人生にゲームをプラスするメディア

「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

ゲームビジネス VR

「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」(C)2016 伏見つかさ/KADOKAWAアスキー・メディアワークス/EMP (C)TechnoBlood Inc. (C)Gugenka(R)from CS-REPORTERS.INC
  • 「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」(C)2016 伏見つかさ/KADOKAWAアスキー・メディアワークス/EMP (C)TechnoBlood Inc. (C)Gugenka(R)from CS-REPORTERS.INC
  • 「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」(C)2016 伏見つかさ/KADOKAWAアスキー・メディアワークス/EMP (C)TechnoBlood Inc. (C)Gugenka(R)from CS-REPORTERS.INC
  • 「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」(C)2016 伏見つかさ/KADOKAWAアスキー・メディアワークス/EMP (C)TechnoBlood Inc. (C)Gugenka(R)from CS-REPORTERS.INC
  • 「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」(C)2016 伏見つかさ/KADOKAWAアスキー・メディアワークス/EMP (C)TechnoBlood Inc. (C)Gugenka(R)from CS-REPORTERS.INC
『エロマンガ先生』の山田エルフ(CV.高橋未奈美)と触れ合えるスマートフォン用VRアプリ「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」が発売決定。プレイヤーは主人公・和泉正宗の目線となって、エルフの様々な表情を堪能できる。

「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」イメージ画像
「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」は、和泉紗霧(CV.藤田茜)にスポットした「めざましVR!義妹と同居生活」に続く『エロマンガ先生』のVRコンテンツ。アニメに登場した山田家所有のプライベートビーチを舞台に、ふたりきりでお昼寝した後、時間になるとエルフが優しく起こしてくれるという内容だ。

「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」イメージ画像
なお、施設設置型のVRコンテンツプラットフォーム「バーチャルゲート」にて、同アプリの先行販売も決定。バーチャルゲート版では、VRフィギュアモード「ツイスターゲーム」のシーンを体験可能な上、プレイした後に登録メールアドレスに届くシリアルコードを使用すると、2018年初夏発売のスマホアプリ版にも「ツイスターゲーム」のシーンが追加できるので、エルフファンは見逃せない。

【フォトギャラリー】「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」イメージ写真をもっと見てみる?

「めざましVR!お隣さんと執筆合宿 -エルフの水着編」
発売日:2018年初夏予定
販売価格:iOS/Android版 960円
販売形態:App Store/Google Play
プレイに必要な環境:iOS11.0 /Android6.0
さむコンMOVEで楽しめる端末:iPhone6s以降かつiOS11.0
通常のモードで楽しめる端末:iPhone6 /iPhone6 Plus/iPhone5s/iPhone SE/Android6.0

(C)2016 伏見つかさ/KADOKAWAアスキー・メディアワークス/EMP (C)TechnoBlood Inc. (C)Gugenka(R)from CS-REPORTERS.INC
《仲瀬 コウタロウ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  2. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  3. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  4. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  5. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  6. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

  9. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  10. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

アクセスランキングをもっと見る