人生にゲームをプラスするメディア

【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】同人ゲームを作る時、プロの力は借りるべきなのか?

いつか自分(インサイドちゃん)が主役のゲームが出ないかな……と思っているボクの連載「インサイドちゃんのゲーマー人生相談(略してイン談)」第67回目ほ。

その他 全般
【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】同人ゲームを作る時、プロの力は借りるべきなのか?
  • 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】同人ゲームを作る時、プロの力は借りるべきなのか?

いつか自分(インサイドちゃん)が主役のゲームが出ないかな……と思っているボクの連載「インサイドちゃんのゲーマー人生相談(略してイン談)」第67回目ほ。今回のお悩みはこちら。

初めまして。

僕は最近プログラミングを勉強し、長年の夢であった同人ゲームの制作を始めました。ロボットアニメが好きだった僕は、そんなメカが活躍するゲームを作ろうと、プログラムから登場メカも自作していたのですが、ゲーム会社に勤める友人から「今は同人ゲームも激戦区だから、素材はプロのデザイナーさんに発注しないと見向きもされないよ」と言われてしまいました。

デザイナーさんに発注するには莫大なお金も必要ですし、出来上がったゲームも私の作品ではなくて、そのデザイナーさんの作品になってしまうような気がして怖いのです。(アニメやゲームでも、デザイナーさんの名前を前に出してくる事、よくありますよね?)

僕はどう考えれば良いのでしょうか?
プロに素材を発注するべきなのでしょうか?

「名も無き司令官」さん

おお~、自分でゲームを作りたくてプログラミングを勉強するとはなかなかすごいほ。ゲームが好きでも作ってしまおうと思える人は希少だと思うので、ぜひその情熱で作品を完成させて欲しいほ。

相談の中であったように、同人ゲームも確かに競争は激しいと思うほ。Steamのインディーゲームなんかも数が増えすぎてえらいことになっているし、確かに作ったからといって人気になるかはまた別の話ほ。

自分が何をしたいのか考えて



「……とはいえ、名も無き司令官さんの場合は別に友達の意見を聞かずにひとりでやってもいいと思うほ。今回の相談において重要なのは、そもそも何を目指しているかということほ。

もし作った作品を大人気のゲームにしたいというならプロに協力を仰ぐのがいいと思うけど、たぶん話を聞く限り、名も無き司令官さんは既に自分の中に作りたいロボットゲーム像があると思われるほ。となると、それを形にすることが最も目指すべきことだと思うし、そもそもそれをしたいがためにプログラミングを頑張ったはずほ。

規模が小さくなるにしても完成させてみれば自分が何をしたいのかより明確にわかるだろうし、そのゲームを見て共感してくれる人もいるはずだし、そこから同人ゲームの制作に協力してくれる人が見つかるなんてこともありうるほ。なので、まずは多くのものを求めず、いま目指しているものを完成させることが大事なんじゃあないかと思うわけほ。

確かにゲームは商業的な商品でもあるけれども、同人ゲームは制作者の個性の発露という側面も大きいほ。というわけで、ぜひとも自分の思い描くロボットゲームを作り上げて欲しいほ。」

ボクもロボに乗ってビルとか壊したいほ~。というわけで、引き続きお悩みを募集中だほ。コメント欄は閉鎖されちゃったので問い合わせフォームに「人生相談」とか記載して送ってくれほ。

■インサイドちゃん プロフィール

たまにインサイド編集部で仕事を手伝う謎のVTuber。好きなロボットはペッパーくん。

インサイドちゃんのゲーマー人生相談のアーカイブを見る
《インサイドちゃん》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

    「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

  2. ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

    ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

  3. 【週刊インサイド】『FGO』×ローソンコラボキャンペーンが話題に! 気品あふれる中国コスプレイヤーやユニークな特集もご覧あれ

  4. 「神秘的な美しさ」「本物みたい」『FGO』マリーからネロまで気品あふれる中国コスプレイヤー板醫生【インタビュー】

  5. ポケモンカード「GXウルトラシャイニー」11月2日発売─あの「テテフ」はもちろん、色違いGX「ジガルデ」&「レックウザ」も収録!

  6. インサイドちゃんが突然消えた!キャラコン見本市「chara1 oct.2018」『CisLugI-シスラギ-』×『FATAL TWELVE』ステージレポート

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 『ドラゴンクエストX』を題材にした実写ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」の公式Twitterがオープン―本作が10倍楽しめる情報を発信予定!

アクセスランキングをもっと見る