人生にゲームをプラスするメディア

鎌池和馬×はいむらきよたか×スクエニによる新規オリジナルプロジェクトが始動!詳細は10月7日開催の“秋の電撃祭”にて公開

スクウェア・エニックスは、ストレートエッジとの共同原作による新規オリジナルプロジェクトの始動を発表しました。

ゲームビジネス その他
鎌池和馬×はいむらきよたか×スクエニによる新規オリジナルプロジェクトが始動!詳細は10月7日開催の“秋の電撃祭”にて公開
  • 鎌池和馬×はいむらきよたか×スクエニによる新規オリジナルプロジェクトが始動!詳細は10月7日開催の“秋の電撃祭”にて公開

スクウェア・エニックスは、ストレートエッジとの共同原作による新規オリジナルプロジェクトの始動を発表しました。

本プロジェクトでは、シナリオをライトノベル作家・鎌池和馬氏(代表作:『とある魔術の禁書目録』)、キャラクター原案をイラストレーター・はいむらきよたか氏(代表作:『とある魔術の禁書目録』シリーズ挿絵)、OPアニメーション制作をTRIGGER(代表作:『キルラキル』)が担当。

主題歌は、TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』のエンディングテーマなどを担当した「MYTH & ROID」による『Future is Mine』となるなど、豪華クリエイター陣が集結したプロジェクトとなっています。

本プロジェクトの始動に合わせて、ティザーサイトも公開。プロジェクトの詳細は、10月7日に開催される「電撃文庫25周年記念 秋の電撃祭」にて発表予定です。なお、本イベントのサテライトステージより生配信も決定しています。10月7日の発表をお楽しみに!

■新規オリジナルプロジェクト ティザーサイト
https://www.jp.square-enix.com/11calamities/



©鎌池和馬/ストレートエッジ/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

    「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  3. 【Unite Japan 2014】スマホゲームに「シェアボタン」を!Unityが買収した「Everyplay」の魅力を徹底紹介

    【Unite Japan 2014】スマホゲームに「シェアボタン」を!Unityが買収した「Everyplay」の魅力を徹底紹介

  4. 業界への就職を目指すあなたへ!「ゲーム・アーティスト・オーディション」ロングインタビュー!

  5. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  6. 忍ismがプロゲーミングチームを設立―『ストリートファイター』『スプラトゥーン2』で3月から始動

  7. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  8. 【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

  9. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』『The MISSING J.J.マクフィールドと追憶島』『竜星のヴァルニール』他

  10. 【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

アクセスランキングをもっと見る