人生にゲームをプラスするメディア

『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け

任天堂 Nintendo Switch

『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け
  • 『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け
  • 『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け
  • 『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け
  • 『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け
  • 『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け
  • 『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け
  • 『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け
  • 『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け

前作は新規タイトルとして登場しながら、発表直後から注目を集め続けていた『スプラトゥーン』。その盛り上がりは現在でも続いており、Nintendo Switch向けタイトルとして登場する新作『スプラトゥーン2』にもかなりの期待が寄せられています。

この記事では、発売前に発表された『スプラトゥーン2』の情報をまとめてご紹介します。新たなブキや髪型、そして先行して本作を体験できる試射会などの情報をお見逃しなく。

◆発売日



・2017年7月21日に決定。
・新たなamiibo「ガール」「ボーイ」「イカ」も同日発売。

◆価格


・希望小売価格は5,980円(税別)。
・Nintendo Switchではオンラインプレイが月額有料(Nintendo Switch向けオンラインサービスに加入するという形式)に。
・ただし、オンラインプレイは2018年まで無料。

◆対応ハード


・Nintendo Switch
・プレイ人数は1人。
・本体を持ち寄ったりインターネット経由で8人までプレイ可能。

◆ゲーム内容


・ゲームの舞台はハイカラスクエアに。
・前作の「ナワバリバトル」はそのままに新ブキ・髪型・ファッションなどが追加。
・ギア(服や帽子)以外のボトムスも選択可能。
・TVモード、テーブルモード、携帯モードに対応。
・引き続きジャイロ操作にも対応。上記すべてでジャイロ操作が可能。
・本作ではスペシャルウェポンが一新。
・サブウェポンも新しいものが登場、既存のブキはこれが変更されることも。
・ジャンプボタンがXボタンからBボタンに変更。
・ナワバリマップはXボタンから呼び出す仕様に変更。
・「ジャッジくん」に似た小さなネコ「コジャッジくん」が登場。
・画面上部のイカアイコンがより見やすく。
・スマホ向け「オンラインロビー&ボイスチャット」アプリに対応。SNSを介してフレンドと待ち合わせをしたり、ボイスチャットをすることができる。
・プライベートマッチは観戦モードに対応。9人・10人目がカメラマンとしてマッチングする。
・TVモードのNintendo Switchを有線LANで接続することでもプライベートマッチがプレイ可能。
・ガチマッチのルール「ガチエリア」「ガチヤグラ」「ガチホコ」は続投。

◆現時点で確認された新要素


■新モード「サーモンラン」


・「サーモンラン」は4人で協力して「シャケ」と戦うモード。
・バイト作業用の特別なギア・ブキが支給される。
・大きな敵キャラクター「オオモノシャケ」なども登場。
・やられると「救命ウキワ」の状態に。味方がインクをかけると復活。
・「金イクラ」を回収することが大きな目的となる。
・このモードでは“ある報酬”がもらえる。

■amiibo


・amiiboを使うと、そのキャラがゲーム内に現れて「サポーター」になってくれる。
・サポーターは、ブキ・ギア・オプション設定を記憶してくれる。
・サポーターのamiiboとゲーム内で記念撮影をすることが可能。


・サポーターからは特別なギアがプレゼントされることも。

■ブキ

●マニューバー

・『スプラトゥーン2』から登場する新たなブキ種。
・インクを噴射して高速移動する「スライド」を2回まで使用可能。
・現在は「スプラマニューバ」が登場すると確認されている。

●ローラー

・ジャンプ中は射程が伸びる「タテ振り」ができるように。
・地面を塗りながら移動を続けていると、スピードが少しだけ速くなる。

●チャージャー

・フルチャージした状態でイカになると2秒ほど「チャージキープ」が可能に。
・ただしスコープがついているブキはチャージキープが不可能。

●その他のブキ種
・シューター、スピナー、スロッシャーは性能に変化なし。
・ブキのデザインに関しては一部が変化。

■スペシャルウエポン

●マルチミサイル

・ロックオンした相手に自動追尾ミサイルを発射するスペシャルウェポン。
・1人につき4発、最大16発まで発射可能。

●ハイパープレッサー

・インクを高圧で発射して攻撃する遠距離型のスペシャルウェポン。
・壁を貫通するが、動きは遅め。

●ジェットパック

・空を飛びながらランチャーで爆撃するスペシャルウェポン。
・直撃させれば相手を一撃で倒すことができる。爆風によるダメージも。
・制限時間を終えると元の位置に戻される。

●スーパーチャクチ

・使用した場所の周囲にインクの爆発を起こすスペシャルウェポン。
・スーパージャンプ中にも使用可能。

●アメフラシ

・着弾した場所の上空にインクの雨雲を作り出すスペシャルウェポン。
・出現した雨雲は移動しながら地面をまばらに塗っていく。

●ボムを連射するスペシャルウェポン(名称不明)

