人生にゲームをプラスするメディア

『モンハン:ワールド』の絶景・名所―「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編

普段狩りに勤しんでいるだけでは中々目に留まらない、非常に作り込まれた各フィールドの絶景・名所を、PlayStation 4 Proの「グラフィックス優先」設定で撮影、「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編として一挙ご紹介したいと思います。

ソニー PS4
『モンハン:ワールド』の絶景・名所「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編―PS4 Proで激写
  • 『モンハン:ワールド』の絶景・名所「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編―PS4 Proで激写
  • 『モンハン:ワールド』の絶景・名所「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編―PS4 Proで激写
  • 『モンハン:ワールド』の絶景・名所「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編―PS4 Proで激写
  • 『モンハン:ワールド』の絶景・名所「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編―PS4 Proで激写
  • 『モンハン:ワールド』の絶景・名所「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編―PS4 Proで激写
  • 『モンハン:ワールド』の絶景・名所「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編―PS4 Proで激写
  • 『モンハン:ワールド』の絶景・名所「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編―PS4 Proで激写
  • 『モンハン:ワールド』の絶景・名所「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編―PS4 Proで激写
モンスターハンター:ワールド』が世界同時発売されてから数週間が経ちました。カプコン史上最速ペースで600万本の出荷達成や日本国内での販売状況も大好評と、「社会現象の『モンハン』再び!」の勢いをみせている本作。当編集部でも多くの編集者&ライター達が、日々ハントという名の仕事に勤しんでいます。

そんな本作で最も注目するポイントは、やはり“グラフィックス”の大幅進化ではないでしょうか。現行機向けに開発されたグラフィックは、モンスターの身体はもちろん、各フィールドごとの背景・ギミックにリアルさを生み、(必ずしもそうとは言えませんが)多くのプレイヤーを惹きつける要因の一つになっていると思います。

そこで本稿では、普段狩りに勤しんでいるだけでは中々目に留まらない、非常に作り込まれた各フィールドの絶景・名所を、PlayStation 4 Proの「グラフィックス優先」設定で撮影、「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編として一挙ご紹介したいと思います。

まずは、多くのハンター達が居を共にする調査拠点の絶景・名所から。



◆調査拠点


■桟橋

夕日の朱に染まる船と桟橋。
時間によって移り変わる景色がとても綺麗です。

撮影ポイント

■リフト機構

各階へ高速移動するためのリフトを動かす巨大な水車。
初見の時、本作世界観の壮大さを感じてとてもワクワクしました。

撮影ポイント

■高台

若干気づき難い場所に景観用(?)の物見やぐらが。
そこから見上げる満月にうっとり。

撮影ポイント

次ページ:マップギミックが楽しい古代樹の森

『モンハン:ワールド』の絶景・名所「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編―PS4 Proで激写

《Ten-Four》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

    初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

  2. 「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

    「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

  3. 『プレイステーション クラシック』のPS Plus加入者限定抽選先行予約が本日開始!

    『プレイステーション クラシック』のPS Plus加入者限定抽選先行予約が本日開始!

  4. あの“過激姉妹”の原点が蘇る! PS4『お姉チャンバラ ORIGIN』2019年発売

  5. 『Dreams Universe』ゲーム情報を公開!『リトルビッグプラネット』の流れを汲んだ自由度の高さが最大の魅力

  6. 『デビル メイ クライ 5』日本語ボイス版トレイラー!ダンテのアクションにシビれる【TGS2018】

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  8. 国内外の期待作が集結! PlayStationタイトルのTGS映像が一挙公開【TGS2018】

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』オープニングムービーが公開!「TGS 2018」への出展情報も

  10. 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る