人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり

ゲームビジネス VR

【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり
  • 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり
  • 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり
  • 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり
  • 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり
  • 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり
  • 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり
  • 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり
  • 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり

バンダイナムコエンターテインメントは、VR施設「VR ZONE SHINJUKU」を、新宿区歌舞伎町にて7月14日にオープンします。

国内最大級のVR施設となる「VR ZONE SHINJUKU」には、『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』や『マリオカート アーケードグランプリVR』などの新たなVRアクティビティも用意されており、オープン前から高い注目を集めてきました。今回は、そんな新たなタイトルのひとつ『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』のプレイレポートをお届けします。

◆想像が現実になった!? 気を溜めるだけで楽しい『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』



漫画やアニメ、またゲームなど、様々な拡がりを見せる「ドラゴンボール」。その人気ぶりは改めて語るまでもありません。子供の頃に、代表的な技のひとつ「かめはめ波」の真似をした覚えがある人も少なくないのでは。

このVRアクティビティでは、自分が「かめはめ波」を放つというユニークな体験を味わうことが可能。子供の頃の夢が、VR上で叶うのです。ただ撃つだけでなく、「かめはめ波」を放つためには正しいポーズも欠かせません。作中ではモーションを省略して撃つ場面もありますが、あれは習熟した悟空たちならではの応用。プレイヤーは「かめはめ波」初心者なので、しっかりと「型」を再現しなければいけません。


そのためプレイ前に、係員の方から動きのレクチャーを受けました。腰を落として気を溜め、右足を引下げると共に両手を合わせて腰の脇に。そこで更に気を溜めた後に、両手を突き出し放つ。また「かめはめ波」以外にも、片手を交互に突き出して撃つ「気弾」も使えるとのこと。


動きを覚えたところで、いざ『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』を開始。身体の動きが重要なため、ゴーグルはもちろんのこと、手足にもデバイスを装着して準備を整えると、師匠が待つVR空間が目の前に。本作は最大4人同時プレイが可能で、悟空・ベジータ・ピッコロ・クリリンが「気弾」や「かめはめ波」の撃ち方を教えてくれます。ちなみに筆者は、悟空に教えていただきました。

「気弾」は、気を溜めている相手に使って妨害する技。出し方は「かめはめ波」と比べると簡単で、右、左と手を突き出すことで何発も撃つことができます。画面と効果音の相乗効果で、「気弾」を連続で撃つだけでもちょっと楽しい!


ですが、やはり醍醐味なのは「かめはめ波」。構え始めると足元などから振動が伝わり、腰に手を当てて気を溜めると振動はさらに増加。しかも風も巻き起こり、「ああ、今“気を溜めてる”!」とダイレクトに実感できます。アニメや漫画で見た時に想像した感触を見事に再現。そうそう、これだよ──と感慨深さを覚えつつ、両手を前に突き出し「かめはめ波」! 全身への衝撃と共に、まばゆい閃光が直線上にVR空間を貫きます。


『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』の最後には、同時に体験している参加者同士での対決も行われましたが、移動などはなく、互いを標的として「気弾」と「かめはめ波」を当てるというシンプルなもの。ゲーム性よりも「かめはめ波」を撃つ体験の再現と実感がメインのVRアクティビティという印象を受けました。そしてその再現度たるや、まさに子供の頃に想像した「かめはめ波」そのもの! 地面を抉る破壊力も相まって、あの力を放つ爽快感は格別な感触でした。


ちなみに参加者同士の対決の方は、筆者含めて誰も「かめはめ波」を当てられずという残念な結果に。膨大な力を制御するには、やはり特訓が必要なのでしょう。「かめはめ波」初心者としては、修練を重ねたいところです。また余談ですが、興奮して力が入り過ぎたため、短い体験ながらも心地よい疲労感が。そんな時は、手のひらでも見つめつつ「ちょっと「かめはめ波」を撃ちすぎたかな」などとつぶやいてみるのも一興かも。

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  4. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  6. 「ゲーム業界のエコシステムを変える」初のゲームも披露された和田洋一氏率いるシンラ・テクノロジーの開発者会議

  7. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  9. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  10. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

アクセスランキングをもっと見る