人生にゲームをプラスするメディア

3DS『エヴァーオアシス』登場キャラの魅力や設定画などを石井浩一がお披露目─女性主人公も選択可能!

3DSソフト『Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼』は、砂漠の世界「ヴィストラーダ」を舞台に、オアシスの長である主人公が水の精霊イスナとともに、オアシスの発展を目指していく物語が描かれるアクションアドベンチャーRPGです。

任天堂 3DS
3DS『エヴァーオアシス』登場キャラの魅力や設定画などを石井浩一がお披露目─女性主人公も選択可能!
  • 3DS『エヴァーオアシス』登場キャラの魅力や設定画などを石井浩一がお披露目─女性主人公も選択可能!

3DSソフト『Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼』は、砂漠の世界「ヴィストラーダ」を舞台に、オアシスの長である主人公が水の精霊イスナとともに、オアシスの発展を目指す物語が描かれるアクションアドベンチャーRPGです。

4月13日に行われたNintendo Directにて、本作の正式タイトルや発売日を発表。リリースまで残り3ヶ月を切り、待ち遠しい方も多いことと思いますが、本作に関する魅力をプロデューサー兼ディレクターの石井浩一氏が明かす「開発者が語る『Ever Oasis』の世界 Vol.2」が、このたび公開されました。

今回は、タネビトである主人公と水の精霊イスナなどの“キャラクター”について迫っており、詳細や設定画などもお披露目。主人公は強い風を起こす「風魔法」を持っていますが、攻撃の相性が悪い敵もいるため、仲間との協力も重要です。また、公開されている映像などに登場している主人公は「タネビトの男の子」ですが、主人公の性別はゲーム開始時に選択可能とのこと。さらに、目や肌の色を選ぶこともできます。

水の精霊イスナは「物語を作る上で切っても切れない存在」で、もう一人の主人公と言える存在。プレイヤーに共感してもらえるキャラクターとなるよう、最大の注意を払ったとも明かしており、「イスナの台詞の調整は、開発の終盤まで続きました」と、その苦労を滲ませるコメントも。

このほかにも、謎の訪問者「ペンクロウ」や、4コマ漫画「ヴィストラーダの日常1:長のおしごと」なども公開。各キャラの詳細を知りたい方も含め、こちらからチェックしてみてください

■開発者が語る『Ever Oasis』の世界 Vol.2
URL:https://topics.nintendo.co.jp/c/article/cb7697d8-262d-11e7-8f53-063b7ac45a6d.html

『エヴァーオアシス』は2017年7月13日発売予定。価格は、パッケージ版・ダウンロード版ともに4,980円(税抜)です。

(C) 2017 Nintendo / Grezzo
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』風呂やプールに入る裏技が発見される!?いろいろな家具の中に入ってみた

    『あつまれ どうぶつの森』風呂やプールに入る裏技が発見される!?いろいろな家具の中に入ってみた

  2. 『モンハンライズ』デフォルメぬいぐるみに「イブシマキヒコ」「ナルハタタヒメ」「ヤツカダキ」が仲間入り!9月22日お届け予定

    『モンハンライズ』デフォルメぬいぐるみに「イブシマキヒコ」「ナルハタタヒメ」「ヤツカダキ」が仲間入り!9月22日お届け予定

  3. 『モンハンライズ』ソロハンターに送る「ヌシ・リオレウス」討伐のコツ!“空の王者”を攻略して、ツワモノの名を響かせよ

    『モンハンライズ』ソロハンターに送る「ヌシ・リオレウス」討伐のコツ!“空の王者”を攻略して、ツワモノの名を響かせよ

  4. “ナルガライト”は決して万能ではない!『モンハンライズ』で貫通ライトボウガンを使いこなすための正しい知識と注意点

  5. 『モンハンライズ』「交易船」を活用すれば、狩りはもっと快適に!優先して増やしておきたいお役立ちアイテムまとめ

  6. 『モンハンライズ』今更聞けない古龍とヌシモンスターの注意点―「瑠璃原珠」を効率的に集めたければ“ヌシ周回”がおすすめ

  7. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  8. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  9. 『モンハンライズ』の声優陣が演じたキャラの印象や収録の裏話を披露!姉妹の合わせセリフは「姉さまが大変だったと思います(笑)」

  10. 『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

アクセスランキングをもっと見る