人生にゲームをプラスするメディア

中古市場から見えてくる「2017年の注目ソフト」─発売から1年経過するも高い人気を誇る2作品とは【特集】

その他 特集

中古市場から見えてくる「2017年の注目ソフト」─発売から1年経過するも高い人気を誇る2作品とは【特集】
  • 中古市場から見えてくる「2017年の注目ソフト」─発売から1年経過するも高い人気を誇る2作品とは【特集】
  • 中古市場から見えてくる「2017年の注目ソフト」─発売から1年経過するも高い人気を誇る2作品とは【特集】
  • 中古市場から見えてくる「2017年の注目ソフト」─発売から1年経過するも高い人気を誇る2作品とは【特集】
  • 中古市場から見えてくる「2017年の注目ソフト」─発売から1年経過するも高い人気を誇る2作品とは【特集】
  • 中古市場から見えてくる「2017年の注目ソフト」─発売から1年経過するも高い人気を誇る2作品とは【特集】
  • 中古市場から見えてくる「2017年の注目ソフト」─発売から1年経過するも高い人気を誇る2作品とは【特集】
  • 中古市場から見えてくる「2017年の注目ソフト」─発売から1年経過するも高い人気を誇る2作品とは【特集】
  • 中古市場から見えてくる「2017年の注目ソフト」─発売から1年経過するも高い人気を誇る2作品とは【特集】

2018年に入り、早くも2ヶ月が過ぎました。今年はまだ10ヶ月ほど残っているものの、1月に発売された『モンスターハンター:ワールド』は、売り上げ・人気ともに2018年を代表する1本として数えられてもおかしくない活躍ぶりを見せています。

ゲーム作品の人気ぶりは、例えば売り上げから探ることもできますし、アンケートの実施で把握することもできます。切り口が変われば、浮き上がってくるタイトルが異なるものになる場合も少なくありません。それは、ゲームが多様性を持つ娯楽である裏付けのひとつとも言えるでしょう。

今回は、中古市場という視点から2017年の注目ソフトを振り返ってみたいと思います。需要と供給のバランスが価格に反映されるのは新品も同様ですが、ユーザーの関心により敏感な反応が求められる中古市場では、どのようなタイトルが一際大きな人気を博したのか。理由への推察も含めて迫ってみたいと思います。

なお本記事は、中古ソフトの購入を勧めるものではないため、あくまで一般的な市場の平均的な価格を元にしており、店舗名などは記載しない方針で進めています。あらかじめご了承ください。

◆中古市場の価格について


まずは前提として、中古市場のゲームソフトがどのような要因で価格を変動するのか、いくつかポイントを押さえておきましょう。といっても、基本的には一般的な商品と同様に、需要と供給のバランスが軸になっています。

ただ、注意しておきたいのは、「安い=つまらない」という方程式が必ず当てはまるわけではない、という点です。どれだけ面白い作品でも、大量の在庫が市場に流れると保管するスペースもかさばるため、ストックしておくだけでも負担になります。

また、ゲームを遊ぶ人を一定人数と考えた場合、遊んだ人が多いタイトルほど新たに遊ぶ人は少なくなるので、販売機会は減少する一方に。そうなると、在庫をさばくために販売価格を下げる、といった形になることも少なくありません。多くの人が遊ぶほど面白いゲームだからこそ、中古市場では安い販売価格になることもあるのです。

逆に、「高い=面白い」も100%ではありません。特に、定価を超えるようなプレミアソフトは、希少価値が価格に反映されている場合がほとんど。もちろんゲームの内容が面白い場合も多々ありますが、入手のしにくさが価格のキモと言えます。

プレミアソフトは、その希少性から在庫量も少なくなりがちで、1店舗に1本あるかないか。占めるスペースが微々たるものなので、店舗が保持し続けていても物理的な負担は軽微です。無論、そのソフトを欲しがる人が一定数いなければプレミア価格は維持されませんが、慌てて捌く緊急性がないため、負担の少なさも価格の落ちにくさを支える一因でしょう。

プレミアソフトとの対比として考えると、「大人気で大量に出回ったソフトの中古価格が低くなりやすいカラクリ」が分かりやすいかと思います。残念ながら「つまらない=人気がないので安い」というケースもありますが、価格と面白さが必ずしもリンクしているわけではない、という前提を踏まえていただけると嬉しく思います。

ダウンロード販売の発展が中古市場に与える影響
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. サンライズは責任を持って宇宙世紀作品を作り続けます―「機動戦士ガンダムNT」発表イベントレポ

    サンライズは責任を持って宇宙世紀作品を作り続けます―「機動戦士ガンダムNT」発表イベントレポ

  2. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

    【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  3. ユニコーンガンダム、お台場に立つ!写真で見るプロジェクションマッピング

    ユニコーンガンダム、お台場に立つ!写真で見るプロジェクションマッピング

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】対戦ゲームで負けて眠れない夜をなんとかしたい

  5. いよいよ走り出した「インサイドちゃん」バーチャルYoutuber化計画―編集長が東北へ!?

  6. ガンダムシリーズ最新作「NT」発表! 福井晴敏による脚本で「UC」のその先を描く

  7. 12年ぶり完全新作「ゾイドワイルド」発表!2018年6月より展開、スイッチでのゲーム化も予定

  8. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』×『Devil May Cry』コラボは4/27から、ゼロから始める『マギレコ』生活、『ドラクエVR』新映像公開…など(4/20)

  9. 【昨日のまとめ】『アナザーエデン』の魅力と歴史を振り返り、『オルサガ』「UR カティア」や新章の配信時期を発表、ガンダムシリーズ最新作「NT」発表…など(4/21)

アクセスランキングをもっと見る

1