人生にゲームをプラスするメディア

【クイズ】GAMEMANIA!:スーファミ特集

その他 オリジナル

【クイズ】GAMEMANIA!:スーファミ特集
  • 【クイズ】GAMEMANIA!:スーファミ特集
過去の問題はこちら(隔週月曜日7:30更新)




こんにちはボケとツッコミの概念を初めて知ったのはラサール石井のチャイルズクエストでした大桶です。業界の全てが学べる、それがチャイルズクエストだ。

早いものでGAMEMANIA!も今回で第9回を迎えることとなりました。ナンバリングだけで言えばそろそろドラクエに追いつきそうです。目標はファイナルファンタジー! 15回!あと1ヶ月半!意外と早いですね。

そんなこんなで毎回見て頂いている方に感謝しかないGAMEMANIA!ですが、今回はスーパーファミコン特集にしてみました。

やっぱりレトロゲーマーにとってスーパーファミコンは避けては通れない道でございます。自分はファミコンとともに育った世代なので、スーパーファミコンの登場にはマジで度肝を抜かれました。ファミコンを遥かに上回るドットグラフィックと音楽。初めてグラディウスIIIをプレイした時は手の震えが止まらなかったものです。

そしてさらに驚いたのはゲーセンのゲームが結構な完成度で移植されたこと。当時のゲーセンのゲームはゲーセンに行かなきゃ出来ない、というのが当たり前のクオリティでした。だからゲームセンターでいかつい兄ちゃん達に絡まれながらも必死でストリートファイターIIなんかをプレイしていたのに、それが家で安全に出来るとなったらそりゃもうあんた物凄い衝撃でしたよ。

源平討魔伝がファミコンで発売されたと聞いてわくわくしながらプレイしたら全然違うゲームだった時ぐらいの衝撃でした。ゾーマにベホマでダメージが与えられたときぐらい衝撃的でした。ラグランジュポイントで突然タムが殺された時ぐらい衝撃でした。ゲームたとえはここまでにして。

当時のゲーマー達に衝撃を与え、また多くのゲーマーに長い間現役ハードとして愛されているスーパーファミコンから10題、皆さんも懐かしみながら挑戦してみてください。

■大桶純一
お笑いユニット『パップコーン』のメンバーとしてテレビ、ライブ、イベントを中心に活動。現在は芸人活動の傍ら構成作家としても活動中。ゲームはやりこみコンプリート型。毎月第一、第三水曜日に『アミポーク』というゲームトーク番組をニコ生とSHOWROOMで配信中。また、ゲームを漫才、コントに落とし込んだライブ版も定期的に開催中。いつでもどこでもドラムマニア用のマイスティックを持ち歩くダメ人間。初めて買ったゲームはファミコンの迷宮組曲。

好きなゲームは女神転生、天外魔境、ドラゴンクエスト、パンツァードラグーン、ファイナルファンタジー、モンスターハンター、妖怪ウォッチ、ヴァルキリープロファイル、ブレイブリーデフォルト、頑張れゴエモン、悪魔城ドラキュラ、ドラムマニア、ルナ、グランディア、リズム天国、塊魂などの各シリーズ、ラグランジュポイント、プリニー、二ノ国なども大好き。
《大桶純一》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『FGO』不具合修正アップデートに注目が―『ポケモン サン・ムーン』『スプラトゥーン2』など定番タイトルの動向も見逃すな

    【週刊インサイド】『FGO』不具合修正アップデートに注目が―『ポケモン サン・ムーン』『スプラトゥーン2』など定番タイトルの動向も見逃すな

  2. MRデバイス「HoloLens」で現実に飛び出した2Dマリオがすごい…!

    MRデバイス「HoloLens」で現実に飛び出した2Dマリオがすごい…!

  3. 固すぎると有名な「あずきバー」をかき氷にできるマシンが登場!開発には相当の苦労が…

    固すぎると有名な「あずきバー」をかき氷にできるマシンが登場!開発には相当の苦労が…

  4. 「初音ミク」などの痛車120台が集結! 奥伊吹にて5月28日に実施─昨年は『スプラトゥーン』の痛車も

  5. 8bitドットのロックマンTシャツが「しまむら」に登場!チャージショットを放つロックマンをデザイン

  6. モザイクだらけの『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』ティザーサイト公開、10万クリックを突破すると…!?

  7. 大盛況だった「A 5th Of BitSummit」フォトレポ―出展者も来場者も熱量がすごい!

  8. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】積みゲーをなくす「さしすせそ」

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

アクセスランキングをもっと見る