人生にゲームをプラスするメディア

『スマブラSP』参戦ファイターの原作ゲームをチェックしよう! 今遊ぶためのお勧めプラットフォームも紹介【単体参戦&コラボ作品編】

作品の垣根を越え、数多くのキャラクターが参戦する人気シリーズ『大乱闘スマッシュブラザーズ』。その最新作となるニンテンドースイッチソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、スマブラSP)が、12月7日に発売を迎えました。

その他 特集
『スマブラSP』参戦ファイターの原作ゲームをチェックしよう! 今遊ぶためのお勧めプラットフォームも紹介【単体参戦&コラボ作品編】
  • 『スマブラSP』参戦ファイターの原作ゲームをチェックしよう! 今遊ぶためのお勧めプラットフォームも紹介【単体参戦&コラボ作品編】
  • 『スマブラSP』参戦ファイターの原作ゲームをチェックしよう! 今遊ぶためのお勧めプラットフォームも紹介【単体参戦&コラボ作品編】
  • 『スマブラSP』参戦ファイターの原作ゲームをチェックしよう! 今遊ぶためのお勧めプラットフォームも紹介【単体参戦&コラボ作品編】
  • 『スマブラSP』参戦ファイターの原作ゲームをチェックしよう! 今遊ぶためのお勧めプラットフォームも紹介【単体参戦&コラボ作品編】
  • 『スマブラSP』参戦ファイターの原作ゲームをチェックしよう! 今遊ぶためのお勧めプラットフォームも紹介【単体参戦&コラボ作品編】

作品の垣根を越え、数多くのキャラクターが参戦する人気シリーズ『大乱闘スマッシュブラザーズ』。その最新作となるニンテンドースイッチソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、スマブラSP)が、12月7日に発売を迎えました。

製品版で参戦するファイターだけでも、シリーズ史上最大の74体(早期購入特典のパックンフラワーを含めると75体)。過去作に一度でも登場したファイターは全員参戦しており、かつてないボリュームで“大乱闘”を繰り広げます。


『スーパーマリオ』や『ポケットモンスター』、『ゼルダの伝説』などのシリーズは世界規模で知られており、参戦するファイターたちも名の知れた面々ばかり。ですが、『スマブラSP』は最新ゲームのキャラだけでなく、ファミコン時代のタイトルから登場するファイターなども少なくありません。また、任天堂作品以外のコラボレーションファイターも、参戦者の一角を大きく占めています。

前回は、複数のファイターが参戦するシリーズ作品の代表作を独断でピックアップし、一例として取り上げさせていただきましたが、今回は単体で参戦する作品やコラボレーションファイターの代表作などを紹介致します。本作を通じて各ファイターが気になった方は、原作のゲームを遡ってプレイし、より理解を深めてみてはいかがでしょうか。


複数のファイターが参戦するシリーズ作品については、よろしければ以前公開した記事をご覧ください。また、Wii版のバーチャルコンソールについては、Wiiへのポイント追加ができない現状を踏まえ、今回の記事では取り上げていません。

【関連記事】
『スマブラSP』参戦ファイターを詳しく知りたい! 原作ゲームをチェックしよう─今遊ぶための手段もご紹介【複数参戦作品編】
『スマブラSP』で“ニンテンドースイッチ”デビューをする方にもお勧め! 100円ショップで手に入るスイッチ向けアイテム4選


◆ヨッシーやキャプテン・ファルコン、リトル・マックも! 新旧幅広い参戦ファイター



■ヨッシー:ヨッシー
マリオファミリーでもありますが、『スマブラSP』公式サイトに記載されたカテゴリー分けに則り、『ヨッシー』シリーズからの単体参戦としてピックアップ。初登場を果たしたのは『スーパーマリオワールド』で、こちらはWii UとNew 3DSのバーチャルコンソール版(以下、VC版)がリリースされています。

また、『スーパーマリオワールド』は、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(以下、ミニスーファミ)でプレイすることもできます。『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』も収録されているので、合わせて遊んでみるのも一興でしょう。

『スマブラSP』を遊ぶには、ニンテンドースイッチが欠かせません。なので、スイッチで遊べれば他のハードを用意する手間が省けます。その点で考えると、有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」に加入することで利用できる「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」にて、『ヨッシーのたまご』が遊べます。

直近でいえば、『ポチと! ヨッシー ウールワールド』が3DS向けに登場。『ヨッシー』シリーズの最新作を楽しみたい方は、こちらをチョイスしましょう。ちなみに、2019年には『ヨッシークラフトワールド』が発売される予定です。


■F-ZERO:キャプテン・ファルコン
原作ゲームでは、超一流のレーサーとしてその腕を振るう「キャプテン・ファルコン」ですが、『スマブラ』シリーズではその剛腕を直接相手に叩き込むファイターとして暴れます。シリーズ1作目の『F-ZERO』は、Wii UとNew 3DS向けのVC版がリリースされているほか、「ミニスーファミ」にも収録。

このほかにもシリーズ作は複数リリースされていますが、Wii UのVC版がある『F-ZERO X』、『F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE』、『F-ZERO ファルコン伝説』、『F-ZERO クライマックス』などが、アクセスしやすい環境にあると言えます。『F-ZERO GX』のみ、オリジナル版しかないのが残念なところです。


