人生にゲームをプラスするメディア

2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン

ゲームビジネス 市場

2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン
  • 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン
  • 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン
  • 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン
  • 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン
  • 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン
アプリ市場データを提供するApp Annieは、2016年通年でのアプリの収益額におけるトップ52社を含む、Top Publisher Awards(トップパブリッシャーアワード)の受賞企業を発表しました。

トップパブリッシャーアワードとは、年間を通してアプリ市場の成長に大きく貢献をしたアプリ提供企業に対してApp Annieから贈られる賞。「App Annie Intelligence」で提供される収益、ダウンロード、月間アクティブユーザー数といった指標に基づいて受賞企業は決定されています。

2016年、世界収益部門では、収益上位52社のうち17社が日本のパブリッシャーで、国としては最多とのこと。国内の企業は、トップ10内にmixi、LINE、バンダイナムコがランクインしました。また、『ポケモンGO』で一世を風靡したナイアンティック(アメリカ)は10位となっています。

    ■ランクインした国内パブリッシャー(トップ52内)
  • mixi(6位)
  • LINE(7位)
  • バンダイナムコ(8位)
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント(11位)
  • スクウェア・エニックス(12位)
  • ソニー(14位)
  • コロプラ(16位)
  • サイバーエージェント(19位)
  • DeNA(20位)
  • コナミ(22位)
  • セガサミー(26位)
  • NEXON(30位)
  • GREE(39位)
  • gumi Inc.(42位)
  • マーベラス(43位)
  • KLab(45位)
  • Ateam(51位)

そのほか、国外ゲーム企業だと、5位にActivision Blizzard、13位にEAが入っています。トップ52の全リストや、2016年の日本収益ランキング(ゲーム以外)トップ10などはこちらより確認ください。
Game*Spark

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  2. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  3. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  4. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  5. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  10. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

アクセスランキングをもっと見る