人生にゲームをプラスするメディア

任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。任天堂ブースでは他の企業ブースとはまた違った趣のタイトルが多く展示されていました。

ゲームビジネス インディ
任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。任天堂ブースでは他の企業ブースとはまた違った趣のタイトルが多く展示されていました。

同ブースの展示タイトルは、勘違い日本マラソンゲーム『Nippon Marathon』、『バンカズ』精神的後継作『Yooka-Laylee』、ローグライトアクション『Dead Cells』、『ヒューマン フォール フラット』、ハードコアな難易度の2Dプラットフォーマー『Celeste』など、既に海外やSteamでは配信されており、高い評価を誇っているタイトルが中心でした。




同時に、これらのタイトルは、日本ではいわゆる“コア”層を中心に知られている形。BitSummitに先駆けて公開された映像「Indie World」を含め、そういったタイトルを日本のコンシューマーの比較的ライトな層へと広く紹介していこうという任天堂の姿勢が強く現れた形なのではないでしょうか。



もちろん同ブースではそれだけでなく、『PixelJunk Monsters 2』『Travis Strikes Again: No More Heroes』などなど、発売前の新作もあり、今後の展開を期待させるものとなっていました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

    2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  3. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  4. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  5. バンダイナムコHD、DeNAとの共同出資会社「BNDeNA」を解散 ― 提供ゲームもサービス終了に

  6. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

  7. 【CEDEC 2011】『鉄拳 タッグトーナメント2』におけるメモリ管理と負荷削減

  8. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  9. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  10. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

アクセスランキングをもっと見る