人生にゲームをプラスするメディア

セガサミー、インデックス買収を正式発表・・・「アトラス」ほか事業の大半を取得

ゲームビジネス その他

「アトラス」ブランドで高い人気を誇る「ペルソナ」シリーズ
  • 「アトラス」ブランドで高い人気を誇る「ペルソナ」シリーズ
セガサミーホールディングスは、インデックスより事業の大半を取得することで事業譲渡契約書を締結したと発表しました。

取得する事業はデジタルゲーム事業(家庭用ゲーム、ソーシャルゲーム)、コンテンツ&ソリューション事業(コンテンツ配信、システム開発、遊技機関連開発受託、インターネット広告など)、アミューズメント事業(業務用アミューズメント機器の開発・販売)など事業の大半で、上記に関連する有形・無形の固定資産及び知的財産、さらに海外子会社の株式なども取得します。

一方、有利子負債を含む負債については原則継承しないとのこと。取得金額は明らかにされていませんが、約140億円と報道されています。インデックスの有利子負債は2月末時点で193億円でした。

両社は、インデックスが開発した家庭用ゲームの国内流通をセガが受託しているほか、インデックスはサミーのパチンコ・パチスロ遊技機の液晶演出、制御基板の開発を受託するなどの関係にありました。

今回の買収によってセガは優良IPを取得し、PCオンラインゲーム、スマートデバイス、遊技機、アミューズメント機器、アミューズメント施設など多岐に展開することでIP価値の最大化を図ることができると期待しています。

セガサミーは本日付でセガが100%出資して株式会社セガドリームを設立。同社がインデックスから事業を取得します。なお、セガドリームは今後社名の変更を予定しているとのこと。譲渡の実行日は11月1日。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

    【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

  2. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

    県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  3. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  4. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  5. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  6. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 「まどマギ」などのゲームを開発していたネクストリーの破産開始が決定

  9. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  10. 【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

アクセスランキングをもっと見る