人生にゲームをプラスするメディア

ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

ゲームビジネス VR

ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き
  • ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き
  • ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き
  • ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き
  • ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

InfoLens Inc.は、スマートフォンで手軽に楽しめるVRヘッドセットと、DMMで使える1,000円相当の動画ポイントがセットになった「DMM.com VR動画スターターセット」を、全国のドン・キホーテ(一部店舗のぞく)にて先行販売します。

VRヘッドセットと動画ポイントがセットなので、本商品を購入してすぐにDMM.comのVR動画が視聴可能。初心者にうってつけのスターターセットと言えます。舞台、ミュージカル、ホラー、ミュージックライブ、プロレス、アイドル、グラビア、アダルトなど、2,000作品以上のラインナップが揃っているので、自分好みの映像をチョイスしましょう。


■柔らかな印象のファブリック素材を外装に採用
本体の外装素材には手触りの優しいファブリック(布地)素材を採用。軽量設計(238g)とあいまって、軽やかで疲れにくい装着感を実現しています。

■すぐにスタートできる詳しい説明書が付属!
iPhoneやAndroidのスマートフォンをセットして、誰でも簡単にVR体験が楽しめるよう、詳しい説明書が付属しています。

■2017年7月19日時点の動画コンテンツ数(無料含む)
DMM.com VR動画 :VRコンテンツ数=378
DMM動画.R18 VR動画:VRコンテンツ数=1,648

URL:http://www.dmm.com/digital/vr/

■商品仕様
1.VRヘッドセット
・手に優しいファブリック素材
・軽量(238g)で疲れにくい
・ピント調節、瞳間調節、ヘッドバンド長さ調節機能
・レンズ:非球面レンズ、直径42mm、PMMA(アクリル樹脂)

2.取扱説明書
・VR動画の楽しみ方
・DMM.com VR動画サイトへのアクセス方法
・VRヘッドセットのセットアップ方法
などをQRコードや図解入りでわかりやすく解説しています。

■商品詳細
・商品名:DMM.com VR動画スターターセット
・型番:VRD-105
・希望小売価格:オープン
・想定売価:2,980円(税抜)(※取扱店により価格が異なる場合があります)
・対象年齢:13歳以上
・パッケージサイズ:幅198x高さ137x奥行103mm
・製造:InfoLens Inc.

■セット内容
・VRヘッドセット
・DMM動画ポイント交換コード
・取扱説明書
・レンズクリーニングクロス

《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  2. セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

    セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

  3. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  4. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  5. 今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

  6. 【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

  7. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  8. 【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

  9. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  10. 【CEDEC 2012】薪割りが趣味の川西裕幸氏が最後に取り組んでいた「UX」って何だ?

アクセスランキングをもっと見る