人生にゲームをプラスするメディア

ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ

ゲームビジネス その他

ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ
  • ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ
  • ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ

double jump.tokyoは、ブロックチェーン技術を活用した新作タイトル『My Crypto Heroes』を、2018年夏のリリースに向けて開発していると発表しました。

本作はブロックチェーン上の“世界の歴史上の英雄達”やアイテムを集めながら、仮想世界の制覇を目指すというゲームで、獲得出来る「ヒーロー」「アイテム」「領地」といったアセットはユーザー自身が所有権を持つことが可能。何らかの理由でゲームサーバーが停止しても、各プレイヤーの所有情報が失われないように設計されています。

また、これまでEthereum(イーサリアム)ブロックチェーンを活用する際に生じていた様々な課題を解決するために、Loom Networkのサイドチェーン技術を採用。仮想通貨や専用ウォレットを所有していなくても、ゲームが楽しめるようになっています。

以下、リリースより引用

歴史上の英雄達を集めて仮想世界を制覇!新作ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』今夏リリースに向け開発中


新作ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』は、ブロックチェーン技術を活用して開発された、スマートフォンおよびPCに対応したHTML5ゲームです。
ユーザーは、ブロックチェーン上の“世界の歴史上の英雄達”を集めて、数々のアイテムを手に入れながら、仮想世界の制覇を目指します。

本作のゲームアセットである、「ヒーロー」「アイテム」「領地」は、Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの規格の一つ、“ERC-721”に準拠して開発されております。

従来のオンラインゲームでは、ユーザーが購入あるいはゲーム内で獲得したキャラクターやアイテム等のゲームアセットは、運営会社のサーバー内に記録されており、規約上も運営会社からの貸与となっておりました。

本作では、ユーザーが獲得したゲームアセットは、ユーザーにその所有権があります。何らかの理由でゲームサーバーが停止しても、ブロックチェーンに記録されたアセットは、ゲームサーバーとは独立してユーザーが所有し続けることができます。

また、これまでEthereumブロックチェーンを活用したDApps(Decentralized Applications・分散型アプリケーション)で課題とされていた、スケーラビリティ問題によるデータ送受信の遅延やGasコストなど、ゲームプレイにかかるユーザーの負担を最大限に軽減するため、本作は、Loom Networkのサイドチェーン技術を活用し、オンチェーンとオフチェーンのハイブリッドアーキテクチャにより構築されております。

これにより、仮想通貨や専用ウォレットをお持ちでない方でも、無料で気軽にゲームを開始することができます。

本ゲームの特徴
Proof of Play : 基本無料のゲームをプレイしてブロックチェーンアセットを獲得!
Proof of Victory : プレイヤー同士の対戦に勝利してブロックチェーンアセットを獲得!
Trading Asset Game : 獲得したブロックチェーンアセットをトレードして自軍を増強!
Editable Asset : ブロックチェーンアセットの価値を自ら創造!

その他にも、“ブロックチェーンゲームならでは”の要素が盛り込まれた、新感覚のゲームとなっております。

より詳細なゲーム内容については、順次発表してまいります。乞うご期待願います!

尚、本作の開発においては、法的な課題に対応するために、ブロックチェーン分野の専門弁護士によるアドバイスの下に仕様が策定されております。また、ブロックチェーンゲーム業界各社と連携しながら、監督官庁との協議を進めてまいります。



『My Crypto Heroes』は開発中。リリースは2018年夏を予定しています。

(C)2018 double jump.tokyo
《histrica_alice》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

    『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  2. 今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

    今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

  3. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  8. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  9. 噂のプロゲーマー専門学校、梅原大吾の特別講義を4月に開催―プロゲーマーになる方法を語る

  10. タカラ、コナミの舘野登志郎専務を新副社長に選任

アクセスランキングをもっと見る