人生にゲームをプラスするメディア

家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

ゲームビジネス VR

家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始
  • 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

ポケットは、セガトイズが販売する家庭用プラネタリウム「ホームスター」を、新感覚プラネタリウムアプリ『ホームスターVR』として、「Oculus Store」にて配信したことを発表しました。



「ホームスター」は、約6万個もの星が光るプラネタリウムを自宅で楽しめるアイテムとして、全世界でシリーズ115万台以上もの販売実績を持つヒット商品。今回発表された『ホームスターVR』は、その名の通り「ホームスター」をVR化させたもので、プラネタリウム・クリエイター大平貴之氏の完全監修を受けて製作されており、NASAの天体データをベースにして星の位置や距離、色を忠実に再現するなど、本格的な内容に仕上がっています。




『ホームスターVR』に搭載されているモードは、自分の好きな日時や場所を設定できる「世界の星空タイムトラベル」、足元まで星空に包まれるかのような感覚が味わえる「VR天体プラネタリウム」、マッターホルンやテカポ湖といった有名な星空スポットでの観測が体験できる「満点の星空セレクション」の3種類。用途やその日の気分に合わせて使い分けてみると、プラネタリウムの新たな魅力が見えてくるかもしれません。

【概要】
アプリ名:ホームスターVR
配布形態:Oculus Storeよりダウンロード
ジャンル:家庭用プラネタリウム
価格:790円(税込)
対応端末:Gear VR
プレイ人数:1人
言語:日本語、英語
コピーライト:(C)2017Pocket (C)Ohira Tech (C)SEGA TOYS
ダウンロードURL:https://www.oculus.com/experiences/gear-vr/1548818075148912/
公式サイト :http://www.pckt.co.jp/vr/hsvr/

(C)2017Pocket (C)Ohira Tech (C)SEGA TOYS
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  2. “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

    “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

  3. 脳トレは脳の老化を防ぐ?米政府が脳トレゲームを研究開発中

    脳トレは脳の老化を防ぐ?米政府が脳トレゲームを研究開発中

  4. OPTPiXはこうして生まれた!ウェブテクノロジ設立物語(後編)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第4回

  5. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  6. 今週発売の新作ゲーム『Jurassic World Evolution』『グランクレスト戦記』『GOD WARS 日本神話大戦』『スーパーボンバーマンR』他

  7. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  8. 業界への就職を目指すあなたへ!「ゲーム・アーティスト・オーディション」ロングインタビュー!

  9. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  10. OPTPiXはこうして生まれた!ウェブテクノロジ設立物語(前編)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第1回

アクセスランキングをもっと見る