人生にゲームをプラスするメディア

『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

カプコンは9月18日、IR資料「開発中止損の計上に関するお知らせ」を公開し、『デッドライジング』シリーズで知られるカプコン・ゲーム・スタジオ・バンクーバーの開発中作品を見直した結果、45億円の特別損失が発生したことを明らかにしました。

その他 全般
『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上
  • 『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

カプコンは9月18日、IR資料「開発中止損の計上に関するお知らせ」を公開し、『デッドライジング』シリーズで知られるカプコン・ゲーム・スタジオ・バンクーバー(Capcom Vancouver)の開発中作品を見直した結果、45億円の特別損失が発生したことを明らかにしました。

海外メディアは、このニュースに関連して、Capcom Vancouverの閉鎖を報道。公式ツイッターも、閉鎖が事実であることを明らかにしています。


Capcom Vancouverは2005年に“Blue Castle Games”として創業、2K Sportsの野球ゲーム『The Bigs』シリーズなどを手がけました。2010年には、カプコンのゾンビパラダイスアクション『デッドライジング2』を手掛け、同年にカプコンが子会社化、以後は『デッドライジング』シリーズの開発を一手に引き受けてきました。

しかし、『デッドライジング4』の売り上げが低調だったことに加え、2018年2月には未公開タイトルの開発中止、モバイルゲーム『Puzzle Fighter』のサービス終了とスタジオに対する逆風は止まりませんでした。

なお、同スタジオの公式サイトは閉鎖され、アクセスするとカプコンのリージョナルサイト(日本からはカプコン公式サイト)へリダイレクトされるようになっています。
《岩井省吾》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 聖杯戦争の“その後”を描く星空めてお氏最新作「Fate/Requiem」発表!「私は死神――サーヴァントを殺す仕事をしている」

    聖杯戦争の“その後”を描く星空めてお氏最新作「Fate/Requiem」発表!「私は死神――サーヴァントを殺す仕事をしている」

  2. 「ハイスコアガール」TVシリーズ後の物語!ROUND13~15詳細明らかに 新キャスト発表

    「ハイスコアガール」TVシリーズ後の物語!ROUND13~15詳細明らかに 新キャスト発表

  3. スカパー!調べによる「平成の感動ランキング」が公開!ハマったゲーム男性1位は『ドラクエ』、女性1位は『ディズニー ツムツム』に

    スカパー!調べによる「平成の感動ランキング」が公開!ハマったゲーム男性1位は『ドラクエ』、女性1位は『ディズニー ツムツム』に

  4. 『FGO』第三再臨の姿を忠実に再現!勇壮さと華やかさを兼ね備えた「セイバー/宮本武蔵」2019年11月より発売

  5. 舞台『FGO』全キャラビジュアル公開!マーリンやギルの再現度は?

  6. ニッポンのゲームは「日本」を再発見して復活した【オールゲームニッポン最終回】

  7. きりーつ!気をつけ!「ねんどろいど 月ノ美兎」2019年6月発売決定─動画のあのシーンも再現できちゃう

  8. 「CygamesFes2018」はコスプレが熱い!『グラブル』公式レイヤーから『ドラガリ』中国人気レイヤーまで【写真132枚】

  9. 高さ約8m…巨大スライムが あらわれる!『ドラクエ ビルダーズ2』みなとみらいにて記念イベント開催

  10. 【週刊インサイド】『スマブラSP』小ネタ8選に読者の関心が集中!─『アズールレーン』加賀の新たな姿や『FGO』新サーヴァントも要注目

アクセスランキングをもっと見る