人生にゲームをプラスするメディア

Nintendo Switchは2020年末までに4,000万台販売と予測―海外調査会社

海外リサーチ企業DFC Intelligenceのアナリストによる、任天堂の新ハード「Nintendo Switch」の販売数予測は、2020年末までに4,000万台であることが、複数の海外メディアを通して報告されています。

任天堂 Nintendo Switch
海外リサーチ企業DFC Intelligenceのアナリストによる、任天堂の新ハード「Nintendo Switch」の販売数予測は、2020年末までに4,000万台であることが、複数の海外メディアを通して報告されています。

DFC Intelligenceによれば、3月に出荷予定と考えられている200万台の「Nintendo Switch」とローンチタイトル群は同コンソールの立ち上がりに大きな影響を与える可能性があるとのことで、「需要が順調に推移し、2017年ホリデーセールのシーズンに向けて幅広いユーザー層を引きつけることができるかどうかが、大きな懸念点になるだろう」とのコメントを述べています。

DFC代表David Cole氏は「Nintendo Switch」について、「より大規模な市場にリーチする可能性がある魅力的なハードウェア」であると伝えながらも、「限定されたソフトウェア」と「任天堂の新製品導入実績の乏しさ」を踏まえた上で、その予測が控えめなものになっていることを示しました。
Game*Spark

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 23年前に発売されたゲームボーイ『ポケットカメラ』を発掘!起動するととんでもないメモリーが残っていた…

    23年前に発売されたゲームボーイ『ポケットカメラ』を発掘!起動するととんでもないメモリーが残っていた…

  2. 『マインクラフト』に出現するSCPみたいなヒトの話―知らぬ間にサーバーに参加し、時間をかけて「エルフの森」を作り…最後は焼き尽くし狂気を蔓延させる

    『マインクラフト』に出現するSCPみたいなヒトの話―知らぬ間にサーバーに参加し、時間をかけて「エルフの森」を作り…最後は焼き尽くし狂気を蔓延させる

  3. 『あつまれ どうぶつの森』「どかん」ワープが待ち遠しい“マリオ家具”の注文は現実時間3月1日から!無料アップデートVer.1.8.0配信開始

    『あつまれ どうぶつの森』「どかん」ワープが待ち遠しい“マリオ家具”の注文は現実時間3月1日から!無料アップデートVer.1.8.0配信開始

  4. 新たな光の戦士が『スマブラSP』にやってくる!『ブレイブリーデフォルトII』コラボスピリッツイベント2月26日開催

  5. 『モンハンライズ』スイッチ用アクセサリーが発売決定!和風デザイン「マガイマガド」グリップコントローラーなど

  6. なんというメカメカしさ!『モンハンライズ』新モンスター“泥翁竜オロミドロ”装備のスポット動画が公開

  7. 『あつまれ どうぶつの森』「はるのわかたけ」が島内で復活ー昨年の発売日組からは「もう1年近く遊んでいるんだなぁ」という声も

  8. 『スマブラSP』3月4日23時00分より「ホムラ/ヒカリのつかいかた」放送決定!桜井氏が新ファイターを解説―配信日も発表予定

  9. GB/GBC/GBA&アダプターでゲームギア/ネオジオポケットに対応!レトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」の追加製造と転売対策が発表

  10. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

アクセスランキングをもっと見る