人生にゲームをプラスするメディア

『World of Tanks』バージョン「1.0」発表イベントに熱いファンが集結!【レポート】

3月24日、PC版『World of Tanks』のオフラインイベント「WoT 1.0 Secret Gathering」に参加してきました。

PCゲーム オンラインゲーム
『World of Tanks』バージョン「1.0」発表イベントに熱いファンが集結!【レポート】
  • 『World of Tanks』バージョン「1.0」発表イベントに熱いファンが集結!【レポート】
  • 『World of Tanks』バージョン「1.0」発表イベントに熱いファンが集結!【レポート】
  • 『World of Tanks』バージョン「1.0」発表イベントに熱いファンが集結!【レポート】
  • 『World of Tanks』バージョン「1.0」発表イベントに熱いファンが集結!【レポート】
  • 『World of Tanks』バージョン「1.0」発表イベントに熱いファンが集結!【レポート】
  • 『World of Tanks』バージョン「1.0」発表イベントに熱いファンが集結!【レポート】
  • 『World of Tanks』バージョン「1.0」発表イベントに熱いファンが集結!【レポート】
  • 『World of Tanks』バージョン「1.0」発表イベントに熱いファンが集結!【レポート】

3月24日、PC版『World of Tanks』のオフラインイベント「WoT 1.0 Secret Gathering」に参加してきました。

このイベントは、長い期間バージョン「0.9」として稼働し続けてきた本作が、晴れて「1.0」を迎えることを記念して開かれたもの。プレイヤー50名を招いて盛大に開かれた本イベントの様子をレポートします。

満を持してアップデートされるバージョン「1.0」とは


恵比寿にあるお洒落なビストロで開かれた今回のイベントは、声優の井澤美香子さんによるMCで進行。開発の顔として知られるアレックス氏とニック氏が登場すると、会場は大きな拍手で包まれました。


アレックス氏(写真左)とニック氏(写真右)

アレックス氏は早速、この度アップデートされるバージョン「1.0」について説明を始めます。

この「1.0」では約4年もの歳月をかけて、専用のエンジンを開発。これによりゲーム内の様々が要素がパワーアップしていますが、なんといっても最初に目を引くのが、写真と見間違えるほどリアルに進化したグラフィックでしょう。



専用エンジンの恩恵を受けている好例として挙げられたのが新ステージとなる「氷河」。このマップは雪や氷の表現が非常に難しく、従来は実現不可能と考えられていましたが、新たなエンジンの実装により製作が可能となりました。

またフィールドに吹く風で草花が揺れたり、戦車に積もった雪がエンジンの熱で溶けたりと、ゲームプレイに直接関わらない部分にまでこだわり抜いたとのこと。今後は建物の破壊表現にバリエーションを持たせるなど、より細かな検討を進めており、まるでその世界で実際に生きているかのような感覚を目指せればとしています。

さらに、これまで実装されていた29のマップも新しく作り直されていて、同じマップでも障害物の配置が変化するなど、新たな戦略が求められるようになっています。



しかし、そこまでグラフィックがハイクオリティになってくると、どうしても心配になってしまうのが、求められるPCのスペックです。本作が登場して早8年、プレイヤーのPC環境が多岐に渡る中、アレックス氏は「新しくPCを買わなくても今回のアップデートを不便なく遊べるよう、ゲーム自体の最適化にも注力した」と説明。

この最適化は相当ハードルが高かったようで、実現にかなり時間を要したものの、開発チームとしても非常に勉強になったとのこと。最適化はこれからも続けていく予定で、現状本作が動くプレイヤーであれば、今後も遊び続けられるようにしていくそうです。


「1.0」の進化は、サウンド面でも大きく現れています。特に戦車の砲弾音は、ゲーム内の設定と同じ口径の弾を実際に発射して録音し、ゲームに合わせて調整するという凝りようで、サウンドの面でも本作の世界に引き込まれそうです。


他にもユニークな変更点として、バトル前のガレージ画面背景に動く人間が追加されたことも発表されました。この画面ではこれまで戦車だけが表示されていましたが、そこで働く人間も描写されることで、より臨場感が増しています。

様々な進化を遂げたバージョン「1.0」は、アジアサーバーでは3月27日実装予定。この「1.0」はあくまでスタートラインであり、今後も新たな機能やマップ、戦車ツリーやゲームモードが準備されています。

さらにイベントでは、「声優の置鮎龍太郎さんと山口由里子さんによる、日本語新音声の実装」、「TSUTAYAカードとのコラボデザインを実現」、「六本木ヒルズにてメディアキューブを期間限定で展示」、「拡張現実ARを用いた『World of Tanks AR Experience』を配信」など、日本向けの新発表も多数登場。会場は大きな拍手で包まれました。






続いてイベントは、事前にユーザーから寄せられた質問に対してアレックス氏とニック氏が答えるQ&Aコーナーへと移行。質問の中にはかなり突っ込んだ内容もあり、両氏とも誠実に回答している姿が印象的でした。ゲームバランスの改善については開発内で進んでいる話も多々あるそうで、「今後の続報に期待してほしい」とまとめられています。


Q&Aコーナー最後の質問は、最近なにかと話題のe-Spotrsに関するもの。これに関してアレックス氏は、「e-Spotrsをどうするかは、社内でも激しい議論があり、結果的には"e-Spotrs2.0"という新しいものを入れる予定。後日、タイミングを見て詳しい説明ができれば」と回答しました。






偶然にも本日が誕生日だったアレックス氏にサプライズのケーキがプレゼントされ、会場で「ハッピーバースデー」を合唱したり、ユーザー同士の交流戦が行われたりと、全体的に和気藹々という言葉がピッタリだった今回のイベント。これからも進化し続ける『World of Tanks』に、大きな注目が集まっています。

World of Tanks 1.0. March 2018. Gameplay Trailer
Youtube URL:https://youtu.be/n8nutCOZF-4
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

    無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  2. 暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

    暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

  3. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  4. 『ルーセントハート』ファッション学部の学生たちがデザインしたアバター衣装の販売が決定

  5. PC『シムシティ 2000』が無料で配布中!クラシックな街作りシミュを今すぐゲット

  6. 『Tree of Savior』ネクソンによるサービスが11月27日をもって終了に―IMC Gamesによる完全新規サービスが2019年度内を目標に開始予定

  7. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  8. 『クトゥルフ神話RPG 水晶の呼び声』公式サイト公開! タイムリミットやメンバー入れ替えなどが前作から大きく変更

  9. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

アクセスランキングをもっと見る

1