人生にゲームをプラスするメディア

【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ

ゲームビジネス 開発

【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ
  • 【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ
  • 【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ
  • 【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ
10月8日、パシフィコ横浜にてEpic Games Japanによる「Unreal Engine」の大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2017」が開催。さまざまなセミナーが開かれるなか、国産ゲームエンジン「OROCHI」やゲーム制作用を主としたミドルウェアの開発で知られるシリコンスタジオが出展。茂木俊氏とマイケル・プリフォンティン氏にお話をうかがいました。


左から、シリコンスタジオのマイケル氏と茂木氏

同社のブースで展示されていたのは「Enlighten」と「YEBIS 3」の参考映像。「Enlighten」は、イギリスのGeomerics社によるグローバルイルミネーション技術。今年の5月にシリコンスタジオがそのソフトウェアライセンス、販売、開発、サポート権利を取得したことを発表しました。国内のタイトルでは『ストリートファイターV』や『ドラゴンクエストXI』などで使われており、6月にはSwitchにも正式対応。


シリコンスタジオ公式サイトのニュースリリースより。左がEnlighten適用後、右が適用前の画像です

一方の「YEBIS 3」は、ボケ、ノイズ、逆光などカメラのレンズで起きる光学現象をシミュレートすることでグラフィックに圧倒的な臨場感や空気感を付加するミドルウェア。『龍が如く 6 命の詩。』や『ドラゴンボール ゼノバース2』、『DARK SOULS III』など、こちらもそうそうたるタイトルに用いられています。フォトリアル系のCGのみならず、トゥーンレンダリングやセルアニメでも遺憾なく力を発揮するのが強みとのことです。


シリコンスタジオ公式サイトの紹介ページより。上がYEBIS 3適用前、下が適用後の画像です
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  5. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  6. 【DEVELOPER'S TALK】音数の限界に挑戦、ハイスピードかつハイテンションなシューター+アクションの開発秘話~『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』

  7. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  8. ジンガジャパンの元スタッフも新会社を始動!フンザを設立

  9. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

アクセスランキングをもっと見る