人生にゲームをプラスするメディア

家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

ゲームビジネス VR

家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

ポケットは、セガトイズが販売する家庭用プラネタリウム「ホームスター」を、新感覚プラネタリウムアプリ『ホームスターVR』として、「Oculus Store」にて配信したことを発表しました。



「ホームスター」は、約6万個もの星が光るプラネタリウムを自宅で楽しめるアイテムとして、全世界でシリーズ115万台以上もの販売実績を持つヒット商品。今回発表された『ホームスターVR』は、その名の通り「ホームスター」をVR化させたもので、プラネタリウム・クリエイター大平貴之氏の完全監修を受けて製作されており、NASAの天体データをベースにして星の位置や距離、色を忠実に再現するなど、本格的な内容に仕上がっています。




『ホームスターVR』に搭載されているモードは、自分の好きな日時や場所を設定できる「世界の星空タイムトラベル」、足元まで星空に包まれるかのような感覚が味わえる「VR天体プラネタリウム」、マッターホルンやテカポ湖といった有名な星空スポットでの観測が体験できる「満点の星空セレクション」の3種類。用途やその日の気分に合わせて使い分けてみると、プラネタリウムの新たな魅力が見えてくるかもしれません。

【概要】
アプリ名:ホームスターVR
配布形態:Oculus Storeよりダウンロード
ジャンル:家庭用プラネタリウム
価格:790円(税込)
対応端末:Gear VR
プレイ人数:1人
言語:日本語、英語
コピーライト:(C)2017Pocket (C)Ohira Tech (C)SEGA TOYS
ダウンロードURL:https://www.oculus.com/experiences/gear-vr/1548818075148912/
公式サイト :http://www.pckt.co.jp/vr/hsvr/

(C)2017Pocket (C)Ohira Tech (C)SEGA TOYS
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. PSVRソフト『DARK ECLIPSE』が「TGS2017」ソニーブースにて映像出展決定!

    PSVRソフト『DARK ECLIPSE』が「TGS2017」ソニーブースにて映像出展決定!

  2. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

    「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  5. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  6. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

  7. 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

  8. 【CEDEC 2010】どうやって人を育てる? コーエーテクモの人材育成

  9. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  10. 海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

アクセスランキングをもっと見る