人生にゲームをプラスするメディア

海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

ゲーム配信サービス「Direct2Drive」などで知られるAtGamesは、セガのレガシーハード、メガドライブの海外版“ジェネシス”に様々な新機能を付加した「Sega Genesis Flashback」を海外で発表しています。

ゲームビジネス その他
海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】
  • 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】
  • 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】
  • 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

ゲーム配信サービス「Direct2Drive」などで知られるAtGamesは、セガのメガドライブ海外版“ジェネシス”に様々な新機能を付加した「Sega Genesis Flashback」を海外で発表しています。


この「Sega Genesis Flashback」は、実際のジェネシスのカートリッジがそのまま使えるだけでなく、2.4ghz帯の無線コントローラーを採用。ジェネシス用のコントローラーポートも残されているため、有線コントローラーを持っているのであればそのまま使用することができます。

また、本機種は720pHDMIの出力に対応している他、スキャンライン風の表示、ステートセーブ機能の利用が可能です。更には『ソニック』シリーズや、『ファンタシースター』シリーズ、『獣王記』などを始めとした、85本ものゲームが内蔵されており、もしカートリッジを所有していなくともそのままゲームを楽しめます。詳細なゲームリストはこちらから。(タイトルは英語版のもの)


なお、この「Sega Genesis Flashback」と同時に「Classic Game Console」「Ultimate Portable Game Player」も発表されています。「Classic Game Console」は「Sega Genesis Flashback」の小型廉価版で、コントローラーは有線のみ、ゲームの収録数は81本といった仕様です。「Ultimate Portable Game Player」は2.8インチの液晶ディスプレイを備えた携帯モデル。カートリッジには対応していないものの、85本のゲームが収録されています。また、“オプションのSDカードで、あなた自身の所有するゲームを同機へと追加することが可能”との記述がありますが、同機能についてはそれ以上の詳細は一切不明です。

「Sega Genesis Flashback」「Classic Game Console」「Ultimate Portable Game Player」の3機種は海外にて2017年7月に予約開始、2017年9月発売予定です。

※UPDATE(2017/06/10 13:21):本文中の記述を一部修正致しました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 元スクウェア社長・武市智行氏が明かす“ローカルの未来に必要なこと”とは─「東京にこだわらない働き方」を語るトークイベントを開催

    元スクウェア社長・武市智行氏が明かす“ローカルの未来に必要なこと”とは─「東京にこだわらない働き方」を語るトークイベントを開催

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 【DEVELOPER'S TALK】音ゲー、コーデ、キラキラ感。3DSタイトル『プリティーリズム マイ☆デコレインボーウエディング』にみるミドルウェアで実現した女児向けゲーム開発のこだわりとは?

    【DEVELOPER'S TALK】音ゲー、コーデ、キラキラ感。3DSタイトル『プリティーリズム マイ☆デコレインボーウエディング』にみるミドルウェアで実現した女児向けゲーム開発のこだわりとは?

  4. VR『ぶちカラ』TGS2018で爆誕─歌いながら、ポーズをキメて板をぶち抜け!

  5. 【GTMF2013】CRIWAREを活用したネイティブアプリ開発におけるサウンド-ファイルサイズ圧縮などの強力なサポート

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. メディア関係者とゲッターズ飯田氏が昨年を振り返り、今年を占う・・・黒川塾(17)

  9. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  10. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

アクセスランキングをもっと見る