人生にゲームをプラスするメディア

任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】

ゲームビジネス インディ

任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。任天堂ブースでは他の企業ブースとはまた違った趣のタイトルが多く展示されていました。

同ブースの展示タイトルは、勘違い日本マラソンゲーム『Nippon Marathon』、『バンカズ』精神的後継作『Yooka-Laylee』、ローグライトアクション『Dead Cells』、『ヒューマン フォール フラット』、ハードコアな難易度の2Dプラットフォーマー『Celeste』など、既に海外やSteamでは配信されており、高い評価を誇っているタイトルが中心でした。




同時に、これらのタイトルは、日本ではいわゆる“コア”層を中心に知られている形。BitSummitに先駆けて公開された映像「Indie World」を含め、そういったタイトルを日本のコンシューマーの比較的ライトな層へと広く紹介していこうという任天堂の姿勢が強く現れた形なのではないでしょうか。



もちろん同ブースではそれだけでなく、『PixelJunk Monsters 2』『Travis Strikes Again: No More Heroes』などなど、発売前の新作もあり、今後の展開を期待させるものとなっていました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 『Fez』開発者Phil Fish氏がYouTuberのゲーム実況を批判「コンテンツを盗んでいる、利益を分配すべき」

    『Fez』開発者Phil Fish氏がYouTuberのゲーム実況を批判「コンテンツを盗んでいる、利益を分配すべき」

  3. 今語られる『どうぶつの森』誕生秘話!「社長が訊く」最新号

    今語られる『どうぶつの森』誕生秘話!「社長が訊く」最新号

  4. 任天堂、モノリスソフトをバンダイナムコから買収

  5. サガシリーズのクリエイターによる思い出あふれるツイッター、元ネタや開発秘話を毎日更新

  6. 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!

  7. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  8. 山名学氏、ハートビートを再起動 ― 従来とは違う切り口でビジネス展開

  9. 『クラロワ』e-Sportsに本格参入―公式プロリーグ「クラロワリーグ」を世界各地域で3月発足

  10. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

アクセスランキングをもっと見る