人生にゲームをプラスするメディア

「Nintendo Direct 2019.2.14」どのタイトルが一番注目を集めた? 動画再生数からユーザーの関心度をチェック─あの名作リメイクや最新作が話題【特集】

様々な新作タイトルや期待作の続報などを直接届ける「Nintendo Direct」。2019年初となる配信は、2月14日に行われました。

その他 特集
「Nintendo Direct 2019.2.14」どのタイトルが一番注目を集めた? 動画再生数からユーザーの関心度をチェック─あの名作リメイクや最新作が話題【特集】
  • 「Nintendo Direct 2019.2.14」どのタイトルが一番注目を集めた? 動画再生数からユーザーの関心度をチェック─あの名作リメイクや最新作が話題【特集】
  • 「Nintendo Direct 2019.2.14」どのタイトルが一番注目を集めた? 動画再生数からユーザーの関心度をチェック─あの名作リメイクや最新作が話題【特集】
  • 「Nintendo Direct 2019.2.14」どのタイトルが一番注目を集めた? 動画再生数からユーザーの関心度をチェック─あの名作リメイクや最新作が話題【特集】
  • 「Nintendo Direct 2019.2.14」どのタイトルが一番注目を集めた? 動画再生数からユーザーの関心度をチェック─あの名作リメイクや最新作が話題【特集】
  • 「Nintendo Direct 2019.2.14」どのタイトルが一番注目を集めた? 動画再生数からユーザーの関心度をチェック─あの名作リメイクや最新作が話題【特集】

様々な新作タイトルや期待作の続報などを直接届ける「Nintendo Direct」。2019年初となる配信は、2月14日に行われました。

この「Nintendo Direct 2019.2.14」では、ユーザーを驚かす新たなタイトルの発表や、待ち望んでいた作品の続報などが続々と明らかとなり、SNSなどでも大きな話題となりました。

いずれの発表も注目を集めましたが、その中でも特にユーザーの興味を引いた作品はどれなのか。今回は、YouTubeの「Nintendo 公式チャンネル」に登録された各作品の動画再生回数(2月25日13:30時点)を比較し、その関心度をチェックしてみたいと思います。

「Nintendo Direct 2019.2.14」の実施から10日ほど経過しており、ユーザーの動画視聴もある程度落ち着いてきた頃合いでしょう。果たしてどのタイトルが、どれくらいの再生回数を記録したのか。気になる方は、こちらをご覧ください。ちなみに、「Nintendo Direct 2019.2.14」のアーカイブ映像の再生回数は、1,038,366回。圧巻の100万超えを達成しています。

◆3万回~6万回台に複数タイトルが集中! 新作の発表から待望の続報まで


「Nintendo Direct 2019.2.14」では、数多くのタイトルが取り扱われ、ユーザーの関心も多岐に分かれました。動画再生回数として見ると、3万回~6万回台に多くの作品が集中する形に。まずは、この一帯をまとめてご紹介します。


3万回台は、リリース済みの他機種版が好評を博している『Dead By Daylight』(35,619 回)や、シリーズ史上初のオンライン対戦にも対応する『ディズニー ツムツム フェスティバル』(37,759回)、体験版の配信を明らかとした『ヨッシークラフトワールド』(38,456回)の3本。


続いて4万回台は、“続き”も鋭意開発中の『DELTARUNE Chapter 1』(44,643回)、スクウェア・エニックスの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』(47,315回)、体験版「プロトタイプオーダーズ」の配信で驚かせた『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ) 』(48,696回)と続きます。ちなみに『鬼ノ哭ク邦』は、公式サイトにて「1st Trailer」を同日公開。こちらは、81,542回の再生回数となっており、注目度の高さを窺わせます。


そして、『Bloodstained: Ritual of the Night』の視聴回数が58,477回に。主人公の華麗な動きや、「重力を反転」「光に姿を変えて移動」といった特殊能力を発揮する映像がお披露目されたほか、待望の発売時期も2019年夏に決定。こちらも気になる一作です。


そして、6万回台にのぼったのが、『MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order』(68,496回)。数多くのMARVEL作品から30体以上ものヒーローが参戦し、最大4人のマルチプレイを楽しむことができます。スイッチは持ち運びやすいので、ローカル通信への対応も嬉しいポイントです。



次ページからは、ランキング形式でご紹介。まずは5位から10位まで!
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ぷよクエ』「ぷよクエカフェ2019」東京会場、本日6日にオープン─オリジナルグッズ&ゲーム内クエストの詳細を発表!

    『ぷよクエ』「ぷよクエカフェ2019」東京会場、本日6日にオープン─オリジナルグッズ&ゲーム内クエストの詳細を発表!

  2. 「CygamesFes2018」はコスプレが熱い!『グラブル』公式レイヤーから『ドラガリ』中国人気レイヤーまで【写真132枚】

  3. 『ポケカ』「ニャースV」だけが目玉じゃない!ジオラマの完成度や「ニャース(キャダイマックスのすがた)」の迫力に震えた「挑戦状イベント」レポ

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームオブザイヤーに納得がいかない

  5. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  6. 名だたる中国公式コスプレイヤーから痛車展示まで!アークナイツ、Epic Seven、ネコぱらいてん!の本気度を見よ【写真57枚】

アクセスランキングをもっと見る