人生にゲームをプラスするメディア

【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ

9月8日、パシフィコ横浜で開催された「Unreal Engine」の大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2017」。そこに出展していたシリコンスタジオブースの様子をお届けします。

ゲームビジネス 開発
【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ
  • 【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ
  • 【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ
  • 【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ
10月8日、パシフィコ横浜にてEpic Games Japanによる「Unreal Engine」の大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2017」が開催。さまざまなセミナーが開かれるなか、国産ゲームエンジン「OROCHI」やゲーム制作用を主としたミドルウェアの開発で知られるシリコンスタジオが出展。茂木俊氏とマイケル・プリフォンティン氏にお話をうかがいました。


左から、シリコンスタジオのマイケル氏と茂木氏

同社のブースで展示されていたのは「Enlighten」と「YEBIS 3」の参考映像。「Enlighten」は、イギリスのGeomerics社によるグローバルイルミネーション技術。今年の5月にシリコンスタジオがそのソフトウェアライセンス、販売、開発、サポート権利を取得したことを発表しました。国内のタイトルでは『ストリートファイターV』や『ドラゴンクエストXI』などで使われており、6月にはSwitchにも正式対応。


シリコンスタジオ公式サイトのニュースリリースより。左がEnlighten適用後、右が適用前の画像です

一方の「YEBIS 3」は、ボケ、ノイズ、逆光などカメラのレンズで起きる光学現象をシミュレートすることでグラフィックに圧倒的な臨場感や空気感を付加するミドルウェア。『龍が如く 6 命の詩。』や『ドラゴンボール ゼノバース2』、『DARK SOULS III』など、こちらもそうそうたるタイトルに用いられています。フォトリアル系のCGのみならず、トゥーンレンダリングやセルアニメでも遺憾なく力を発揮するのが強みとのことです。


シリコンスタジオ公式サイトの紹介ページより。上がYEBIS 3適用前、下が適用後の画像です
《蚩尤》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2014】『新生FF XIV』の環境音はこうして作られた! 社内開発環境と共にテクニックが惜しみなく披露

    【CEDEC 2014】『新生FF XIV』の環境音はこうして作られた! 社内開発環境と共にテクニックが惜しみなく披露

  2. コナミが韓国製音楽ゲーム『DJMAX』シリーズを訴える

    コナミが韓国製音楽ゲーム『DJMAX』シリーズを訴える

  3. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

    【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

  6. 『スーパーマリオ64』が約1億6500万円で落札―海外オークションにて、ゲームソフト史上最高額

  7. 中裕司氏がスクウェア・エニックスを退職していたと明かす―『ソニック』を生み出したゲームクリエイター、同社では『バラン ワンダーワールド』を手掛ける

  8. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  9. 『キングダム ハーツ』シリーズのHD開発スタッフをスクエニが募集中!必要スキル欄には「PS4/Xbox One世代の制作経験」という表記も

  10. 新しい携帯ゲーム機「Playdate」7月に予約開始!“ペン立て”にもなるBluetoothスピーカー付き充電ステーションも登場

アクセスランキングをもっと見る