■アイスクライマー:アイスクライマー
2人で遊ぶと、協力プレイのはずがいつの間にか対戦プレイになっていることも少なくない『アイスクライマー』。床の滑り具合が絶妙で、雪山登山(とは言い難い面もありますすが)の厳しさを思い知らされます。

『スマブラ』シリーズには、1P(ポポ)と2P(ナナ)の操作キャラがふたり一組で参戦。原作は、アーケード版などもありますが、遊びやすいのはファミコンソフトをベースとしたVC版でしょう。Wii Uおよび3DS向けに配信されています。また、「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」で、『アイスクライマー』が遊べます。サービスに加入している方は、そちらのご利用ください。また、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(以下、ミニファミコン)にも収録されています。


■ゲーム&ウォッチ:Mr.ゲーム&ウォッチ
任天堂が、ファミリーコンピュータよりも前に展開していた携帯型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」。1台のハードにひとつのソフトが収録されており、多彩なタイトルがハードと共に展開していました。

『スマブラ』シリーズに登場する「Mr.ゲーム&ウォッチ」は、「ゲーム&ウオッチ」シリーズに登場した様々な作品をモチーフとしているため、原作に当たるゲームが複数あります。元ネタとなったゲームを全てチェックするのはかなり厳しいかと思いますが、まずはニンテンドーDSiウェア版として「ゲーム&ウオッチ」8作品がリリースされています。ちなみに、ニンテンドーDSi / DSi LLの「ニンテンドーDSiショップ」はすでに終了しているので、DSiウェア版を遊びたい方は3DSを活用しましょう。

また、「ゲーム&ウオッチ」のオリジナル版およびリメイク版を複数収録した『ゲームボーイギャラリー』シリーズが展開しており、第1作目では「マンホール」「ファイア」「オクトパス」「オイルパニック」が遊べます。この『ゲームボーイギャラリー』シリーズは、1作目と2作目が3DS向けに、そして4作目がWii U向けに、それぞれVC版が配信されています。ちなみに『ゲームボーイギャラリー3』のVC版は、プレゼントキャンペーンの特典として配信されており、VC版の単体販売は行われていません。


■ファミリーコンピュータ ロボット:ロボット
「ファミリーコンピュータ ロボット」は、ファミリーコンピュータと連動して動く周辺機器のひとつ。その体験自体が「ファミリーコンピュータ ロボット」の楽しさなので、実際にこの機器を用意する以外に、原点を余すことなく味わう手段がありません。

その一方で、様々な作品にゲスト出演を果たしており、間接的にこの「ロボット」を知った方も少なくないのでは。そんなゲスト出演作品の中で、最も色濃く活躍しているタイトルと挙げるとすれば、ファイターとして参戦している『スマブラ』シリーズでしょう。本作で「ロボット」を味わい尽くすことが、「ロボット」について知る現実的な手段と言えるかもしれません。


■ダックハント:ダックハント
『ダックハント』は、専用の光線銃型コントローラーと連動して楽しむハンティングゲーム。ガンシューティングの黎明期に活躍した作品のひとつです。前述の「ロボット」と同様に、光線銃型コントローラーを用いた体験が魅力なので、一通りの機器を揃えるのが原点を辿る唯一の方法です。

強いて挙げるならば、『はじめてのWii』で遊べるステップ1「シューティング」の構成が、『ダックハント』を連想させるものとなっています。Wiiリモコンを銃に見立てて遊ぶので、普通のコントローラーより操作感覚が近いのもポイントです。


■パンチアウト!!:リトル・マック
シリーズの原点を辿るならばアーケード版ですが、現実的には難しいため、ファミコンソフトをベースとしたVC版が3DSならびにWii U向けにリリースされているので、手軽さの点ではこちらがお勧めです。また、「ミニファミコン」にも収録されているほか、2009年にリメイクされたWiiソフト『PUNCH-OUT!!』が、Wii U向けのダウンロードソフトとしてリリースされています

シリーズ作ではありませんが、Wiiソフト『キャプテン★レインボー』にも「リトル・マック」が登場。ゲスト的なスポット参戦ではなく、主要人物のひとりなので、彼の人となりの一端を窺うことができます。その意外な姿も必見なので、興味がある方はこちらも合わせてチェックしてみて下さい。



活躍が続く名シリーズからも参戦! イカしたニューフェイスも
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを更新!やはり「こすってつまんでパンツを穿かせるRPG」の関連作品か?

    コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを更新!やはり「こすってつまんでパンツを穿かせるRPG」の関連作品か?

  2. e-Sportsのコーチをお探しなら!「Lead Gamers」2月上旬公開―事前登録も開始

    e-Sportsのコーチをお探しなら!「Lead Gamers」2月上旬公開―事前登録も開始

  3. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを公開!クリックで服が透け…

  4. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを更新!スイッチ向け作品の可能性が濃厚か?

  5. 『FFXIV』エオルゼア料理があなたの胃袋に?ファンメイドの料理レシピ本が公開に

  6. 「ドラゴンボール」新作ゲームの情報が明らかに―「Z」世界を舞台にしたアクションRPG!

  7. グリー、クリエイターとファンを繋ぐ新コミュニティプラットフォーム「Fanbeats」を開始─“インサイドちゃん”も早速参加!

アクセスランキングをもっと見る