人生にゲームをプラスするメディア

『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ

『エースコンバット』シリーズの最新タイトルであり、今後の大型タイトルのひとつとして期待されている『エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン』。公式サイトや過去に報じられた記事などを参考に、現時点でわかっているディテールをまとめてお送りします。

ソニー PS4
『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ
  • 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ
  • 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ
  • 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ
  • 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ
  • 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ
  • 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ
  • 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ
  • 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ
『エースコンバット』シリーズの最新タイトルであり、今後の大型タイトルのひとつとして期待されている『エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン(ACE COMBAT 7 SKIES UNKNOWN)』。2015年12月のPlayStation Experience 2015で発表された本作について、公式サイトや過去に報じられた記事などを参考に、現時点でわかっているディテールをまとめてお送りします。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


■発売日



・2017年発売予定。


■価格



・価格未定。販売形式も未定。
・レーティングは審査予定。
・日本/北米/欧州/アジアで発売予定。

■対応機種



・PlayStation 4/Xbox One/PC(Steam)
・PlayStation VR専用コンテンツも搭載予定。
・プレイ人数はいずれも未定。


■ゲーム内容



・ゲームの舞台は、オーシア連邦やエルジアが存在するナンバリングタイトルと同じ架空世界
・軌道エレベーターが重要な存在
・エルジアは共和制から王政へと変化しているため、本作の時代は大陸戦争(『エースコンバット04』におけるエルジア共和国とISAFの戦争)後に設定されている可能性がある
・Su-30SMの垂直尾翼に書かれたエンブレムはEASA(エルジア航空宇宙局、Erusian Air and Space Administration)
・Su-30SMの後部座席にある謎のカメラ付き球体
・オーシア空軍機の垂直尾翼の部隊マークが塗りつぶされている
・航空機搭載光学系兵器が登場
・無人機を多数抱える"アーセナルバード”も登場
・EASAは、『エースコンバット3』に登場する巨大先進企業「ニューコム」の前身となる存在と名前が同一なので関連性があるかもしれない
・コックピット視点の視野角が再び広大に、パイロットの足も見れる
・PSX 2016トレイラーで流れる曲は、『エースコンバット5』メインテーマのアレンジ
・隕石迎撃砲である半壊した"ストーンヘンジ”(120cm対地対空両用磁気火薬複合加速方式半自動固定砲)や隕石クレーターなど、小惑星1994XF04こと”ユリシーズ“の災害に関するランドマークが多数登場
・AWACS(早期警戒管制機)“スカイキーパー”が登場
・PS VRのゲームプレイでは視点の6DOF動作(上下左右奥行き)に対応


■現時点で確認された登場機体



・F-104
・A-10
・F-15C
・F-16C
・F-22
・F/A-18E
・Su-30SM
・ミラージュ2000
・ラファール


■開発体制



・プロデューサーは河野一聡氏。『エースコンバット 04』や『エースコンバット インフィニティ』などのプロデューサーなどを務めたシリーズの中心的人物。
・脚本を担当するのは、アニメ映画『この世界の片隅に』やTVアニメ『ブラックラグーン』の片渕須直監督。『エースコンバット04』でのサイドストーリーや『エースコンバット5』の脚本を担当している。
・音楽は小林啓樹氏が担当。『エースコンバット5』や『エースコンバット6』の音楽を過去に手掛けている。
・ゲームエンジンはUnreal Engine 4を採用

■国内発表時のアナウンス内容


■シューティングゲームNo.1シリーズ8年ぶりの最新作は空を革新!

『エースコンバット』シリーズは、プレーヤーがエースパイロットになって、リアルな空を追求したグラフィック空間を360度自由に飛び回る爽快感と、プレーヤー自身の判断で次々に敵を定めて撃破する快感、難局をくぐり抜ける達成感を楽しめるフライトシューティングゲームです。1995年の発売以来、シリーズ累計出荷本数は約1,400万本を突破しています。シリーズ20周年を迎えた今年、ナンバリングタイトルである「エースコンバット6 解放への戦火」の発売から8年ぶりの最新作発表です。

本作では、革新的な空の飛行体験を楽しんでいただけます。PS4で実現される写実的な空、新技術による雲の表現、美麗なグラフィック空間で、スピードを感じながら自由に思い描いた通りに気持ちよく飛べる飛行感覚を追求しました。また、超兵器を駆使した敵機との駆け引き、大型敵などの難局を突破する攻略性の高さ、達成感を追求。エースパイロットの体験物語として開発を進めています。

■PlayStation VR専用コンテンツも搭載!

本作では、今後株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントより発売予定のPlayStation VR専用コンテンツの搭載も予定しています。本シリーズをバーチャル・リアリティ空間で体験したいという声を、これまでも多くのお客様からいただいており、空と陸の景色を360度見渡し、本当に飛行機のコックピットにいるような感覚に浸ることができる飛行体験の実現に向けて開発を進めてまいります。

■トレイラー/ゲームプレイ映像




YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=3l84Xs2Bq84

・PSX16トレイラー

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=K9yIDRvPzPw

・PSX16ロングトレイラー

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=ycfkZKWQ-b0

・PS VRによる実機プレイ。20分40秒から河野氏がプレイ

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=4GxVxDEMUaU


■スクリーンショット
























■関連リンク


エースコンバット 7』公式サイト
http://ace-7.bn-ent.net/

『エースコンバット』シリーズ公式サイト
http://www.acecombat.jp/

『ACE COMBAT』 series official Twitter
https://twitter.com/PROJECT_ACES

※本記事は正式発表や新しい情報が見つかり次第、随時アップデートしていく予定です。
Game*Spark

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

    『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  4. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  5. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  9. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  10. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

アクセスランキングをもっと見る