人生にゲームをプラスするメディア

快適オート機能搭載のローグライクRPG!モバイル版『ドラゴンファングZ』も展示のトイディアブースレポ【TGS 2018】

2018年9月22日より本格的に幕を開けた「東京ゲームショウ 2018」。インディーコーナー、株式会社トイディアブースでは、ローグライクRPG『ドラゴンファングZ』モバイル版などの展示が行われていました。

モバイル・スマートフォン iPhone
快適オート機能搭載のローグライクRPG!モバイル版『ドラゴンファングZ』も展示のトイディアブースレポ【TGS 2018】
  • 快適オート機能搭載のローグライクRPG!モバイル版『ドラゴンファングZ』も展示のトイディアブースレポ【TGS 2018】
  • 快適オート機能搭載のローグライクRPG!モバイル版『ドラゴンファングZ』も展示のトイディアブースレポ【TGS 2018】
  • 快適オート機能搭載のローグライクRPG!モバイル版『ドラゴンファングZ』も展示のトイディアブースレポ【TGS 2018】

2018年9月22日より本格的に幕を開けた「東京ゲームショウ 2018」。インディーコーナー、株式会社トイディアブースでは、ローグライクRPG『ドラゴンファングZ』モバイル版などの展示が行われていました。

同作は、PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/Steamにて配信中の本格ローグライクRPG。今回のモバイル版は、当面は先日各機種向けに発売された追加ダンジョンDLCを含まない本体のみの移植となりますが、なんと最大の特徴としてユニークな「オートモード」を搭載しています。


開発チームによれば、モバイルでの操作量を削減し、ユーザーに快適な体験を与えるために実装されたこの機能。画面上に設置された「オート」ボタンを押し続けている間、自動でアイテムの取得や装備、戦闘などを含めてダンジョン探索を行っていくことができます。もちろん、いつでも瞬時にマニュアル操作に戻れるため、ゲームを損なうこともありません。なお、先行する各機種版へのオート機能逆移植についてはあくまで「検討中」とのことでした。


トイディアブースでは、他にもモバイル/Webブラウザ向けのカジュアルな新作タイトルとして『ドギーニンジャ ニンニンドロップ』を展示。こちらは、ゲームセンターにあるようなアイテムの押出しゲームと、すごろくが組み合わさったような内容のタイトルで、誰でも気軽にプレイできる空気のタイトルでした。

『ドラゴンファングZ』モバイル版、『ドギーニンジャ ニンニンドロップ』共に2018年冬配信予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズレン』新規大型海域イベント「黒鉄の楽章、誓いの海」5月下旬開催!中国版2周年記念の新衣装も大公開【生放送まとめ】

    『アズレン』新規大型海域イベント「黒鉄の楽章、誓いの海」5月下旬開催!中国版2周年記念の新衣装も大公開【生放送まとめ】

  2. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  3. 『ロマサガRS』お勧めの育成キャラ結果発表!評価基準は耐久力と火力…1位はあの大剣使い【読者アンケート】

    『ロマサガRS』お勧めの育成キャラ結果発表!評価基準は耐久力と火力…1位はあの大剣使い【読者アンケート】

  4. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  5. 『デレステ』2人の新アイドル「久川凪」&「久川颯」登場! ユニット「miroir」としてイベントコミュでも活躍

  6. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  7. 子作りしましょ!『キングオブライフ』正式リリース―今始めると5000円相当のゲーム内アイテムをプレゼント

  8. G123『ビビッドアーミー』個性豊かな18人の英雄を追加!陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けろ

  9. 日本上陸のマルチエンディングRPG『永遠の七日』が配信開始!ライターが推す神器使いは?“俺の嫁”“私の婿”戦争

  10. 『ポケモン GO』5月コミュニティ・デイ「アチャモ」の特別わざは「ブラストバーン」に決定―究極わざ習得を目指そう!

アクセスランキングをもっと見る

1