人生にゲームをプラスするメディア

『NBA 2K19』ローンチイベントin NY!ホントの試合/映画のようなハンズオン【日本独占】

ニューヨークで行われた新作『NBA 2K19』のローンチイベントでプレイした本作のハンズオンをお届け!あの現役NBA選手も来場……?

ソニー PS4
『NBA 2K19』ローンチイベントin NY!ホントの試合/映画のようなハンズオン【日本独占】
  • 『NBA 2K19』ローンチイベントin NY!ホントの試合/映画のようなハンズオン【日本独占】
  • 『NBA 2K19』ローンチイベントin NY!ホントの試合/映画のようなハンズオン【日本独占】
  • 『NBA 2K19』ローンチイベントin NY!ホントの試合/映画のようなハンズオン【日本独占】
  • 『NBA 2K19』ローンチイベントin NY!ホントの試合/映画のようなハンズオン【日本独占】
  • 『NBA 2K19』ローンチイベントin NY!ホントの試合/映画のようなハンズオン【日本独占】
  • 『NBA 2K19』ローンチイベントin NY!ホントの試合/映画のようなハンズオン【日本独占】
  • 『NBA 2K19』ローンチイベントin NY!ホントの試合/映画のようなハンズオン【日本独占】
  • 『NBA 2K19』ローンチイベントin NY!ホントの試合/映画のようなハンズオン【日本独占】
2018年9月7日(金)に20周年記念エディションが発売予定の『NBA 2K19』(通常版は9月11日発売予定)。NBA公認の大人気バスケゲーム最新作を待ち望むファンも多い中、現地時間8月29日にはアメリカ・ニューヨークにて、プレス向け『NBA 2K19』ローンチイベントが実施されました。編集部は、そのイベント内の試遊台で本作をプレイできましたので、そのハンズオンをお伝えします。

今回体験できたのは、Xbox One版。ハンズオンブースは、大きめのスクリーンでプレイできるようになっていて、試遊台が1列に8台並び、さらにそれが4列展開されているという大規模なものでした。


体験して感じたことは、まず映像がかなりリアルだということです!前作のグラフィックも感動したものですが、試合中は、自分が実際にバスケをしているような感覚にすら陥ります。アニメーションも、本物のNBAプレイヤーの動きを見ているようです。操作に夢中になっていると、 前に進んだり逆方向へ回転したりする際に、目が回るような感覚も起こるほどでした。

それでは早速、今回体験したPrelude版の画面をお届けします。スタート画面はこのように、カバーと揃えたアートワークの演出がクールな雰囲気を醸し出していました。


右端の「NBA 2K19: The Prelude Info」を押すと、プレオーダーができる画面に飛びます。


また、スタート画面にある「MyCAREER」モードは、自分のキャラクターを作り、その選手を成長させていく様子がストーリー仕立てで描かれます。これは『NBA 2K』シリーズにおける人気プレイモードの一つです。

このモードでは、まるで映画を見ているようなストーリー展開に心が躍ります。もちろん、自分がカスタマイズしたキャラクターをプレイヤーとして成長させ、試合で勝ち上がっていかなければならないので、緊張感もあります。このサクセスストーリーの舞台は中国からGリーグ、最後はNBAへとつながっていきますが、自分でカスタマイズしたプレイヤーがNBA選手へと成長する様子を体感できる、 夢が膨らむモードです。


画面左端にある「Begin MyCAREER」を押すと、ストーリーが始まります。監督が出てきて、いよいよここからサクセスストーリーが始まるという感じがします。


自分のキャラクターをデザインします。


名前も付けることができ、今回は適当にQWと名付けました。このサクセスストーリーは上海リーグからスタートなので、アジア系の選手にしてみました。ヴァイタル 、ポジション、身長・体重・ウィングスパンなどを自分で設定できます。





設定が終わるといよいよゲーム開始です!上海ベアーズの選手として十分に活躍できることを祈ります!



基本の操作は、Aでパス、Xでゴール(シュート)です。ディフェンスの時は、自分でボールを奪いに行くこともできます。初心者の場合、最初は操作に慣れないかもしれませんが、そんなに難しい操作ではないため、だんだん慣れていきますし、そのうち、ゲームに熱中できるようになっていきます。ちなみに、基本的な操作方法は『NBA 2K19 Playgrounds 2』も同じです。


途中、『NBA 2K19』から新たに導入された「テイクオーバー」システムについて説明画面をチェックしました。「テイクオーバー」とは、調子がいい選手が、主な「アーキタイプ」に応じたスペシャルスキルや、アニメーション、ブーストが使えるようになるというシステムです。なお、「アーキタイプ」は、各選手のポジションや特徴によって変わります。

テイクオーバーの一例としては、普通ではできないようなコンタクトシュートを決められる「スラッシャー/アスレチックフィニッシャー」、ゲーム内で最も優れている、かなり高い精度の3ポイントシュートである「シャープシューター/ストレッチビッグ」などがあります。シュートだけでなく、「プレイメーカー/ポイントフォワード」は、 ピンポイントのパスを出すことができ、チームメイトのシュート成功率を上げることもできます。

また、ここでは画像はありませんが、『NBA 2K19』では、ゲームプレイの強化も見られるとのことです。例えば、優れた選手は、ドリブルやボールコントロール、シュートの際にディフェンダーを寄せ付けないことができるという「ボディアップライドシステム」などが挙げられます。




劣勢の時はタイム・アウトを取ることもできます。


残念ながらQWの所属する上海ベアーズの一員としての初戦は負けてしまいました。筆者の操作がうまくないせいで、チームの足を引っ張ってしまったと反省……。最後には、エンドロールが流れ、まさしく本当の映画のよう。

実は豪華な声優陣も「MyCAREER」モードの魅力の一つなのです。『アベンジャーズ』のファルコン役でお馴染みアンソニー・マッキーや『フレンズ』のマイケル・ラパポートの名前もありました。


他にも会場で撮影した『NBA 2K19』の最新画像をご紹介します。まるで本物のNBAを見ているような錯覚に陥りました。テレビの画面もとてもリアルです。





なお、会場にはNBAプレイヤーのゲストも訪れていたのですが、ハンズオン会場にはダミアン・リラード選手の姿も。報道陣の写真撮影にも快く応じていました。


『NBA 2K19』は、新たな「テイクオーバー」システムや、ゲームプレイのスキルやアニメーションの強化が加わり、シリーズ最高傑作と言われています。「MyCAREER」も舞台やストーリーが今までは打って変わって、全く違うものになっています。レブロン・ジェームズがカバーとなる20周年記念エディションは通常版より早い、2018年9月7日(金)に発売予定です(通常版は9月11日発売予定)。

協力:テイクツー・インタラクティブ
《chucco》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

    PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  3. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  4. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  5. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  6. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. 「龍が如くスタジオ」× 木村拓哉のリーガルサスペンスが展開!『JUDGE EYES:死神の遺言』12月13日発売決定

  9. PS4『R-Type Dimensions EX』PS Storeにて20日より発売開始!1月3日までは期間限定で20%オフ

  10. PS4版『PUBG』は実際どうなのか?インベントリ等に不満がありつつも「王道の面白さ」を確認【特集】

アクセスランキングをもっと見る