラー」概要


魔法界のモノや魔法生物がマグルの世界(=人間界)に溢れ出し、魔法界は発覚の危機を迎えています 。魔法界の存在はマグルに決して知られてはなりません。『ハリー・ポッター:魔法同盟』では現在公式サイトにて、この危機を救うために協力してくれる魔法使いを募集しています。魔法使いの一員となり、魔法界の存在をマグル(=人間)に知られないようご協力をお願いします。

※魔法使いになる=事前登録完了です。『ハリー・ポッター:魔法同盟』公式サイトからご登録頂けます。

https://harrypotterwizardsunite.com/ja/

『ハリー・ポッター:魔法同盟』日本版 第1弾トレーラー


『ハリー・ポッター:魔法同盟』 日本版公式SNS開設!


『ハリー・ポッター:魔法同盟』では、日本版の公式SNSアカウントを開設しました。最新情報やトレーラーを配信して参ります。ぜひこの機会に公式アカウントをフォローしてご覧ください。

『ハリー・ポッター:魔法同盟』日本版公式 SNS
■Facebook はこちら
https://www.facebook.com/HPMahouDoumeiJP

■Twitter はこちら
文https://twitter.com/HPMahouDoumei

■Instagram はこちら
https://www.instagram.com/hpmahoudoumei

ハリー・ポッター:魔法同盟について


WB Games San Francisco (Warner Bros. Interactive Entertainment の一部門)とNianticが共同開発し、Nianticが配信する『ハリー・ポッター:魔法同盟』では、プレイヤーが世界の謎を解き明かし、呪文を使って、魔法動物やおなじみのキャラクターに出会いながら、現実世界の冒険に出ることができます。

さらに、世界各国に次々と現れる魔法の痕跡を追ったレポートをトレーラー「魔法の痕跡レポート」シリーズとして配信しています。このシリーズはすでに2本配信しており、今後も続々と配信して参ります。マグルの世界(人間界) でいつ、どのような場所にどんな魔法の痕跡が現れるのか、次回のトレーラーにもご期待ください。

■『魔法の痕跡レポート ニフラー編』はこちら


■『魔法の痕跡レポート ニンバス編』はこちら


※ゲームに関する内容およびゲーム内で使用される用語、デザインは、予告なく変更になる場合がございます。
※トレーラーはあくまでもゲームのイメージです。

Warner Bros. Interactive Entertainment について
Warner Bros. Interactive Entertainment は Warner Bros. Home Entertainment, Inc.の一部門。世界でもトップクラスのインタラクティブコンテンツのパブリッシャー、開発会社、ライセンサー、そして販売会社であり、その領域は自社及びサードパーティのコンソール、携帯、スマートフォン、そしてPCといった様々なプラットフォームのゲームに及ぶ。

Niantic, Inc.について
Niantic, Inc.は、スマートフォン端末を通じて、今までに体験したことのないような冒険や発見、現実世界でのつながりを築く体験を作り出す企業です。CEOであるジョン・ハンケは、2011年にGoogleの社内スタートアップとして Niantic Labs (ナイアンティック・ラボ)を設立しました。

2015年9月にNiantic, Inc.としてGoogleから独立した際には、Google Inc.、ポケモングループ、任天堂株式会社からの投資を、2017年にはSpark Capital、Founders Fund、Meritech、Javelin Venture Partners、You & Mr. Jones、NetEase, Inc.から2億ドルの追加投資を受けています。

スマートフォン端末向けに当社が開発・運営を手掛ける、現実世界を舞台にした、AR(拡張現実)を用いたリアルワールドゲーム『Pokemon GO』と『Ingress (イングレス)』は、App StoreまたはGoogle Playから無料ダウンロードできます。第3弾のプロダクト『ハリー・ポッター:魔法同盟 (原題 Harry Potter: Wizards Unite)』は現在、Warner Bros.と共同開発中です。Niantic, Inc.に関する詳細情報は、www.nianticlabs.comをご覧ください。



PORTKEY GAMES, WIZARDING WORLD, HARRY POTTER: WIZARDS UNITE, characters, names
and related indicia (C) and TM Warner Bros. Entertainment Inc. Publishing Rights (C) J.K. Rowling. (C)Niantic, Inc. All Rights Reserved (s18)
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. にじさんじの「英雄」「魔法使い」が沈黙を破る“異世界での過去”とは?―パズルRPG『エレスト』5周年インタビュー

    にじさんじの「英雄」「魔法使い」が沈黙を破る“異世界での過去”とは?―パズルRPG『エレスト』5周年インタビュー

  2. 『アクション対魔忍』セクシー美女をいじれる「プライベートルーム」がパワーアップ!風呂場追加で妄想が捗ったので、新機能紹介も交えて遊んできた

    『アクション対魔忍』セクシー美女をいじれる「プライベートルーム」がパワーアップ!風呂場追加で妄想が捗ったので、新機能紹介も交えて遊んできた

  3. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

    『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  4. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  5. 『ロマサガRS』高難易度クエストに一度は挫折した筆者が送る、抑えておきたい育成方法─まずは戦闘力22,000以上を目指そう

  6. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  7. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  8. 『FGO』約4年使ったスマホを最新機種にしたら世界が変わった話―そのロード時間はステラが如く【特集】

  9. 『アクション対魔忍』不死身お姉さんも真面目にアクション!新プレイアブルキャラ「八津紫」参戦―箱化なんてするわけないだろ、たぶん…

  10. 『FGO』簡易霊衣「風王結界」追加!ステンノ&エウリュアレもリニューアルされる「 [Heaven’s Feel]」III.spring song」公開記念キャンペーン」開催決定

アクセスランキングをもっと見る