人生にゲームをプラスするメディア

日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役

ゲームビジネス 開発

日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役
  • 日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役
  • 日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役

『がんばれ森川君2号』などのゲーム作品を手掛けた事で知られる森川幸人氏が、ゲーム専用AI会社であるモリカトロン株式会社を設立しました。

森川幸人氏は、20年以上ゲーム専用AIの研究開発を行っており、『がんばれ森川君2号』『ジャンピングフラッシュ!』『ここ掘れ!プッカ』『アストロノーカ』『くまうた』などのAI搭載の作品を世に贈り出してきました。

この度、同氏は、AI開発のノウハウや実績を活かして日本初のゲーム専用AI会社を設立。この会社では、様々なゲーム向けAIのコンサルティングから設計、開発、運用までを請負うゲームAI研究開発事業を行います。

ちなみに、会社名である「モリカトロン」は、最初のAIのモデルと言われている「パーセプトロン」へのリスペクトと、森川幸人氏を中心にいずれオリジナルのAIを作りたいという想いから、ふたつの名前を合体させたとのこと。

同氏の就任メッセージやモリカトロン株式会社の事業内容の詳細は以下の通りです。

【森川幸人より就任のメッセージ】

ゲームの世界に生きるキャラクターたちが、人間のように考える頭と、感じる心を持っていて、まるで私たちの友達やペット、家族や伴侶のように側にいて、一緒に遊んでくれたら、どんなに楽しいことでしょう。

あらかじめ決められた言葉や行動ではなく、私たちが楽しい時にそれを感じて一緒に笑い、悲しい時にはそれを知って励ましの言葉をかけてくれたり、キャラクターと心を交わせたら、どんなに嬉しいことでしょう。

そんな思いを実現してくれるのがゲームAIです。

ゲームAIは、キャラクターに「こころ」を与えるだけなく、ゲーム世界自身も創り出す能力があります。まるでゲーム開発者のように、ゲームを企画し、プログラムし、デザインする力さえ持っています。

目指すのは、ゲームをもっと豊かに、もっと楽しくしてくれる、そんなワクワクするAIです。

我々は、まだ見ぬ世界をわたしたちに見せてくれるだろうゲームAIのパワーに魅せられて、是非、このワクワクする体験をみなさんと共有したいと考え、日本初のゲームに特化したAIの設計と開発をする会社を発足させました。


我が社の「モリカトロン」がこれから100年先も、皆さんと共にあることを願って。

■モリカトロン株式会社で提供するゲームAIについて

1.キャラクター会話AI

キャラクターの自然会話を自動生成します。

2.パラメータ、バランス調整AI

キャラクターや武器、アイテムのパラメータなどの最適な値を自動生成します。

3.メタAI

ゲーム全体を監視して、敵の強弱、出現率、イベント発生などを制御し,ゲームバランスの自動調整を行います

3.自動生成AI

ゲームフィールドの地形や草木などのオブジェクトを自動生成し、適切に配置します。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』『Bravo Team』『英雄伝説 閃の軌跡II:改 The Erebonian Civil War』他

    今週発売の新作ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』『Bravo Team』『英雄伝説 閃の軌跡II:改 The Erebonian Civil War』他

  2. セガサミー、カジノ経営に本格参入・・・韓国Paradise Groupと合弁で建設目指す

    セガサミー、カジノ経営に本格参入・・・韓国Paradise Groupと合弁で建設目指す

  3. スクウェア・エニックス、『FF』『ドラクエ』最新作に警告文

    スクウェア・エニックス、『FF』『ドラクエ』最新作に警告文

  4. セガ、希望退職を含む構造改革を実施 ― アミューズメント事業縮小、スマホ/PCオンラインゲーム分野を強化

  5. 【CEDEC 2009】猿楽庁の橋本長官がゲームのチューニングを語る・・・「ゲームチューニングってなんだろう?」

  6. 任天堂、永井信夫・代表取締役専務製造本部長が逝去

  7. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

  8. 「マリオギャラクシーに影響を与えたなら光栄」―『ラチェット&クランク』開発元

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. スクエニ和田会長とやまもといちろう氏が語る任天堂の苦境、これからのパブリッシャー、スクエニの経営戦略・・・黒川塾(16)レポート

アクセスランキングをもっと見る