・紹介映像に登場。
・「ウルトラマシン」のようなものからボムを連射する。

■サブウェポン

●カーリングボム

・投げると地面を滑りつつ壁を反射する新サブウェポン。
・投げてから一定時間が経過すると爆発。
・投げる前の溜めで爆破位置を調整可能。

●ポイズンミスト
・着弾したところに毒の霧を発生させる新サブウェポン。
・霧の中に入ると移動速度が落ちるうえ、インクが徐々に失われる。
・長時間霧の中にいるとよりインクが失われる。

●ロボットボム
・投げると周囲にいる相手を探知し、近づいて爆発するボム。


■新たなギア・髪型

・ショートカット(ガール)や剃りこみが入った短髪(ボーイ)など、現段階では6種類が確認済み。

・前作に登場していたギアの色違いが登場。

・「エンペリー」という新ブランドが登場。

・「アナアキ」という新ブランドが登場。

・「タタキケンサキ」という新ブランドが登場。
・ギアパワーには前作から追加、変更されているものも。新たなギアパワーらしき存在も垣間見える。

・スパイキーにギアのクリーニングをしてもらうと「ギアパワーのかけら」を入手可能。これを集めると好きなギアパワーを指定したギアに付けることができる。

・「スペシャル性能アップ」「相手インク影響軽減」など新ギアパワーが登場。


■ステージ

●バッテラストリート

・Nintendo Switch体験会のバージョンでプレイできたステージ。

●フジツボスポーツクラブ

・さまざまな施設が用意されたトレーニングジム。


●ガンガゼ野外音楽堂

・音楽ライブ用の野外施設。
・前作のバトル中に流れる楽曲を手掛けた「Squid Squad」もライブを行ったらしい。


●コンブトラック
・BMXの練習用トラック。
・曲線的なステージで入り組んでいるのが特徴。


●名称不明のステージ

・前作に登場した「タチウオパーキング」に似たステージ。
・「インクレール」のような仕掛けが増えている。

●海女美術大学
・アーティストたちが通う学校。
・さまざまなオブジェクトが配置されている点が特徴。


■前作からの登場キャラクター

・ジャッジくん
・ロブ
・ホタル
・アオリ(姿は見えないが出演すると明言されている)
・クラゲ
・オクタリアン

■バトルBGM


・ロックバンド「Wet Floor」による新バトルBGM「Rip Entry」が発表済み。


・同じく「Wet Floor」による新BGM「Endolphin Surge」も発表。


■シオカラーズの物語

前作『スプラトゥーン』のあと、アイドルユニット「シオカラーズ」がどうなったかという物語が公式Twitterアカウントで連載されていました。ヒーローモードに続く物語となっています。
第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
最終話

◆先行試射会(体験版)



・2017年3月25日・26日の2日間に開催済み。
『スプラトゥーン2 先行試射会』プレイレポートも公開中。

◆トレイラー/ゲームプレイ映像


■Splatoon2 Nintendo Switch プレゼンテーション 2017 出展映像


■Splatoon2 イカ研究所ナワバリバトル対戦映像


■Splatoon2 プライベートマッチ観戦機能 紹介映像


■スプラトゥーン2 新要素「サーモンラン」発見報告映像


■amiibo × スプラトゥーン2 紹介映像


■スプラトゥーン2 ヒーローモード トレーラー


■【E3 2017】サーモンラン解説動画


■【E3 2017】ヒーローモード解説動画


■【E3 2017】バトルのデモンストレーション


◆関連リンク


『スプラトゥーン2』公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/software/switch/splatoon2/

『スプラトゥーン』公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/

『スプラトゥーン』公式Twitterアカウント
https://twitter.com/splatoonjp

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

※本記事は正式発表や新しい情報が見つかり次第、随時アップデートしていく予定です。
※一部修正しています。ご指摘ありがとうございます。

(C) 2017 Nintendo
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0ではステージに大きな変化があった!詳細&バトルで重要なポイントをチェック

    『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0ではステージに大きな変化があった!詳細&バトルで重要なポイントをチェック

  2. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

    『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  5. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  6. 『ゼノブレイド2』アプデ内容と共に、一周目では未加入のブレイドが仲間になるなど、「二周目要素」の詳細が公開!

  7. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  8. ピカチュウも歴代ボスと“わるだくみ”!?「レインボーロケット団の野望」キャンペーンが1月20日より開催

  9. 【特集】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』効率よく仕事する8つのテクニック ─ どうぶつから金をもらう秘訣は“イス”!

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る