人生にゲームをプラスするメディア

スタンドアロンVR機器「Vive Focus」が中国向けに正式発表―PC/スマホ接続不要

HTCは北京で開催されたVive Developers Conferenceにおいて、スタンドアロンVRデバイス「Vive Focus」を中国市場向けに正式発表しました。

ゲームビジネス VR
スタンドアロンVR機器「Vive Focus」が中国向けに正式発表―PC/スマホ接続不要
  • スタンドアロンVR機器「Vive Focus」が中国向けに正式発表―PC/スマホ接続不要
  • スタンドアロンVR機器「Vive Focus」が中国向けに正式発表―PC/スマホ接続不要

HTCは北京で開催されたVive Developers Conferenceにおいて、スタンドアロンVRデバイス「Vive Focus」を中国市場向けに正式発表しました。本デバイスは高解像度のAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)スクリーン、“ワールドスケール”のインサイドアウト6自由度トラッキング、を備えており、PCやスマートフォンなどの外部機器への接続は不要。長時間使用の快適性も向上させているとのこと。

YouTube:https://youtu.be/O2K6WqerTDI

また、本デバイスは同日発表されたオープンプラットフォーム“Vive Wave”を採用しています。Vive Waveは中国で断片化したモバイル市場を統合し、サードパーティーパートナーのための簡単なモバイルVRコンテンツ開発とデバイス最適化への道を提供。開発者は複数のハードウェアベンダ間で共通のプラットフォームおよびストアフロント用のコンテンツ作成が可能となります。


これまでに360QIKU、Baofengmojing、Coocaa、EmdoorVR、Idealens、iQIYI、Juhaokan、Nubia、Pico、Pimax、Quanta、Thundercommを含む12のハードウェアパートナーがVive Waveのサポートを発表しており、中国および世界の35社以上がVive Waveに最適化されたVRコンテンツを構築しているそうです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 限界突破!ドラゴンボールへの愛×次世代機で実現した『ドラゴンボールZ バーストリミット』インタビュー

    限界突破!ドラゴンボールへの愛×次世代機で実現した『ドラゴンボールZ バーストリミット』インタビュー

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 【e-Sportsの裏側】「e-Sports」は新しいエンターテイメントの形、「焦らず、じっくり進めていく。」―ウォーゲーミングジャパン キーマンインタビュー

    【e-Sportsの裏側】「e-Sports」は新しいエンターテイメントの形、「焦らず、じっくり進めていく。」―ウォーゲーミングジャパン キーマンインタビュー

  4. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  5. 業績好調なアイディアファクトリーを直撃!外部技術を有効活用した開発体制

  6. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  7. 「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

  8. コナミ、新社長に上月拓也氏・・・上月景正氏は会長に専念

  9. マリオの資産は1160億円―フォーブスのランキング

  10. 【レポート】ネクソンが考えるインディー投資戦略、必要なのは「独創的で面白いゲーム」

アクセスランキングをもっと見る