人生にゲームをプラスするメディア

セガサミー、インデックス買収を正式発表・・・「アトラス」ほか事業の大半を取得

ゲームビジネス その他

「アトラス」ブランドで高い人気を誇る「ペルソナ」シリーズ
  • 「アトラス」ブランドで高い人気を誇る「ペルソナ」シリーズ
セガサミーホールディングスは、インデックスより事業の大半を取得することで事業譲渡契約書を締結したと発表しました。

取得する事業はデジタルゲーム事業(家庭用ゲーム、ソーシャルゲーム)、コンテンツ&ソリューション事業(コンテンツ配信、システム開発、遊技機関連開発受託、インターネット広告など)、アミューズメント事業(業務用アミューズメント機器の開発・販売)など事業の大半で、上記に関連する有形・無形の固定資産及び知的財産、さらに海外子会社の株式なども取得します。

一方、有利子負債を含む負債については原則継承しないとのこと。取得金額は明らかにされていませんが、約140億円と報道されています。インデックスの有利子負債は2月末時点で193億円でした。

両社は、インデックスが開発した家庭用ゲームの国内流通をセガが受託しているほか、インデックスはサミーのパチンコ・パチスロ遊技機の液晶演出、制御基板の開発を受託するなどの関係にありました。

今回の買収によってセガは優良IPを取得し、PCオンラインゲーム、スマートデバイス、遊技機、アミューズメント機器、アミューズメント施設など多岐に展開することでIP価値の最大化を図ることができると期待しています。

セガサミーは本日付でセガが100%出資して株式会社セガドリームを設立。同社がインデックスから事業を取得します。なお、セガドリームは今後社名の変更を予定しているとのこと。譲渡の実行日は11月1日。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

    2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

    バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  4. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  7. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  8. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

アクセスランキングをもっと見る