人生にゲームをプラスするメディア

セガゲームス、『電撃文庫:零境交錯』の中国大陸における運営ライセンス契約をテンセントと締結

モバイル・スマートフォン iPhone

セガゲームス、『電撃文庫:零境交錯』の中国大陸における運営ライセンス契約をテンセントと締結
  • セガゲームス、『電撃文庫:零境交錯』の中国大陸における運営ライセンス契約をテンセントと締結
  • セガゲームス、『電撃文庫:零境交錯』の中国大陸における運営ライセンス契約をテンセントと締結
  • セガゲームス、『電撃文庫:零境交錯』の中国大陸における運営ライセンス契約をテンセントと締結

セガゲームスは成都格闘科技有限会社と共同で開発を進めている、中国向け新作モバイルゲーム『電撃文庫:零境交錯』について、Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limitedと中国大陸における運営ライセンス契約を締結しました。

『電撃文庫:零境交錯』は、2015年12月にPS4/PS3/PS Vitaにて発売された2D対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』の新作モバイルゲームとなります。電撃文庫作品に登場する多彩なキャラクターたちが、作品の垣根を越えて結集。その世界観とキャラクターはそのままに、現地ユーザーの嗜好やプレイ環境に合わせた新たなゲームとして登場します。

本作は、中国大陸のほか、台湾、香港、マカオにて、2018年内の配信開始を予定。また、12月30日から中国・広州で開催されるアニメ・ゲームショウ「FFACGEXPO」にて、『電撃文庫:零境交錯』のブース出展を行います。

セガゲームスは、自社のIPやコンテンツの海外展開を積極的に行っており、今回の動向もその一環とのこと。「中国を含め世界中のより多くの方々に対して、自社IPや日本のコンテンツに触れていただける機会を提供すべく努めてまいります」とコメントしています。

【『電撃文庫:零境交錯』(中国大陸版) 概要】
ジャンル:2Dアクションバトル
配信開始:2018年 年内予定
価格:基本無料(アイテム課金あり)
メーカー:91Act、セガゲームス
対応プラットフォーム:App Store/Google Play
言語:中文・簡体字
配信エリア:中国大陸
『電撃文庫:零境交錯』公式サイト:http://djwk.qq.com

(C)SEGA (C)2017 KADOKAWA ASCII MEDIA WORKS (C)91Act
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズールレーン』「ニコラス改」実装記念!─改造が完了するまでのオススメの育成手順とは

    『アズールレーン』「ニコラス改」実装記念!─改造が完了するまでのオススメの育成手順とは

  2. 汗と涙のサンダー28連戦!ジムが密集する都会よりも田舎の方が効率良い説【ポケモンGO 秋田局】

    汗と涙のサンダー28連戦!ジムが密集する都会よりも田舎の方が効率良い説【ポケモンGO 秋田局】

  3. 「『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボ衣装誰が1番似合う?」結果発表―最も多くの心を盗んだのは誰だ!?【読者アンケート】

    「『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボ衣装誰が1番似合う?」結果発表―最も多くの心を盗んだのは誰だ!?【読者アンケート】

  4. 『FGO』「今年の夏イベントで水着になってほしいサーヴァントは誰?」結果発表―最も水着を望まれたのはあの女性!【読者アンケート】

  5. 『Sdorica (スドリカ)』リリース100日記念イベント開催!新キャラクター「カレン」も登場

  6. 『FGO』第2部第2章「無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 消えぬ炎の快男児」を考察【特集】

  7. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

  8. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  9. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  10. 『アークザラッド』新作のティザーサイトが公開!気になる詳細は7月30日に解禁

アクセスランキングをもっと見る