人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2014】秋葉原の3Dモデルを無償配布、地図の用途を広げるゼンリン

ゲームビジネス 開発

【CEDEC 2014】秋葉原の3Dモデルを無償配布、地図の用途を広げるゼンリン
  • 【CEDEC 2014】秋葉原の3Dモデルを無償配布、地図の用途を広げるゼンリン
  • 【CEDEC 2014】秋葉原の3Dモデルを無償配布、地図の用途を広げるゼンリン
  • 【CEDEC 2014】秋葉原の3Dモデルを無償配布、地図の用途を広げるゼンリン
  • 【CEDEC 2014】秋葉原の3Dモデルを無償配布、地図の用途を広げるゼンリン
4日まで開催されたCEDEC 2014で、地図情報会社のゼンリンは「Japanese Otaku City」の展示を行いました。

「Japanese Otaku City」は、ゼンリンの地図データを利用して製作された3D都市データアセットです。秋葉原の実際の町並みを基にデータ化されています。現在、UnityのAsset Storeにて無償配布されています。

雨や風、ライトなどのエフェクトや、NavMeshによって自動車やカメラを自動移動する機能をプリセットで搭載。また、株式会社ポケット・クエリーズのオリジナル3Dキャラクター「クエリちゃん」もモーションやボイス付きで同梱されており、リアルな仮想空間を自由に動かすことができます。



会場では、秋葉原の地図データを利用したポケット・クエリーズの『巨大クエリちゃん、現る!』や、渋谷の地図データを使って東京工芸大学の学生たちが製作した『渋谷でとりもってぃ』といったゲームが展示されていました。

『巨大クエリちゃん、現る!』は、秋葉原の街に出現した巨大化したクエリちゃんを元のサイズに戻すアクション、『渋谷でとりもってぃ』は渋谷スクランブル交差点の真ん中で敵の数を減らしていくゲームです。どちらもリアルな街並みの中でプレイを楽しむことができ、オープンワールドで展開する作品に広く応用して使っていけそうです。

今回の秋葉原の3D年モデルデータを皮切りに、日本・欧州・北米などさまざまなエリアの3D都市モデルデータを制作していく予定とのこと。政令指定都市を中心とした日本の都市や海外50都市以上がFBX形式のデータとしてダウンロードできるようになります。

秋葉原以外の都市の3D都市データについては特設サイトでお問い合わせください。

「Japanese Otaku City」はUnity Asset Storeにて無料ダウンロードすることができます。18日から21日の東京ゲームショウ2014にも株式会社ポケット・クエリーズの出展にて「Japanese Otaku City」が体験できますので、気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

今後ますますゲームに力を入れていくというゼンリンの技術に注目です。
《三浦遥》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

    虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

  3. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

    閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  4. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. Wii版も開発中!サイバーステップが『ゲットアンプド2』発表会を開催

  7. 【CEDEC 2014】ゲーム業界における起業・・・4人の社長が赤裸々に語った「起業一年目の通信簿」

  8. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

  9. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

アクセスランキングをもっと見る